淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-2006200802173900
中文論文名稱 幕末時期京都政局與朝幕關係—以文久、元治時期的孝明天皇和松平容保為中心—
英文論文名稱 Kyoto political situation and the relationship between the Imperial Court and Edo shogunate at the Bakumatsu- Mainly Emperor Kōmei and Matsudaira Katamori of the Bunkyū and Genji era
第三語言論文名稱 幕末期における京都政局と朝幕関係-文久・元治期の孝明天皇と松平容保を中心に-
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本研究所碩士班
系所名稱(英) Graduate Institute of Japanese Studies
學年度 96
學期 2
出版年 97
研究生中文姓名 黃琳雅
研究生英文姓名 Lin-Ya Huang
學號 694050179
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2007-06-10
論文頁數 214頁
口試委員 指導教授-齋藤司良
委員-劉長輝
委員-陳伯陶
委員-齋藤司良
中文關鍵字 幕末  朝幕關係  孝明天皇  松平容保  京都政局 
英文關鍵字 Bakumatsu  the relationship between the Imperial Court and Edo shogunate  Emperor- Kōmei  Matsudaira Katamori  Kyoto political situation 
第三語言關鍵字 幕末  朝幕  孝明天皇  松平容保  京都政局 
學科別分類 學科別社會科學區域研究
中文摘要 幕末時期,由於外患問題告急,使得幕府權威變得衰弱,朝廷權威因而逐漸上昇,取代了幕府的地位。同時在這個時期,天皇也開始積極地參與政治活動。以嘉永六年(1853年)六月三日的培里艦隊叩關為契機,朝廷展開了政治化運動,外樣大名也產生了自我主張,逐漸蛻變為雄藩。由於培里率領軍艦叩關,促使江戶時代以來的幕藩體制開始崩壞。孝明天皇就在這個內憂外患的時代,登上了幕末時期的歷史舞台。

培里艦隊叩關事件打破了日本長期以來的鎖國狀態,外來勢力的入侵對於位在京都的天皇、朝廷而言,成為一大威脅。幕府為了加強京都戒備,遂於文久二年(1862年)的閏八月一日,任命會津藩主松平容保擔任京都守護職一職。京都守護職並非德川幕府固有的官職,而是在文久期的幕政改革時所新增設的官職。會津藩主松平容保也因為擔任京都守護職一職,登上了幕末政局的舞台。此後,會津藩以及容保自身的命運便隨著政局錯綜複雜的變化,走向悲劇的結局。

本論文以孝明天皇及松平容保為中心來解析幕末的文久、元治時期錯綜複雜的京都政局,並透過朝幕關係的轉換過程的分析這一角度以深入探討幕末維新史。時間範圍方面,筆者以文久二年(1862年)~元治元年(1864年)的第一次長州征伐為時間範圍,探討當時的中央(京都)政局與朝幕關係。第一章先講述孝明天皇的登場及幕末時期的時代背景,第二章則介紹會津藩主松平容保的經歷以及擔任京都守護職之前的過程;第三章~第五章為本論文的核心部份,主要論述當時政權如何轉移到京都以及其後的展開。
英文摘要 At the Bakumatsu, the authority of the Edo shogunate weakened gradually by foreign pressures. At this time, the authority of the Imperial Court rose , and Emperor Kōmei 's political movement began. On June 3, 1853, the Imperial Court began to take part in politics. Tozama -daimyo also began to insist on their own will , and became stronger. After the Black ships came to Japan, the old system of the Edo shogunate began to disintegrate. This is when Emperor Kōmei appeared in the historical stage at the end of the Edo shogunate .
The isolation of the past was broken down by the coming of commander Perry in his fleet of Black ships. The invasion of the foreign powers became a big threat to Emperor Kōmei and the Imperial Court in Kyoto. In 1862, the Edo shogunate created the post of Kyoto Shugoshoku (Kyoto Military Commissioner) to keep the peace in the city of Kyoto. Matsudaira Katamori was the 9th daimyo of the Aizu han and the Kyoto Shugoshoku during the Bakumatsu period. The appointment of Kyoto Shugoshoku made Katamori appeared in the center stage at the end of shogunate political situation, as the fate of the Aizu han and Katamori began sloping downward leading to a tragic fall.
This thesis appoints Emperor Kōmei and Matsudaira Katamori who was the post of Kyoto Shugoshoku, and clarifies a complex Kyoto political situation of the Bunkyū and Genji era at the Bakumatsu. This thesis consider this as one aspect of the Bakumatsu’s history of the restoration in the relationship between the Imperial Court and Edo shogunate at the Bakumatsu. The time frame of interest is from 1862 to 1864 and the relationship between the Imperial Court and Edo shogunate at the Bakumatsu is examined. In Chapter 1, it introduces Emperor Kōmei and the historical background. In Chapter 2 of this thesis, it introduces a brief history of Matsudaira Katamori who was the daimyo of the Aizu han and the post of Kyoto Shugoshoku. Chapter 3 from Chapter 5 is the center of this thesis, that which describes the shift and the development of the political power in Kyoto.
第三語言摘要 幕末期に入ると、外患の切迫によって幕府の権威が次第に衰弱し、それに代わって朝廷の権威が上昇し、天皇の政治的動きもこの時期から活発化し始めた。嘉永六(1853)年六月三日のペリー来航を機に、朝廷は政治化し始め、外様の大名も自己の意志を主張し始めて雄藩へと変貌して行くきっかけとなったのである。従来の幕藩体制は、このペリー来航によって解体し始めたとも言って過言ではない。そのような内憂外患の時代に、孝明天皇が幕末期の歴史舞台に登場した。

