淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-2506201213273000
中文論文名稱 日本外食產業的經營研究—以漢堡連鎖店為中心
英文論文名稱 The Research of Dine-out in Japan:A Study of Hamburger Franchise
第三語言論文名稱 日本における外食産業の経営研究―バーガーチェーンを中心に―
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 亞洲研究所碩士班
系所名稱(英) Graduate Institute of Asian Studies
學年度 100
學期 2
出版年 101
研究生中文姓名 蕭瀅萱
研究生英文姓名 Ying-Xuan Xiao
學號 698300158
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2012-06-08
論文頁數 107頁
口試委員 指導教授-蔡錫勲
委員-任耀庭
委員-劉慶瑞
中文關鍵字 外食產業  漢堡連鎖  低價格戰爭  競爭戰略 
英文關鍵字 dine-out  hamburger franchise  low-price competition  competitive strategy 
第三語言關鍵字 外食産業  バーガーチェーン  低価格戦争  競争戦略 
學科別分類
中文摘要 本文主要是針對在外食產業的市場規模越趨縮小的情況下,漢堡連鎖企業會透過哪些促銷戰略來刺激買氣進而促使外食產業能夠蓬勃發展。此外,在一向採取低價格戰略的速食產業中,對於這樣的低價格戰略是否真的有其效果來進一步做探討。再者,更針對漢堡連鎖企業又是如何改變其自身的經營戰略來面對市場環境的變化以及消費習慣改變等等議題做進一步的探討。
在此,以在速食產業中占有大部份市場的漢堡連鎖店為主,探討其經營戰略和市場發展的過程。其中又特別針對在日本市場上占有一定銷量的麥當勞、摩斯漢堡、肯德基以及儂特利為例,藉由競爭戰略和價格戰略以及服務市場等等觀點來探討各企業的市場優越性為何。依據4P理論,企業透過○1商品的品質要求、○2價格的制訂、○3銷售通路、○4廣告行銷等來策劃各種促銷活動以刺激買氣。以漢堡連鎖店為例,最先考量的就是能夠符合消費者多方面需求的經營戰略最為成功。
對速食產業來說,有形的商品和無形的顧客服務是同等的重要,除了商品的品質要求之外,透過和顧客建立密切的溝通進而提升和顧客之間的關係也是有其必要性。此外,漢堡連鎖店在外食產業中如何能夠如此屹立不搖,其成功的關鍵在於低價格策略與高品質策略並重施行以符合時代潮流,並且提供多樣的菜單供顧客作選擇,以及提供各式各樣的經營型態來應付顧客族群多樣的需求。另外,漢堡連鎖企業不僅僅在國內市場發展,在國外市場包括台灣、韓國、中國等等也都積極投資,拓店發展事業。我們可以發現,其經營戰略又或是市場定位越清楚明瞭的企業,就越能夠吸引顧客上門消費。
英文摘要 The main purpose of this paper is the dine-out market has become smaller, and the burger chain of leading companies how to let the dine-out industry become actively. In addition, in the fast food industry has always adopted a low-price strategy, and is that really effective? Furthermore, how to change its business strategy to deal with changes in market conditions and customers habits for hamburger chains.

At this point, the hamburger chains occupies the majority of the market in the fast food industry mainly to discussion on the course of its business strategy and the developments of market. And take McDonald’s, Mos Burger, KFC and LOTTERIA for example, that are important role in the market, by the point of view of competitive strategy, price strategy and service markets to discuss what’s the market superiority for those companies. According to the 4P theory, the enterprise can plan various promotional activities to stimulate buying. For the hamburger chain, the first consideration is able to meet the various needs of consumers.

