淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-2006201223151000
中文論文名稱 日本數位相機市場戰略分析-以Canon為例
英文論文名稱 The Strategic Analysis of the Digital Camera Market in Japan. A Case Study of Canon
第三語言論文名稱 日本のデジタルカメラ市場戦略―キヤノンを中心に
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 亞洲研究所碩士班
系所名稱(英) Graduate Institute of Asian Studies
學年度 100
學期 2
出版年 101
研究生中文姓名 蔡幸容
研究生英文姓名 Hsing-Jung Tsai
學號 699300132
學位類別 碩士
語文別 中文
口試日期 2012-06-13
論文頁數 113頁
口試委員 指導教授-洪振義
委員-洪振義
委員-任耀庭
委員-小山直則
中文關鍵字 數位相機  戰略  行銷  Canon 
英文關鍵字 digital camera  strategic  marketing  Canon 
第三語言關鍵字 デジタルカメラ  戦略  マーケティング  キヤノン 
學科別分類
中文摘要 日本在全球數位相機市場競爭激烈的變化下,市占率約占全球75%,可謂獨步天下,而Canon數位相機在全球的市場占有率與品牌知名度皆卓越亮眼排名第一。本研究聚焦於日本的數位相機產業,並從市場戰略的角度出發,進而了解日本數位相機在全球的優勢。接著藉由個案分析Canon的數位相機,從企業理念、經營特徵、競爭優勢以及市場戰略來分析此企業成功之因素。
本研究主要探討下列二個問題:第一、探討日本數位相機產業的優勢為何?在技術與市場演進的各個階段是運用何種戰略和行銷。第二、探討Canon進入數位相機市場後,是運用何種戰略、戰術、行銷得以擁有目前的地位;和其他競爭對手的差異性與獨特的戰略為何?並從產業內部構造分析、競爭者分析、產業動向分析,三種觀點來做為研究方法。
根據以上分析,研發人才充裕、地理群聚,帶動並且支援其他電子產業,壯大了日本相機產業的發達。此外,Canon的企業精神與目的、對人類的尊重孕育了良好的環境,製造販賣分離的體制讓行銷對策對上生產者與對下顧客的需求更能到位,獨自技術的差異化、生產革新活動、產品線的齊全成為競爭力的泉源。
行銷的本質就是對話,在現今瞬息萬變的環境中,已經是從MAP到APP的時代。市場戰略無法按圖索驥,而是與消費者共創、對話,形成通暢的迴路,才能抓緊市場脈動,進而回應顧客的需求。對於次世代數位相機的展望,不單只是拍照的樂趣,對於即時分享與傳遞上的應用,相信會是有更多互動的可能性。
英文摘要 Under fierce global competitions, digital cameras from Japan stand unrivaled as they occupied approximately 75% of the global market. Amongst Japan’s digital camera brands, Canon digital camera ranked number one in terms of global market occupation and brand recognition with its outstanding performances. This study will target Japan’s digital camera industry from a market strategy perspective in the investigation of the advantages possessed by Japan’s digital camera in the global competition. This study will then attempt to analyze factors behind the success of Canon digital cameras in aspects of enterprise ideologies, operation features, competitive advantages and market strategies.
This study will primarily investigate the following 2 questions: what are Japan’s advantages in digital camera industry? How are marketing strategies applied during the various stages of technological development and market evolution? Secondly, what were the strategies, tactics or marketing strategies applied by Canon in order to maintain its current leading place in the digital camera market? What differentiates Canon from other competitors in terms of strategies applied? Analysis on enterprise infrastructure, competitors, and the trend of the industry will be used by this study as research methods.
Based on the above analysis, the abundance of research talents and geographic clustering which motivated and supported other electronic-related industries helped to strengthen Japan’s thriving digital camera industry. In addition, Canon’s corporate spirit and objective also helped to create an ideal environment with respect to mankind. Canon’s separated manufacturing and marketing system can further satisfy both producer and customer demands in terms of marketing strategies. Differentiation created by Canon-exclusive technologies, revolutions in production, and integrated production lines served as Canon’s advantages in the global competition.
The essence of marketing is by conversing. In today’s ever-changing environment where MAP is replaced by APP and market strategies no longer follow specific rules, companies must create a smooth-running circuit with the customers as well as converse with the customers in order to correctly grasp the market trend and in return respond to customer demands. As for the next-generation digital cameras, more interactive possibilities are expected no only in terms of shooting photographs but in the application of instant sharing and transmissions as well.
第三語言摘要 競争が激しいグローバル市場で、デジタルカメラは日本勢が世界シェア75%を確保して、圧倒的な強さを維持してきた産業といえよう。それに、キヤノンは市場占有率にトップを持つばかりではなく、ブランド力もすごい。本研究は日本のデジタルカメラ産業を中心に、そして、市場戦略の視点から、日本のデジタルカメラ産業の優位性を探求する。次はキヤノンを事例として、企業理念、経営の特徴、競争優位、市場戦略など要素分析による成功要因を探求する。
本研究は二つ問題を究明したい。第一に、日本のデジタルカメラ産業の優位性は何のであるか?技術開発と市場の共進化の中で、いかなる戦略、マーケティングを対応する?第二に、キヤノンはデジタルカメラ産業に参入して、どんな戦略、戦術、マーケティングを運用して、競合他社との差別化とは何のであるか?研究方法は産業内部の構造、競合他社、産業の動向から、三つの視点で分析する。
以上の研究を通じて、日本でデジタルカメラの優位性に立つ主な要因は豊かな人材と地理的条件からして、日本のデジタルカメラ産業活発を促した。そして、キヤノンの企業精神と目的、人類を尊敬するような価値観が良い環境を生む、製造と販売の分離という関係は生産者と顧客の間で相互理解を確立させる。競争力の泉源は独自技術の差別化、生産革新活動、フルラインアップである。
マーケティングは対話そう言える。このような変動の激しい環境下でもうマップ時代からAPP時代に入った。市場戦略は以前の戦略思想を超えなければいけない。一番重要なのは顧客との共創、そうすれば、市場の動向を捉えられるの可能性がある。次世代デジタルカメラの展望について写真を撮る楽しむだけでなく、コミュニケーションツール化を利用して、いろいろな交流が期待できる。
論文目次 目錄