ペリー来航によって従来の鎖国状態が打破され、外来勢力の侵入が京都における天皇・朝廷にとって大きな脅威となった。幕府は京都警備を増強するために、遂に文久二(1862)年閏八月一日会津藩主松平容保を京都守護職に任命した。京都守護職は従来徳川幕府の役職ではなく、文久の幕政改革の一環として新設された役職であった。会津藩主松平容保はこの京都守護職への就任によって幕末政局の表舞台に登場し、それ以後、極めて複雑な政局に従い、会津藩の藩運も容保自身の運命も悲劇の結末に向けて展開し始めていった。

本論文は、孝明天皇と京都守護職松平容保を論文の中心に据え、幕末の文久・元治期における複雑な京都政局を解明し、そして朝幕関係の転換についての分析を通して、これを幕末維新史の一視点として考察したいと思う。時間的範囲について、筆者は文久二(1862)年から元治元(1864)年の第一次長州征伐までを時間的範囲として、当時の中央(京都)政局と朝幕関係を検討した。先ずは第一章の孝明天皇の登場及び幕末期の時代背景と、第二章の会津藩主松平容保の略歴、京都守護職就任に至る経緯を紹介し、続いて第三~五章は本論文の中心である政権の京都への移行とその展開について述べた。
論文目次 目次


序論……………………………………………………………………………………1
一 研究動機と目的………………………………………………………………1
二 先行研究………………………………………………………………………2
三 研究方法と範囲………………………………………………………………5
四 論文の構成……………………………………………………………………6
第一章 鎖国攘夷の天皇……………………………………………………………8
第一節 孝明天皇…………………………………………………………………8
第二節 内憂外患の幕末 ………………………………………………………18
第三節 朝廷の覚醒/政治化 …………………………………………………30
第二章 会津藩の登場 ……………………………………………………………39
第一節 九代藩主松平容保 ……………………………………………………39
第二節 幕政への参加 …………………………………………………………46
第三節 京都守護職の拝命 ……………………………………………………54
第三章 文久期の政治情勢-八月十八日の政変を中心に- …………………66
第一節 将軍家茂の上洛 ………………………………………………………66
第二節 尊王攘夷運動の高まり ………………………………………………78
第三節 文久政変-八月十八日の政変 ………………………………………90
第四章 元治元年の政治情勢 ……………………………………………………99
第一節 一会桑の登場 …………………………………………………………99
第二節 元治政変-禁門の変…………………………………………………110
第三節 第一次長州征伐………………………………………………………123
第五章 朝幕関係の転換…………………………………………………………132
第一節 朝廷権威の浮上………………………………………………………132
第二節 孝明天皇と松平容保…………………………………………………139
第三節 「孝明政権」論の検討………………………………………………149
結論…………………………………………………………………………………157
付録…………………………………………………………………………………163
一 年表…………………………………………………………………………163
(1)孝明天皇略年表…………………………………………………………163
(2)松平容保略年表…………………………………………………………167
(3)幕末年表(朝廷・幕府・諸藩)─ペリー来航~第一次長州征伐─172
二 幕末期元号・西暦対照表…………………………………………………187
三 幕末期主要な公武官職在任表……………………………………………188
(1)朝廷側……………………………………………………………………188
(2)幕府側……………………………………………………………………197
四 朝廷の統制機構図…………………………………………………………203
五 幕末期の朝廷運営…………………………………………………………203
六 系図…………………………………………………………………………204
(1)閑院宮系図・孝明天皇系図……………………………………………204
(2)高須松平家・尾張徳川家・水戸徳川家関係系図……………………204
(3)会津系譜…………………………………………………………………205
(4)会津松平家歴代藩主……………………………………………………206
七 地図…………………………………………………………………………207
(1)蝦夷領地図………………………………………………………………207
(2)江戸四谷藩邸地図………………………………………………………208
(3)御所九門地図……………………………………………………………209
八 孝明天皇の御宸翰・御製の写真…………………………………………210

参考文献……………………………………………………………………………211

參考文獻 参考文献(五十音順)