The tangible goods and the intangible customer service are equally important for the fast food industry. So it’s necessary to keep good relationship with customers. In addition, both of low-price strategy and top-quality strategy have been to carry out in the same time, and provide a varied menu for customers to choose, as well as to provide every kind of shop to meet the diverse needs of customers. We can understand a successful enterprise must has clear market positioning to attract many customers to purchase in their shops.
第三語言摘要  本稿では主に市場規模が小さくなった外食産業において、バーガーチェーン大手企業は様々な企業行動によって、外食産業を活発されたことについて探究していきたい。また、低価格競争が激化していくファストフード業界において、バーガーチェーンは一味に低価格戦略を取ることに役に立つかどうかについて分析していきたい。さらに、バーガーチェーン企業は如何なる経営戦略を調整することについて探究する。
 ここでは、外食産業に注目し、その中でも特にファストフードのバーガーチェーンを中心に、その発展の経緯と経営戦略について考えていきたい。特に、売上高において日本国内大手マーケットシェアを占め、マクドナルドホールディングス、モースフードサービス、ケンタッキーフライドチキン、ロッテリアを事例として取り上げ、競争戦略や価格戦略、サービスマーケティングなどの視点から考察し、各企業の市場優位性を明らかに指摘する。
 では、如何なる企業利益を向上するか。それはマーケティングの4Pにより商品、価格、流通チャネルとプロモーションで様々な企業行動を取ることにある。バーガーチェーンの事例によると、成功的な経営戦略とは何であろうかについて、如何に顧客の多様なニーズに応えることにある。
 ファストフード業界において、商品の有形性とサービスの無形性は同様に重要なので、商品の美味しさだけではなく、顧客と濃いコミュニケーションにより個々の顧客との関係を向上させることも必要がある。また、バーガーチェーンが成功的に外食市場の中で健闘しているの鍵は、低価格や高品質の追求と共に時代の流れに対応した事業戦略を立て、多様なメニューセットを提供し、様々な業態の店舗を展開することである。さらに、その経営戦略を明確に示した店舗に顧客が集まるという傾向が強くなってきているということもこれからの流れとする。
論文目次 第一章 序論 1
第一節 研究動機と目的 1
第二節 研究範囲と方法 3
第三節 研究内容と構成 5

第二章 外食産業 7
第一節 外食産業の定義 7
第二節 外食産業の市場規模 10
第三節 外食産業の発展 16
第四節 今の外食産業 23

第三章 ファストフードとバーガーチェーン 29
第一節 ファストフード 30
第二節 バーガーチェーン 34
第三節 企業間の比較と4P理論 41
第四節 4P理論の再検討 61

第四章 バーガーチェーンの戦略ポジショニング 63
第一節 バーガーチェーン大手企業の競争戦略論 65
第二節 価格戦略 81
第三節 サービス・マーケティング 89

第五章 結論 97

参考文献 102


図 目次

図1—1 研究の枠組み 4
図2—1 外食産業市場分類 8
図2—2 外食産業の三つの要件 9
図2—3 外食市場規模の推移 11
図2—4 平成22年(2010年)外食産業市場規模推計値 12
図2—5 外食率と食の外部化率の推移 13
図2—6 家計支出の移り変わり 16
図2—7 和食の洋風化 18
図2—8 江戸から外食業態の変化 18
図3—1 ファストフードの利用頻度 33
図3—2 ファストフード店を利用する理由 33
図3—3 最も好きなファストフード店(2009年調査より) 34
図3—4 マック、ケンタッキー、MOS、ロッテリアの主力メニュー 44
図3—5 差別化のベース 45
図3—6 各企業の店舗数 47
図3—7 プロモーション手段の例 50
図3—8 コーヒーを飲むことが多い店(左:男性、右:女性) 56
図3—9 4Pの枠組み 61
図4—1 マーケティングのスパイラル 64
図4—2 五つの競争要因 66
図4—3 五つの競争要因―――バーガーチェーン 67
図4—4 コストと利益の比較 68
図4—5 規模の経済と経験曲線 69
図4—6 差別化戦略 70
図4—7 三つの基本戦略 71
図4—8 バーガー業界の各企業のポジショニング 72
図4—9 日本マクドナルドの戦略方針 74
図4—10 日本マクドナルドの戦略ポジション 75
図4—11 モスフードサービスの戦略ポジション 77
図4—12 多角化戦略のポイント 78
図4—13 企業ポジショニングの違う 82
図4—14 価格戦略ポイント 83
図4—15 マクドナルドの低価格攻勢 84
図4—16 顧客数の推移 86
図4—17 バーガー業界の市場シェアの推移 87
図4—18 迷走するマクドナルドの値付け 87
図4—19 マクドナルドの持続的コスト優位 88
図4—20 商品の特性(有形性∼無形性) 90
図4—21 営業に求められる変革 96
図5—1 バーガーチェーン大手企業の戦略ポジショニング 100
図5—2 外食産業の活発化 101


