淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-2907200923153400
中文論文名稱 日本教育特區下的課程彈力化 -以義務教育階段的英文教育為中心-
英文論文名稱 Special Zones for flexible curriculum in Japan -on Elementary and Junior High English Education-
第三語言論文名稱 日本教育特区における教育課程の弾力化-義務教育段階の英語教育を中心に-
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本研究所碩士在職專班
系所名稱(英) Graduate Institute of Japanese Studies
學年度 97
學期 2
出版年 98
研究生中文姓名 趙佳玲
研究生英文姓名 Chia-Ling Chao
學號 795300051
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2009-06-19
論文頁數 128頁
口試委員 指導教授-闕百華
委員-楊武勳
委員-王美玲
中文關鍵字 構造改革特區  教育特區  教育課程彈力化  英文教育特區  教育之規制緩和  教育政策鬆綁 
英文關鍵字 Special Zones for Structural Reforming  Special Zones for Education  Flexible Curriculum  Special Zones for English Education  Moderation of Japanese Education Systems 
第三語言關鍵字 構造改革特區  教育特區  教育課程の彈力化  英語教育特區  教育における規制緩和 
學科別分類 學科別社會科學區域研究
中文摘要 在全球化的風潮之下,提升國家競爭力已成為各國最主要且最迫切的課題。其中,攸關國家興盛最鉅的「教育」受到前所未有的重視與討論。在此背景下,向來本著機會平等理念及在嚴格法規規定下實施的日本義務教育也在教育制度及教育內容上進行諸多的變革。其中,又以小泉內閣時代的「教育特區」達到改革的巔峰。
本論文以日本教育特區下的課程彈力化為主軸,探討教育特區的可能性及問題點,同時經由「英文教育特區」實踐例的介紹,探究利弊得失及未來展望。本篇論文共分六章,除序論及結論外,本論部份為第二章到第五章。第二章探討日本教育上的規制緩和及構造改革特區的目的,第三章主要分析教育特區在各地方活用課程的彈力化並舉出實踐例加以分析,第四章探討教育特區及教育、實施狀況,第五章探討英語教育的類別狀況並列舉個案加以研究。
結論分為兩部份,首先針對教育特區的可能性及問題點提出以下看法:(一)教育特區的可能性:①教育的多樣化可以帶動地方發展同時可以符合不同的教育需求、②教育可以成為解決社會問題的工具、③可以解決各地不同的教育問題、④與地方的合作可以活化社區、推展地方特色並增加教育的成效、⑤學校之間的良性競爭可以提升教育品質。(二)教育特區的問題點:①地方改革意願低落、②只追求效率的教育有其危險性、③早期競爭及教育落差的嚴重化④和小學相較,國中階段的教育改革較不受到重視。其次,從英文教育特區的實踐例中,對於今後日本的英文教育提出以下改進建議:①小學英文教育應該訂定更具體的目標、②ALT的增聘及專任英文教師的培訓是當務之急、③應該開發小中一贯的英語教材,藉此縮小各地英文教育狀況之落差。
英文摘要 Globalization has recently made the issue of “ how to enhance a country’s competitiveness ”into a critical topic the world over. Education, as always the most important and influential task in a society, has therefore received unprecedented attention. Japan, which is well-known for its passionate equal opportunity and strict laws in education, is now undergoing dramatic changes .One very typical reform that has been carried out under Prime Minister Koizumi’s is the so-called “special zone for education”.
This thesis focuses mainly on the “ flexible curriculum under special zones for education”. It not only touches the possibilities of the special zones, but also reveals the zones’ weaknesses, strengths and future prospects by introducing “special zone for English education”.
There are 6 chapters in the thesis, including prelusion(chapter 1) and conclusion(chapter 6). Chapter 2 is about moderation of Japanese education systems and explains the purpose of “special zone for structural reforming”. Chapter 3 analyzes the flexible curriculum in special zones and introduces several examples for better analysis and understanding. Chapter 4 discusses special zones for education and provides examples to illustrate the current situation. Chapter 5 explores on categories/types of English education.
The conclusion is presented in two parts. In the first, the following possibilities and consequent problems with special zones for education are laid out::
(一)Possibilities of special zones for education:
1.Diversity in education may contribute to regional development and is capable of meeting different educational needs.
2.Education can be a useful tool for solving social problems,
3. Unique problems in the different regions can be solved.
4. Positive effects may be expected through cooperation with local government.
5. Proper competition between schools may promote quality in education.
(二)Problems of special zone for education:
1.Local government’s unwillingness to reform.
2. Education that only aims at efficiency is quite risky.
3. Early competition and educational gap will be wider and more serious.
4. Educational reform in junior high is not highly-valued.
In the second part examples of special zones for English education are presented and the following suggestions for improvement are made:
1.More specific goals should be made for English education in elementary school.
2.An increase in hiring ALT and training for English teachers are urgent.
3.In order to narrow regional gaps in English education, carefully graded, sequenced teaching materials (from elementary through to junior high) must be developed.
第三語言摘要 グローバリゼーションという世界統合に参加し、国としての競争力をより一層つけるのは緊急の課題となっている。とりわけ、国の盛衰と大きく関わっている教育が注目されつつ、世界各国が国家戦略として、教育改革に取り組んでいる。こんな背景に立ち、従来厳しく規制されていた日本の義務教育も教育システムや教育内容などにおいて、さまざまな改革が行われてきた。そのうち、小泉内閣時代からスタートした「教育特区」の試行は規制緩和のピークに達したとは言える。
本論文は日本教育特区における教育課程の弾力化にスポットを当てて、教育特区による教育改革の可能性と問題点を探究したものである。そして、教育特区のうち、一番の人気メニューである「英語教育特区」の実践例を考察し、そこから見た義務教育段階における英語教育の可能性とこれからの英語教育への示唆について論述する。本論文は全篇計六章に分けられ、序論と結論を除き、以下の構成となっている。第二章では教育における規制緩和の経緯と構造改革特区の本質を探究する。第三章は教育特区の活用状況に対する分析である。第四章にて教育課程弾力の実践例を通して、教育特区による教育改革の可能性を捉えていく。それに引き続き、第五章では英語教育特区をグループ別に考察するとともに、実践例の紹介を通して英語教育特区から見た特徴と問題点を示していく。
結論が二つにもとめられる。まずは教育特区の可能性として、①教育の多様化は地域の活性化に繋げ、多様なニーズに応えられること、②社会課程のツールになること、③地域の教育課題に応えること、④地域との連携による教育効果と⑤地域間の競争は教育改善のきっかけになることの五つに集約できる。そして、その問題点として、①地方改革意欲の低迷、②「効率化追求」の教育の危険性、③早期競争と教育格差の深刻化と④中学校に関する提案の少なさの4つが挙げられる。また、英語教育特区の試行から、これからの英語教育について、①小学校英語の目標を明確化すること、②ALTや英語専門教員の環境確保は不可欠、と③小中連携のための教材開発は必要の三点を提言した。
論文目次 第一章 序章………………………………………………………………………………………1
第一節 研究動機と目的……………………………………………………………………… 1
第二節 先行研究の検討……………………………………………………………………… 4
第三節 研究方法と本論文の構成…………………………………………………………… 6
第二章 日本教育における規制緩和と構造改革特区…………………………………………9
第一節 教育における規制緩和の経緯と背景……………………………………………… 9
第二節 構造改革特区の背景と目的…………………………………………………………15第三節 特区の実行プロセスとその特徴………………………………………………… 19
第四節 小括……………………………………………………………………………………26
第三章 「特区の活用状況」に対する分析………………………………………………… 28
第一節 特区の活用状況…………………………………………………………………… 28
第二節 各地域における教育特区の活用状況…………………………………………… 32
第三節 小括………………………………………………………………………………… 35
第四章 教育特区による教育課程の弾力化………………………………………………… 37
第一節 教育特区とは何か………………………………………………………………… 37
第二節 教育関連の特例措置……………………………………………………………… 40
一、 学校設置の多様化…………………………………………………………………… 39
二、 教員採用・配置の柔軟化…………………………………………………………… 43
三、 不登校・中退者への対応…………………………………………………………… 45
四、 教育課程の弾力化…………………………………………………………………… 48
第三節 教育課程弾力化の実践例………………………………………………………… 52
一、 情報教育推進特区―生駒市立鹿ノ台小学校の実践……………………………… 53
二、 ソロバン教育特区―杭瀬小学校の実践…………………………………………… 55
三、 農業教育区-喜多方市小学校の実践……………………………………………… 56
四、 小中一貫教育特区―湖南学園の実践……………………………………………… 58
五、 小学校で実践的な中国語を導入―潮江南小学校と潮江小学校の実践………… 61
 第四節 小括………………………………………………………………………………… 63
第五章 英語教育特区のタイプとその実践例……………………………………………… 65
第一節 英語教育特区とは何か…………………………………………………………… 65
一、 イマージョン教育特区……………………………………………………………… 67
二、 国際理解教育推進特区……………………………………………………………… 69
三、 小中一貫・英語教育特区…………………………………………………………… 72
四、 早期英語の導入特区………………………………………………………………… 76
五、 小括…………………………………………………………………………………… 78
第二節 各タイプの実践例………………………………………………………………… 79
一、 イマージョン教育特区-
-「群馬県大田外国語教育特区」における群馬国際アカデミー…………………79
二、 国際理解教育特区
―東京都荒川区 国際都市「あらかわ」の形成特区……………………………… 85
三、 小中一貫教育特区-「宮城県登米市 豊里小中一貫教育特区」…………………90
四、 早期英語の導入特区
  (一)「世界都市金沢」小中一貫英語教育特区………………………………………96
(二)沖縄県宜野湾市「英語教育特区」………………………………………………101
第三節 英語教育特区の可能性と課題……………………………………………………107
第六章 結論………………………………………………………………………………… 110
第一節 教育特区による教育改革の可能性と課題……………………………………… 110
第二節 日本小学校英語教育への提言…………………………………………………… 118
附表(一)…………………………………………………………………………………………122
参考文献………………………………………………………………………………………… 126