第一章 緒論 1
第一節 研究動機與背景 1
第二節 研究目的 2
第三節 研究方法 3
第四節 研究內容與構成 6
第二章 文獻回顧 7
第一節 戰略 8
一 戰略的意涵 8
二 戰略的重要性 9
三 戰略的應用 9
第二節 行銷戰略 10
一 行銷概念的演進 10
二 行銷戰略 12
三 行銷戰略的應用 18
第三章 日本數位相機產業的市場戰略 23
第一節 日本數位相機的發展 23
一 發明期 (1980年初至1980年末) 23
二 技術確立期 (1990年初至1990年末) 24
三 技術改善期 (2000年以後) 25
第二節 日本數位相機的現狀分析 28
一 日本數位相機的概觀與現狀分析 28
二 數位相機的二大事業模型 37
第三節 日本數位相機的市場戰略 42
一 日本數位相機的市場戰略 43
二 日本數位相機產業的優勢 51
三 日本數位相機的市占情形 53
第四章 Canon數位相機產業事例研究 60
第一節 Canon公司概要 60
一 Canon的企業精神與經營理念 61
二 Canon的企業遠景 66
三 Canon的企業構造 67
四 Canon的經營特徵 67
五 Canon的改革 68
六 Canon的競爭優勢 75
七 Canon的品牌價值 81
第二節 Canon數位相機產業的市場戰略分析 83
一 Canon的市場戰略 84
二 IXY Digital系列的的開發軌跡 88
三 IXY Digital系列成功要素分析 94
第三節 現階段Canon數位相機產業的危機與今後課題 97
一 Canon數位相機產業的危機 97
二 Canon數位相機產業的今後課題 100
第五章 結論 104
第一節 研究結果 104
第二節 未來產業展望 106
參考文獻 108