表 目次

表2—1 2010年に外食産業業態別ベスト3 24
表2—2 バーガーチェーン大手企業の枠組(2011年資料により)26
表2—3 2010年に外食産業の1000店以上展開する企業 28
表3—1 マック、ケンタッキー、MOS、ロッテリアのメニュー分析 44
表3—2 チェーン店の高級・次世代店舗 52
表3—3 ファーストフード各社のカフェ取り組み 54
表3—4 4Pと4C 62
表4—1 SWOT分析による戦略 79
表4—2 ロッテリアのSWOT分析 80
表4—3 主なバーガーチェーン企業のビジネス理念 93
表4—4 飲食店の標準サービスプロセス 94
表5—1 外食市場規模が減少を続けた原因 98

參考文獻 日本語の部分(五十音順)

伊丹敬之(1984)『新經營戰略の倫理 : 見えざる資產のダィナミズム』、日本經濟新聞社。
伊丹敬之・加護野忠男(2003)『ゼミナール経営学入門』、日本経済新聞。
石井淳蔵(2004)『マーケティングの神話』、岩波書店。
上田隆穂(1995)「価格決定におけるマーケティング戦略」、学習院大学 経済論集第31巻第4号。
内田学(2005)『ステップアップ式MBA経営戦略入門』、ダイヤモンド社。
国友隆一(2008)『よくわかる外食産業』、日本実業出版社。
国友隆一(1997)『よくわかる外食産業』、日本実業出版社。
関川靖・山田ゆかり・吉田洋(2009)「フードビジネスの現状と消費者ニーズ―稲沢市の事例―」、名古屋文理大学紀要第9号。
楠木建(2010)『ストーリーとしての競争戦略 : 優れた戦略の条件 = Competitive strategy as a narrative story』、東洋経済新報社。
キース・ヴァン・デル・ハイデン(1998)『シナリオ.プランニング : 戦略的思考と意思決定』、ダイヤモンド社。
蔡錫勲(2003)『日本企業の経営戦略 : どうなる.日本企業!日の出か.日没か?』、致良出版社。
蔡錫勲(2009)『日本型経営 : 「失われた十年」における日本企業の戦略的変革とその東アジアへの影響』、致良出版社。
芝崎希美夫・田村馨(1997)『よくわかる食品業界』、日本實業出版社。
諏訪良武(2009)『顧客はサービスを買っている』、ダイヤモンド社。
高橋克典(2007)『ブランドビジネス : 成功と失敗を分けたもの』、中央公論新社。
風健史(2010)『最新業界地図2011年版』、成美堂。
富士ゼロックス総合教育研究所編(2005)『戦略的ソリューション営業顧客との「価値あるパートナーシップ」を構築せよ』、ダイヤモンド社。
富士ゼロックス総合教育研究所編(2000)『戦略的ソリューション営業―顧客との「価値あるパートナーシップ」を構築せよ』、ダイヤモンド社。
福井晋(2006)『図解入門業界研究 最新外食業界の動向とカラクリがよくわかる本』、株式会社秀和システム。
フィリップ・コトラー(2007)『コトラーの戦略的マーケティング』、ダイヤモンド社。
フィリップ・コトラー(2002)『コトラーの戦略的マーケティング』、ダイヤモンド社。
東洋経済新報社編(2010)『会社四季報業界地図2010年版』、東洋経済新報社。
東洋経済新報社編(1999)『全図解日本のシェアと業界地図』、東洋経済新報社。
日本経済新聞出版社編(2010)『日経産業地図2011年版』、日本経済新聞出版社編。
日本経済新聞出版社編(2007)『日経MJトレンド情報源2008版』、日本経済新聞出版社編。
日経MJ(流通新聞)(2004)『日経MJトレンド情報源 = Nikkei marketing journal』、日本経済新聞出版社。
羽士力(2001)『流通会社年鑑2002年版』、東京:日本経済新聞社。
松井睦(2003)『業界シェア&市場規模』、日本実業出版社。
マクドナルド(2011)『マクドナルドCSRレポート2010』。
山本昭二(2007)『サービス・マーケティング入門』、日本經濟新聞社。
山口廣太・韓定國(1986)『麥當勞經營策略 : 現代化餐飲的成功秘訣』、卓越文化事業公司。
名村(2009)「産業界の動き∼ 多重苦の外食業界」、住友信託銀行 調査月報年6月号。
沼上幹・一橋MBA戦略ワークショップ(2008)『企業戦略白書Ⅷ、日本企業の戦略分析』、東洋経済新報社。
沼上幹・一橋MBA戦略ワークショップ(2011)『企業戦略白書Ⅸ』、東洋経済新報社。
橫山寬美(2009)『経営戦略 ケーススタディ∼グローバル企業の興亡∼』、シグマベイスキャピタル株式会社。
グローバルタスクフォース株式会社(2007)『【図解】わかる!MBAマーケティング』、PHP研究所。



