淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-2506201903100500
中文論文名稱 東野圭吾得獎小說之研究―以《夢幻花》為中心―
英文論文名稱 The research about subject matter of the higashino keigo’s winning novel―with a focus on "Dream Flower"
第三語言論文名稱 東野圭吾の受賞小説に関する研究―《夢幻花》を中心に―
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本語文學系碩士在職專班
系所名稱(英) Department of Japanese
學年度 107
學期 2
出版年 108
研究生中文姓名 林俊達
研究生英文姓名 Chun-Ta Lin
學號 703100155
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2019-06-14
論文頁數 80頁
口試委員 指導教授-林寄雯
委員-高淑玲
委員-王憶雲
中文關鍵字 東野圭吾  推理小説  毒品  核能  負遺產  才能 
英文關鍵字 Higashino Keigo  Mystery novels  Drugs  Nuclear power  Negative heritage  Talent 
第三語言關鍵字 東野圭吾  推理小説  麻薬  原発  負の遺産  才能 
學科別分類
中文摘要 本論文為分析東野圭吾得獎作品『夢幻花』。從『夢幻花』主要人物的言語、行動、想法、性格、人品的描繪來看,每個主要人物有所不同。本論文是以整理主要人物的差異性,分析人物的朔造方法進而判斷主要人物的內心層面。另外,『夢幻花』反映了很多日本社會問題。例如毒品問題、核能問題、懷疑自我能力等問題。從小說中出現的各種社會現象進而加以分析整理。
本論文以4章構成。首先第一章是說明推理小説的定義,並敘述有關推理小説的起源和歴史。接著介紹有關推理小説的名作家。日本的推理小説史上以江戸川乱歩、横溝正史、松本清張三人對後世的推理小說影響最大。另外針對推理小説的種類及推理小説的構成要素、相關規則加以敘述。第二章是介紹東野圭吾於2013年得獎的獎項柴田錬三郎獎,並對柴田錬三郎獎歷年的得獎作品加以介紹整理。接著簡單的整理敘述東野圭吾歷年入圍及得獎的作品,並介紹及整理歴年被翻拍成連續劇及電影的相關作品。第三章是分析整理『夢幻花』的主要人物蒲生蒼太、秋山梨乃、早瀬亮介的言語、行動、想法、性格、人品。另外,分析比較與其他作品之主角的共通點及差異性。第四章是關於反映在『夢幻花』裡的三個社會現象。第一為毒品濫用對身體及社會治安所造成的威脅。第二為核能發電事故及核廢料處理問題對社會所造成之影響。接著說明負遺產的定義,負遺產的形式種類多樣,現今負遺產帶來很多各種社會問題。這種負遺產跨越世代被繼承下來,產生負面狀況。第三是天賦才能問題。現今年輕世代不相信自我能力,反映了年輕人不努力的社會現象。相信自我能力才是突破自我之關鍵。東野圭吾是透過這個作品來反映現今三個社會現象。
英文摘要 This research analyzes Higashino Keigo's award-winning work "Dream Flower". The main characters in "Dream Flower" are different in their words, actions, thoughts, personalities, and character depiction. This thesis studies the differences of main characters, character design methods, psychological aspects of the main characters, and organizes various social phenomena which mentioned by the novel such as drugs, nuclear energy, and the suspicion of self-ability.
This thesis consists of four chapters.
The first chapter is the definition and origin history of mystery novels. To introduce famous writers of the mystery novel. In the history of Japanese mystery novels, Jiang Yanchuan, Henggou Zhengshi, and Matsumoto Kiyoshi have the greatest influence on later novels. In addition, types, constituent elements, and related rules of mystery novels are described.
The second chapter is about Shibata Saburo Award that Higashino Keigo won in 2013, and introduces historical winning works of the award. Then sort out Higashino Keigo’s works that been nominated, and his works which won the award, and his works that have been remake into TV Serial drama and movies in the past years.
The third chapter analyzes the "Dream Flower" main characters Pu Sheng Cang Tai, Qiu Shan Li Nai, and Zao Liang in their words, actions, thoughts, personality and character, and the common points and differences with the protagonists of other works.
The fourth chapter is about the three social phenomena reflected in " Dream Flower".The first is the threat posed by drug abuse to physical and public security. The second is the impact of nuclear power generation accidents and nuclear waste disposal on society. Next, the definition of negative heritage. The forms of negative heritage are diverse and cause many social problems. The negative heritage has been inherited across generations, creating negative conditions. The third is the problem of talent. Nowadays, young generation does not believe in self-ability , that represents a social phenomenon that young people do not work hard. Believing in self-ability is the key to breaking through. Through this work, Higashino Keigo reflects the three social phenomena.
第三語言摘要 本論文では東野圭吾が受賞した作品『夢幻花』を分析するのである。『夢幻花』の登場人物の言動、行動、考え、性格、人柄描写から人物像が異なる。主要人物の相違性を整理して人物の造型方法を分析し、主要人物の心情を解明する。また、『夢幻花』は多く日本の社会問題を反応した。例え、麻薬問題、原発問題、自分の能力を疑い等。小説の中に社会現像が現れることを整理した。
本稿は、4章で構成される。まず、第一章は推理小説の意味と定義を説明して推理小説の起源と歴史について述べる。さらに推理小説の名作者を紹介する。日本の推理小説史は江戸川乱歩、横溝正史、松本清張三人が後世まで推理小説に多大な影響を与えたのである。また、推理小説の種類を説明して推理小説の構成要素とルールについて述べる。
第二章は東野圭吾が2013年受賞の作品である柴田錬三郎賞を紹介し、暦年受賞の作品を整理する。また、東野圭吾の候補、受賞作品をまとめて、簡単に叙述する。一方、歴年テレビドラマ、映画化された作品を整理して紹介する。
第三章は『夢幻花』における主要人物、蒲生蒼太、秋山梨乃、早瀬亮介の言動、行動、考え、性格、人柄を分析する。また、他の作品の主人公との共同点と差異点を比較する。
第四章は『夢幻花』の中に反映した三つの社会現像である。第一は麻薬乱用が身体及び安全を脅かすのである。第二は原発の事故と廃棄物処理の問題が社会への影響。また、負の遺産の意味を説明する。負の遺産は色んな種類で現在、負の遺産は社会上の問題を抱えている。この負の遺産は世代を超えて引き継がれてしまい、マイナスの状況である。第三は天賦の才能の問題。現在の若い世代が自分の能力を信じていない、努力しないという社会現像を反映した。自分の可能性を信じることは大切である。東野圭吾はこの作品を通して、反映した三つの社会現像である。
論文目次 目次