圖目錄

圖1-1-1 本論文架構圖 5
圖2-1-1 企業經營的基本架構 7
圖2-2-1 行銷概念的演進 11
圖3-2-1 全球數位相機出貨量依區域別的變化 37
圖3-2-2 數位相機產業的垂直整合型事業模型 39
圖3-2-3 數位相機產業的水平分業型事業模型 40
圖3-2-4 適合最終使用者與追求規模經濟的背離性 42
圖3-3-1 日本市場中購買可交換式鏡頭的男女構成百分比 58
圖4-1-1 Canon的企業理念與企業目的 64
圖4-1-2 Smile Model和Samurai Model 74
圖4-1-3 實現數位相機最高畫質的性能圖 78
圖4-1-4 研究開發費的推移 79
圖4-1-5 登記美國專利權的件數 80
圖4-1-6 Canon企業的DNA 83
圖4-2-1 行銷的六角形 85
圖4-2-2 Canon全球資訊情報管理 86
圖4-2-3 日本Canon集團的介紹 88
圖4-2-4 IXY Digital系列的開發軌跡 89
圖4-3-1 Canon的職責 101

表目錄

表2-2-1 行銷戰略的對應與內容 12
表2-2-2 波特的三個基本戰略 13
表2-2-3 競爭地位別戰略 15
表2-2-4 從4P、4C到行銷ABCDE 17
表2-2-5 菲利普‧科特勒 (Philip Kotler) 的行銷要素分類 17
表3-1-1 數位相機開發史 27
表3-2-1 全球傳統相機出貨數量 30
表3-2-2 全球數位相機出貨數量 31
表3-2-3 全球數位相機出貨金額 32
表3-2-4 全球傳統相機出貨金額 33
表3-2-5 2007年全球數位相機依品牌別生產的市場占有率 34
表3-2-6 2007年全球數位相機依ODM企業別生產的市場占有率 34
表3-3-1 日本數位相機品牌大廠品牌發展背景 46
表3-3-2 數位相機在產品生命週期各階段所應用的戰略 49
表3-3-3 日本照相機產業的優勢 52
表3-3-4 消費型數位相機市場占有率排行 54
表3-3-5 單眼數位相機市場占有率排行 56
表3-3-6 類單眼(無反光鏡可交換鏡頭單眼)數位相機市場占有率排行 57
表4-1-1 Canon相機產品的重要里程碑 61
表4-1-2 Canon企業的構成 67
表4-1-3 Canon全球化下依區域別的營業額構成比 76
表4-1-4 Canon獨特的技術 77
表4-1-5 1998-2011年生產革新後的效果累計 81
表4-1-6 全球百大品牌價值日本區排名 82
表4-2-1 IXY與IXY Digital的比較 94
表4-3-1 售後服務滿足度排行榜 99
參考文獻 參考文獻

中文書 (依筆劃順)
1. Gareth R. Jones, Charles W.L. Hill著,朱文儀、陳建男、黃豪臣譯 (2011)《策略管理》,初版,台北:新加坡商聖智學習亞洲私人有限公司台灣分公司。
2. 宮崎哲也編著,蘇盟淑譯(2007)《科特勒的行銷學》,初版,台北:晨星。
3. 麥可‧波特、竹內弘高、榊原磨理子著,應小端譯(2001)《波特看日本競爭力》,初版,台北:天下遠見出版股份有限公司。
4. 野中郁次郎、勝見明著,李贏凱、洪平河譯 (2006)《創新的本質》,初版,台北:英屬維京群島商高寶國際有限公司台灣分公司。