インターネットの部分(五十音順)

IT情報マネジメント「SWOT分析」http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/swot.html
井上脩士執筆Yahooヘルスケア
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/?sc=ST090210&dn=2&t=key
ウィキペディアフリー百科事典「日本マクドナルド」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89
ウィキペディアフリー百科事典「日本のBSE問題」
http://ja.wikipedia.org/wiki/BSE%E5%95%8F%E9%A1%8C
ウィキペディアフリー百科事典「モスバーガー」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC
ウィキペディアフリー百科事典「ロッテリア」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2
渋井正浩(2011)「マクドナルドとモスバーガーの違いをポーターの『戦略論』で解き明か
 す」、ダイヤモンド社のビジネス情報サイトhttp://diamond.jp/articles/-/12309
金森努,GLOBIS.JP、「カフェ市場に切り込むマクドナルド」
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0911/09/news009.html
加藤奈津子・小林遼・西正広、「日本食レボリューション」
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~eco-semi/ssuzuki/F7.files/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%82%BC%E3%83%9F2004%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%82%BC%E3%83%9F%E8%AB%96%E6%96%87.pdf#page=49
経営コム、「モスフードサービス」、http://www.00keiei.com/kigyou-senryaku/mos.html
経営コム、「日本マクドナルド 経営状況・分析」
http://www.00keiei.com/kigyou-senryaku/mcdonalds.html
ケンタッキー・フライド・チキンの公式ホーンページhttp://www.kfc.co.jp/index.html
国立国会図書館の外食産業について調べるには
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102120.php
『新建まちづくり新聞』、「22年度の外食産業市場規模、前年並み:居酒屋は減、中食は増(2011/06/10)」、http://machi-rj.com/news/2011/06/22.php
帝国データバンク「外食産業の倒産動向調査」
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p111204.html
統計局ホームページ「第2章 家計から分かる暮らしの特徴」
http://www.stat.go.jp/data/kakei/family/4-2.htm
都道府県別統計とランキングで見る県民性「マクドナルド店舗数」
http://todo-ran.com/t/kiji/10097
都道府県別統計とランキングで見る県民性「ケンタッキーフライドチキン店舗数」
http://todo-ran.com/t/kiji/10147
都道府県別統計とランキングで見る県民性「モスバーガー店舗数」
http://todo-ran.com/t/kiji/10137
道府県別統計とランキングで見る県民性「ロッテリア店舗数」
http://todo-ran.com/t/kiji/10152
東京ウォーカー「スタバに対抗?マックが「カフェモカ」などコーヒーメニューを強化!」
http://news.walkerplus.com/2009/1103/10/
フランチャイズショー「第25回 コーヒーチェーン」
http://www.shopbiz.jp/fc/column/market/71945.html
「マック、大型化へ戦略転換 外食低迷下で「1店2億円超」目標」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110905/bsd1109050501000-n2.htm
「マクドナルド」VS「ロッテリア」、バーガーキングでマックを崩せるか…都市部にできた隙」 http://bizlog.blog.shinobi.jp/Entry/6/
マクドナルドの公式ホームページー
http://www.mcdonalds.co.jp/company/outline/enkaku.html
「マクドナルドとモスバーガーの違いをポーターの『戦略論』で解き明かす」
http://diamond.jp/articles/-/12309?page=2
「マック、大型化へ戦略転換 外食低迷下で「1店2億円超」目標」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110905/bsd1109050501000-n3.htm
松本潤二、「マクドナルドの低価格戦略」p.91
http://www.nara-su.ac.jp/econ/sotulon/matumoto.pdf