序論‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 1
 第一節 研究動機‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 1
 第二節 研究目的‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 1
 第三節 研究範囲‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 1
 第四節 研究方法‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 2

第一章 推理小説と構成要素‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧3
 第一節 推理小説と名作者‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧4
 第二節 構成要素とルール‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧10

第二章 東野圭吾の作品と柴田錬三郎賞‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧20
 第一節 柴田錬三郎賞について‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧20
 第二節 東野圭吾の作品‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧24

第三章 『夢幻花』における主要人物の分析‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧30
 第一節 幻の花を追跡する蒲生蒼太‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧33
 第二節 遺体の第一発見者秋山梨乃‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧39
 第三節 西荻窪署の刑事早瀬亮介‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧43
 第四節 探偵と刑事と大学院生の比較‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧49

第四章 『夢幻花』における社会現象‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧53
 第一節 麻薬の社会問題‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧53
 第二節 負の遺産と原子力発電‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧60
 第三節 天賦の才能論‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧70

結論‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧75

参考文献‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧79

表目次

表1 江戸川乱歩、横溝正史、松本清張の作品‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 8
表2 ミステリーのジャンル‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 12
表3 柴田錬三郎賞の歴年受賞作品‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 21
表4 東野圭吾の歴年候補、受賞の作品‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 25
表5 東野圭吾の歴年映像化の作品‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 27
表6 湯川学、加賀恭一郎、蒲生蒼太の人物像‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 49
表7 日本における薬物乱用の歴史‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 58


図目次

図1 ミステリーの要素‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 15
図2 ミステリーの時系列構成‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 16
図3 覚醒剤事犯検挙人員年次推移‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 57
図4 主要各国の原発利用状況‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 64
図5 日本の原子力発電所の現状‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧‧ 64

參考文獻 東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』角川書店 2012年
東野圭吾『夢幻花』PHP研究所 2013年
東野圭吾『祈りの幕が下りる時』講談社 2013年
相賀徹夫『大日本百科事典10』小学館 1969年
江戸川乱歩『江戸川乱歩「探偵小説の定義と類別」』1951年
江戸川乱歩『江戸川乱歩全集 第26巻 幻影城』光文社 2003年
津井手郁輝『「探偵小説論」幻影城』1977年
尾崎秀樹 『黒岩涙香の登場-翻訳推理小説の流行「国文学:解釈と教材の研究」』1975年
長谷部史親『日本ミステリー進化論』1993年
中島河太郎『推理小説通史』講談社 1980年
堀啓子『日本ミステリー小説史-黒岩涙香から松本清張へ』中央公論新社 2014年
張姿吟『東野圭吾的推理小說研究-以《白夜行》為中心』2010年
張維芬『東野圭吾文學中的人物像-以《加賀恭一郎系列》為例』2015年
曹雅潔『松本清張の推理小説の出発-「火の記憶」から「顔」へ』2017年
渡邊静夫『日本大百科全書6』小学館 1994年
渡邊静夫『日本大百科全書14』小学館 1994年
渡邊静夫『日本大百科全書15』小学館 1994年
中島河太郎『推理小説の読み方』ポプラ社 1971年
吉田司雄『探偵小説と日本近代』青弓社 2004年
日本推理作家協会『ミステリーの書き方』幻冬舎 2015年
黃妍慈『東野圭吾作品研究 ─都市空間裡的<家族>關係摸索─』2017年
張純毓『村上春樹的文學思想研究-以IQ84為主』2012年
楊華『松本清張の初期作品の社会性について-『点と線』から『ある小官僚の抹殺』へ-』2017年
仁賀克雄『海外ミステリ・ゼミナール』 朝日ソノラマ 1994年
豊崎由美『新潮社 週刊新潮』2016年
丸山倫世 『文学論争にみる昭和期の純文学概念-純粋小説論と純文学変質論争を例に-』人文論叢2014年
鈴木創士『戦争と麻薬』現代思潮新社 2017年
宅間正夫『日本の原子力発電と原子力産業』原子力委員会2002年
田中慎吾『日米原子力研究協定の成立 : 日本側交渉過程の分析』2009年
清水徹朗『原子力発電と日本のエネルギー需給』農林金融 2014年
七沢潔『原子力50年テレビは何を伝えてきたか』NHK放送文化研究所年報2008年
勝田忠広『原子力発電と私たち-福島事故と放射線の影響』平成24年度日本医薬品卸勤務薬剤師会「研修会」2012年
三田茂『「新ヒバクシャ」に「能力減退症」が始まっている』2018年
武田信生 『20世紀負の遺産』神鋼環境ソリューション2003年
植村貴裕 『「負の遺産」と観光』2009年
藤永保『教育総合研究第3号 才能とは何か―学力観の背景―』2010年
松村暢隆『關西大學文學論集-アメリカの2E教育の新たな枠組-隠された才能・障害ニーズの識別と支援-』2016年
トカチェンコ・スヴィトラナ『教育を考える一言-才能』2012年
『広辞苑 第五版』1998年
文部科学省『青少年による薬物乱用の現状と家庭、地域、学校の防止対策』
2013年
厚生労働省『薬物の乱用は、あなたとあなたの周りの社会を壊します』2016年
三省堂『大辞林 第三版』2006年
徐 丙鉄 『近畿大学工学部「図書委員会」子弟関係.天才.Learn Better』2018年
幸田露伴 『努力論』岩波文庫 2003年
増本浩子『哲学的ジャンルとしての推理小説 :デュレンマットの推理小説について』2004年
石倉義博『推理と動機-戦間期探偵小説の問題構制-』1997年
神田幸則『フェルミの天才性について』2005年
宮崎かすみ『名探偵ホームズと「生来性犯罪者」:変質論の系譜と推理小説への展開』2016年
各務三郎『推理小説の整理学』かんき出版 1977年
中島河太郎、権田萬治監修『推理小説総解説』自由国民社1982年
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2019-06-27公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2019-06-27起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2486 或 來信