日文書 (依五十音順)
1. 伊藤宗彦(2006)『製品戦略マネジメントの構築:デジタル機器企業の競争戦略』初版、東京:有斐閣。
2. 大倉雄次郎(2008)『経営改革のための会計戦略―パナソニックとキャノンに学ぶ―』初版、東京:中央経済社。
3. 小川紘一(2010)『国際標準化と事業戦略―日本型イノベーションとしての標準化ビジネスモデル―』初版、東京:白桃書房。
4. 恩蔵直人(1997)『競争優位のブランド戦略』初版、東京:日本経済新聞社。
5. 楠木建(2011)『ストーリーとしての競争戦略』初版、東京:東洋経済新報社。
6. Kevin Lane Keller(著)、恩蔵直人(訳)(2010)『戦略的ブランド‧マネジメント』第3版、東京:東急エージェンシー。
7. 佐久間健(2006)『キヤノンのCSR戦略:理想を実現する「共生」の経営』初版、東京:生産性出版。
8. 高橋宏誠(2010)『戦略経営バイブル』初版、東京:PHP研究所。
9. 武石彰‧青島矢一(2010)『メイド・イン・ジャパンは終わるのか』初版、東京:東洋経済新報社。
10. ドン‧タプスコット(著);栗原潔(翻訳)(2009)『デジタルネイティブが世界を変える』初版、東京:翔泳社。
11. 西田安慶‧城西吉孝編著(2011)『マーケティング戦略論』初版、東京:学文社。
12. 日本経済新聞(2001)『キヤノン高収益復活の秘密』初版、東京:日本経済新聞。
13. 日経ものづくり(2007)『プロフェッショナル・エンジニア―ものづくりをリードする人びと』初版、東京:日経BP社。
14. ハーバード・ビジネス・スクール(著)、日本リサーチ・センター(編集)(2010)『ケース・スタディ 日本企業事例集―世界のビジネス・スクールで採用されている』初版、東京:ダイヤモンド社。
15. フィリップ・コトラー、 ヘルマワン・カルタジャヤ、イワン・セティアワン(著)、恩藏直人(監訳)、藤井清美(翻訳)(2010)『コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則』初版、東京:朝日新聞出版。
16. プレジデント編集部編(2006)『キヤノンの掟「稼ぐサラリーマン」の仕事術』初版、東京:株式会社プレジデント。
17. 峰如之介(2005)『ブランド誕生』初版、東京:ビジネス社。
18. 山田英夫(2004)『デファクト‧スタンダードの競争戦略』初版、東京:白桃書房。
19. 山田清機‧勝見明‧麻倉怜士(2008)『キヤノン』初版、東京:出版文化社。
20. 橫山寬美(2011)『経営戦略 ケーススタディ~グローバル企業の興亡』初版、東京:シグマベイスキャピタル株式会社。
21. 和田充夫‧恩蔵直人‧三浦俊彥(2009)『マーケティング戦略』第3版、東京:有斐閣。

日文期刊 (依五十音順)
1. 青島矢一(2009)「戦略転換の遅延:デジタルカメラ産業における「性能幻想」の役割」『研究技術計画』研究・技術計画学会、24卷1号。
2. 石岡賢‧安田一彥(2007)「デザインファクターを考慮した製品開発の戦略的マネジメント」『年次学術大会講演要旨集』研究・技術計画学会、22卷。
3. 後藤浩(2008)「キヤノンの企業価値経営」『セミナー年報』関西大学経済・政治研究所。
4. 後藤浩(2009)「国際企業の価値経営」『セミナー年報』関西大学経済・政治研究所。
5. 根來龍之‧河原塚広樹(2011)「袋小路状態の業界の経営戦略-「やるも地獄やらぬも地獄」-の研究」『早稲田大学IT戦略研究所ワーキングペーパーシリーズ』No.42。
6. 平田貞世‧田村泰一‧長田洋(2005)「デジタル技術製品開発における戦略―デジタルカメラ開発を事例とした検証と考察―」 『プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集』プロジェクトマネジメント学会、2005秋季号。
7. 平田貞世‧長田洋(2006)「デジタル技術開発と市場の共進化を実現する品質管理モデル:デジタルカメラ開発の実証的研究」『品質』社団法人日本品質管理学会、36卷4号。
8. 矢口竜太郎(2007)「戦略研究 ITビジネス革新 キヤノン 検索エンジンを駆使し革新生む情報連鎖を作る」『日経コンピュ-タ』日経BP社。

中文網站 (依筆劃順)
1. Canon台灣官方網站「Canon全球」 http://www.canon.com.tw/About/global.asp (瀏覽日期:2012年5月14日)
2. Fujifilm台灣官方網站「FinePix REAL 3D W1」http://www.fujifilm.com.tw/personal/3d/camera/finepixreal3dw1/feature001.html (瀏覽日期:2012年5月14日)
3. Manager today「經理人群像─野中郁次郎」 http://www.managertoday.com.tw/?p=545 (瀏覽日期:2012年5月14日)
4. MIC產業情報研究所 「全球暨台灣數位相機產業2009年回顧與2010年展望」http://mic.iii.org.tw/aisp/reports/reportdetail_register.asp?docid=2795&rtype=freereport (瀏覽日期:2012年5月14日)
5. Panasonic台灣官方網站「專有名詞寶典」 http://pmst.panasonic.com.tw/frontend/Knowledge/PSPCview.aspx?id=278 (瀏覽日期:2012年5月14日)
6. 中時電子報 科技脈動「拓墣產研專欄-數位相機業 今年腹背受敵」(2011年12月4日) http://money.chinatimes.com/news/news-content.aspx?id=20111204000068&cid=1211 (瀏覽日期:2012年5月14日)
7. 財團法人資訊工業策進會(MIC)「日本數位相機品牌大廠發戰策略分析」(2003) http://wis.mic.com.tw/document/mic_digi/MIC/Reports/DigitalImageDevices/2003/CDOC200309190001-2.pdf (瀏覽日期:2012年5月14日)
8. 新浪新聞「輕便小巧無反光鏡相機美預測成長六成」(2012年4月16日) http://news.sina.com.tw/article/20120416/6509156.html (瀏覽日期:2012年5月14日)