目代武史、「2008年度経営学入門後期第4回 競争の戦略」、
http://www.tscc.tohoku-gakuin.ac.jp/~mokudai/H20_Management_04.pdf
モスバーガーの公式ホーンページhttp://www.mos.co.jp/index.php
『MSN産経ニュース』「肉とチーズが10段! ロッテリア、1年ぶり「タワーバーガー」復活」http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110616/biz11061610310006-n1.htm
『MSN産経ニュース』「マック、40周年キャンペーン開始 原田社長「毎月、何かを実施する」http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110922/biz11092211530008-n1.htm
山縣英起・フードビジネス総合研究所http://www.fb-soken.com/page801-6.htm
Yahoo辞書「個食」
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%80%8B%E9%A3%9F&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=06564200
YAHOOニュース「モスは「とびきり」、ロッテリア「エビ」 秋冬バーガー“熱々”商戦」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110913-00000037-fsi-bus_all
ロッテリアの公式ホームページーhttp://lotteria.jp/corporate/outline.html
「ロッテリアをマーケティング∼」http://keio-marke.com/_userdata/lotteria2.pdf
Walkerplus「ケンタVSマック!7月9日、渋谷“チキン戦争ぼっ発!」
http://news.walkerplus.com/2010/0708/14/
Walkerplus「1階はバーガーなし! 六本木ヒルズに“都市型巨大マック”誕生」
http://news.walkerplus.com/2011/0721/4/
(財)外食産業総合調査研究センターhttp://anan-zaidan.or.jp/data/index.html
「デフレスパイラル」はてなキーワードhttp://d.hatena.ne.jp/keyword/
JF社団法人日本フードサービス協会http://www.jfnet.or.jp/jf/gaisyoku.htm
ジェトロ(2004)「ジャパニーズ・マーケット・レポートNO.67外食産業」。
http://www.jetro.go.jp/jfile/report/05000721/05000721_003_BUP_1.pdf#search='ジャパニーズ・マーケット・レポートNO.67外食産業'
Business Media誠「最も好きなファストフードは?」
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0909/25/news054.html
Business Media 誠「チキン戦争勃発、勝つのはマックかケンタか?」
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1007/21/news004.html
Business Media 誠「外で飲むコーヒー、男性は「マック」女性は「スタバ」」
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0805/28/news061.html
BlueMountainForever 「内食、中食、外食の整理」
http://d.hatena.ne.jp/BlueMountainForever/20110710/1310309480
BIGLOBEマネー「新デザイン店舗が25日オープン かつて迷走した高級路線に再チャレン
 ジするマクドナルド」
http://money.biglobe.ne.jp/kabu/news/column/MZ184577_det.html
「食の欧米化と簡便化」
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~eco-semi/ssuzuki/F7.files/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%82%BC%E3%83%9F2004%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E3%82%BC%E3%83%9F%E8%AB%96%E6%96%87.pdf#page=49
「長期的視野に立ったレギュラーメニューの強化について」、日本マクドナルドHD 2004年3月1日掲載、http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2004/release04_0303.html
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2012-07-02公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2012-07-02起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信