図目次

図2-3-1 構造改革特区の実行プロセス…………………………………………………… 20
図2-3-2 特区の評価に関する基本理念及び評価のプロセス…………………………… 24
図3-1-1 各分野の認定件数………………………………………………………………… 29
図3-1-2 認定数の推移(第17回まで)……………………………………………………30
図3-2-1 教育に関わる特例措置の提案について………………………………………… 32
図3-2-2 都道府県別の英語教育特区認定状況…………………………………………… 34
図4-2-1 教育特区における特定事業の四つグループ…………………………………… 39
図4-3-1 四つの事業グループごとの占有率……………………………………………… 52
図5-1-1 英語教育特区のグループ別の特区数…………………………………………… 67
図5-2-1 第三日暮里小学校単元計画・レッスンプラン………………………………… 89
図5-2-2 豊里小中一貫教育特区における四技能の割合………………………………… 94
図5-2-3 宜野湾市立普天間小学校「身体で感じる英語活動」…………………………104
図5-2-4 「普天間小学校においての英語教育の成果」…………………………………105


表目次

表2-2-1 構造改革特区の成立経緯………………………………………………………… 16表3-1-1 第17回認定まどの分野別の認定状況……………………………………………28
表3-2-1 都道府県別の教育特区認定数ランキング……………………………………… 33
表4-1-1 教育関連の特例措置一覧………………………………………………………… 38
表4-2-1 特例措置816、817、820の措置概要…………………………………………… 40
表4-2-2 小中高段階における学校設置会社立学校一覧表……………………………… 42
表4-2-3 特例措置810の概要……………………………………………………………… 44
表 4-2-4 不登校児を対象として成立した学校一覧表…………………………………… 47
表 4-2-5 教育分野の特例措置の活用件数と構成比……………………………………… 49
表4-3-1 杭瀬小学校ソロバン科の内訳…………………………………………………… 55
表5-1-1 「英語教育特区の分類基準」一覧表………………………………………………66表5-1-2 「国際理解教育特区」一覧表………………………………………………………70
表5-2-1 荒川区において特区認定後の授業時間数……………………………………… 86
表5-2-2 第三日暮里小学校小1~小6の指導計画……………………………………… 88
表5-2-3 特区認定後の教育課程の変更…………………………………………………… 92
表5-2-4 登米市立豊里小・中学校における6年間の英語科の学習概要……………… 93
表5-2-5 金沢市英語指導の重点………………………………………………………………99
表 5-2-6 特区認定後、宜野湾市の各教科年間授業時数……………………………………102
表5-2-7 宜野湾市英語教育の学年目標…………………………………………………… 103
表 5-3-1 各実践例の取り組みの一覧表……………………………………………………107
表 6-1-1 教育に関わる特例措置の全国化時点一覧表……………………………………114
表6-2-1 各特区の人的配置の特徴………………………………………………………… 119
參考文獻 日本語書籍:50音順