日文網站 (依五十音順)
1. Ascii.jp*デジタル「2000年のデジカメは「IXY Digital」が台数トップ-総研調べ」http://ascii.jp/elem/000/000/320/320080/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
2. BCN「BCN AWARD」 http://bcnranking.jp/award/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
3. Interbrand「2011 Ranking of the Top 100 Brands」http://www.interbrand.com/ja/best-global-brands/best-global-brands-2008/best-global-brands-2011.aspx (瀏覽日期:2012年5月14日)
4. Wikipedia「Mavica」http://zh.wikipedia.org/wiki/Mavica (瀏覽日期:2012年5月14日)
5. 大塚製藥「商品情報」http://www.otsuka.co.jp/product/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
6. 日経情報ストラテジー「デジタルカメラ キヤノン/ニコン/ソニー/松下電器産業 ニコンが一眼で首位奪う勢い、AV大手の競争ルール壊しに先手」
http://ci.nii.ac.jp/naid/40015683091 (瀏覽日期:2012年5月14日)
7. 日経ビジネス「戦略フォーカス-市場開拓 松下電器産業(デジタルカメラ事業)「最後発」でも勝てる」 http://ci.nii.ac.jp/naid/40015759561 (瀏覽日期:2012年5月14日)
8. 日経ビジネス「アフターサービース満足度ランキング」(2010年版) http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100722/215545/?P=3 (瀏覽日 期:2012年5月14日)
9. 日経ビジネス「アフターサービース満足度ランキング」(2009年版)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090731/201404/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
10. 日経ビジネス「アフターサービース満足度ランキング」(2008年版)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080725/166298/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
11. 日経ビジネス「アフターサービース満足度ランキング」(2007年版)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20070627/128489/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
12. 日経ビジネス「アフターサービース満足度ランキング」(2006年版)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20060724/106740/?P=2 (瀏覽日期:2012年5月14日)
13. 日経ビジネス ON LINE「カシオ計算機 創業50年控え、利益重視路線の真価が問われる」http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20060515/102166/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
14. 日経ビジネス ON LINE「混迷デジカメ市場に一石 オリンパス、「マイクロ一眼」の勝算」http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090703/199275/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
15. 日経ビジネス ON LINE「ニコン 強いニコンに変貌」http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20070705/129180/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
16. 西村克己「第1回 戦略思考とは何か~疲労の回路に陥らないよう、賢く生きる考え方を見につけよう~」『NEC Business Lesson Wisdom』(2005)
https://www.blwisdom.com/vp/thinking/01/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
17. 内閣府経済社会総合研究所「消費動向調查 平成24年3月実施調査結果」http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/2012/1203shouhi.html (瀏覽日期:2012年5月14日)
18. 「キリン ジャイブ」http://softdrinks.org/asd9910a/jive.htm (瀏覽日期:2012年5月14日)

日本官方網站
1. 「CIPA」http://www.cipa.jp/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
2. 「Canon」http://canon.jp/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
3. 「Fujifilm」http://fujifilm.jp/index.html (瀏覽日期:2012年5月14日)
4. 「Olympus」http://www.olympus.co.jp/jp/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
5. 「Panasonic」http://panasonic.jp/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
6. 「Casio」http://www.casio.co.jp (瀏覽日期:2012年5月14日)
7. 「Nikon」http://www.nikon-image.com/ (瀏覽日期:2012年5月14日)
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2012-06-25公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2012-06-25起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信