有園 格、児島邦弘、安彦忠彦、今野喜清、亀井浩明(1996)『子供の未来を開く学校―学校の構造改革のための課題と提言』(初版)東京:教育出版社
井倉孝憲(2007)『「教育改革」はなぜ失敗するのか』(初版)東京:PHP研究所
大津由紀雄 編著(2007)『日本の英語教育に必要なこと』(第2版)東京:慶応義塾大学出版会
大津由紀雄 編著(2007)『小学校での英語教育は必要か』(第3版)東京:慶応義塾大学出版会
北 俊夫(2007)『義務教育の構造改革と学校の課題-伝統文化・食・情報の教育』(初版)東京:文溪堂
斉藤孝+斉藤兆史(2005)『日本語力と英語力』中公公論新社
産経新聞取材班(2005)『改革の行方 特区を診る』(初版)東京:株式会社産経新聞ニュースサービス 
石崎誠也(2005)『教育における公共性の再構築』日本教育法学界年報34 有斐閣2005年03月
北 俊夫(2007)『義務教育の構造改革と学校の課題-伝統文化・食・情報の教育―』文渓堂
下村博文(2003)『学校を変える!教育特区』(初版)東京:大村書店 
瀧口優(2006)『「特区」に見る小学英語』三友社出版
鳥飼玖美子(2006)『危うし!小学校英語』(第2版)東京:文芸春秋
並河信乃(2006)『市民・自治体の政策実験 特区制度は活用できるか』(初版)東京:株式会社生活社
西尾 勝監修(2007)『検証 構造改革特区』(初版)東京:ぎょうせい
21世紀教育研究所(2006)『教育特区ハンドブック―この“まち”だからできた教育改革-』東京:学びリンク
21世紀教育研究所(2007) 『教育特区ガイド―学校設置会社が作った学校はこんなにユニーク―』東京:学びリンク
西村清彦、御園慎一郎、大前幸太郎、服部敦(2007)『地域再生システム』(初版)東京:東京大学出版社
野田耕一(2002)『教育構造改革』(初版)東京:勉強出版 
バトラー後藤裕子(2008)『日本の小学校英語を考える―アジアの視点からの検証と提言』(第3版)東京:三省堂
菱村幸彦編集(2006)『最新教育改革 ここが知りたい』教育開発研究所版
藤田英典(2008)『教育改革のゆくえ』(第4版)東京:岩波書店
藤田晃之(2006)『新しいスタイルの学校』数研出
堀尾輝久、小島喜孝 編(2004)「教育特区による教育改革手法」(初版)東京:エイデル研究所 
松川禮子・大下邦幸(2007)『小学校英語と中学校英語を結ぶ―英語教育における小中連携』(初版)東京:高陵者書店
山田雄一郎(2005)『日本の英語教育』(初版)東京:岩波新書 
山田雄一郎、大津由紀雄、斉藤兆史(2009)『英語が使える日本人が育つのか』(初版)東京:岩波書店

日本語定期刊行物:50音順

御園生 純(2004)「教育特区と新しい学校設置のありよう」『2004日本教育政策年報―日本の学校と教育政策―』第11号、pp.18-25
石崎誠也(2005)「教育特区の法的検討」『日本教育法学会年報-教育における公共性の再構築』第34号、pp.50-60
進藤 兵(2005)「グロバール国家戦略と公教育改革」『日本教育法学会年報-教育における公共性の再構築』第34号、pp.61-70
嶺井正也(2002)「構造改革の展開と教育政策の特質」『2002日本教育政策年報―構造改革と教育政策―』第9号、pp.8-22

インターネット:50音順

教育情報研究室 http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/edu/detail/index.html
教育ルネッサンス
http://krs.1npo.org/katudou4.php
構造改革推進本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kouzou/
小学校英語の広場 http://www.tcp-ip.or.jp/~ainuzuka/elEnglish.htm
特区・地域再生 
http://www.wagamachigenki.jp/saisei/03.htm
21世紀政策研究所
 http://www.21ppi.org/index.html
野村綜合研究所
http://www.nri.co.jp/index.html
学びリンク
http://stepup-school.net/step/manabilink/index.html
Benesse教育研究開発センタ 
http://benesse.jp/berd/index.shtml
Rand Management
http://www.randdmanagement.com/c_seiji/se_094.htm
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2009-08-06公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2009-08-06起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信