#史料

飯沼関弥編(1984)『会津松平家譜』復刊版、東京:国書刊行会 
維新史料編纂会編(1983)『維新史』(1~6巻)復刻版、東京:吉川弘文館 
日本史籍協会編(1982)『会津藩庁記録』(1~6巻)復刻版、東京:東京大学出版会 
日本史籍協会編(1988)『再夢紀事・丁卯日記』覆刻再刊、東京:東京大学出版会
日本史籍協会編(1988)『続再夢紀事』覆刻再刊、東京:東京大学出版会
日本史籍協会編(1997)『【新装版】徳川慶喜公伝 史料編一、二』新装版、東京:東京大学出版会
日本史籍協会編(2000)『【新装版】島津久光公実紀』新装版(一~ニ)、東京:東京大学出版会
宮内省先帝御事蹟取調掛編(1906)『孝明天皇紀』巻1~220、日本国立国会図書館近代デジタルライブラリー(デジタル本)
山川浩著・遠山茂樹校注・金子光晴訳(1969)『京都守護職始末』(1~2)、東京:平凡社

#研究書・専門書・その他

井上勲(1991)『王政復古』、東京:中央公論社 
井上勲編(2004)『日本時代史20 開国と幕末の動乱』、東京:吉川弘文館
井上勝生(2006年)『シリーズ日本近現代史① 幕末・維新』、東京:岩波書店
家近良樹(2002)『孝明天皇と「一会桑」』、東京:文芸春秋 
家近良樹(1998)『幕末政治と倒幕運動』、東京:吉川弘文館
家近良樹(2007)『幕末の朝廷』、東京:中央公論新社 
大石学(2004)『新選組-「最後の武士」の実像』、東京:中央公論新社 
帯金充利(2006)『幕末会津藩主・松平容保』、東京:叢文社
久住真也(2005)『長州戦争と徳川将軍─幕末期畿内の政治空間─』、東京:岩田書院 
小桧山六郎(2003)『写真集 松平容保の生涯』、東京:新人物往来社 
小西四郎編(1984)『徳川慶喜のすべて』、東京:新人物往来社 
司馬遼太郎(2006)『王城の護衛者』、東京:講談社 
田中彰(1996)『幕末維新史の研究』、東京:吉川弘文館 
田中彰(1965)『幕末の長州』、東京:中央公論社
高埜利彦(2001)『江戸幕府と朝廷』、東京:山川出版社 
高橋秀直(2007)『幕末維新の政治と天皇』、東京:吉川弘文館
綱淵謙錠編(1984)『松平容保のすべて』、東京:新人物往来社
遠山茂樹(1991)『明治維新と天皇』、東京:岩波書店 
中村彰彦(1995)『保科正之-徳川将軍家を支えた会津藩主』、東京:中央公論社 
野口信一(2005)『会津藩』、東京:現代書館 
野口武彦(2008)『井伊直弼の首』、東京:新潮社
原口清(2007)『原口清著作集1 幕末中央政局の動向』、 東京:岩田書院 
福地重孝(1974)『孝明天皇』、東京:秋田書店 
藤田覚(1994)『幕末の天皇』、東京:講談社 
星亮一(2004)『幕末の会津藩-運命を決めた上洛』、東京:中央公論新社 
松浦玲(1998)『徳川慶喜-将軍家の明治維新』(増補版)、東京:中央公論社 
宮地正人(1981)『天皇制の政治史的研究』、東京:校倉書房 
宮地正人(2004)『歴史のなかの新選組』、東京:岩波書店 
山口宗之(1994)『真木和泉』、東京:吉川弘文館

#学術論文・雑誌

家近良樹(2000)「一会桑政権と新選組 (特集 新選組全史) -- (新視点・新選組)」『歴史読本』732号、164-169頁
家近良樹(2001)「会津藩公用方(局)の実態について」三宅紹宣編『幕末の変動と諸藩』、東京:吉川弘文館、310-339頁
家近良樹「幕末の摂関家支配」『中央史学』29、15-35頁
伊藤之雄(2007)「解説 幕末維新期政治史研究の現状と高橋秀直氏の業績」高橋秀直著『幕末維新の政治と天皇』、吉川弘文館、529-549頁
大久保利謙(1986)「幕末政治と政権委任問題-大政奉還の研究序説-」『大久保利謙著作集1 明治維新の政治過程』、吉川弘文館、1-31頁

清水善仁「幕末維新と公家社会」『中央史学』29、43-54頁
桐野作人(2004)「八・一八の政変」『歴史群像シリーズ 幕末大全』(上)、東京:学習研究社、152-155頁
久住真也「幕末の徳川将軍と畿内」『中央史学』29、36-42頁
後藤致人(2004)「『孝明新政府』における新選組の位置」『歴史読本』第49巻第3号、196-209
  頁
ジョン・ブリーン(2005)「十四代将軍家茂の上洛と孝明政権論」明治維新史学会編『明治    維新と文化』、吉川弘文館、126-155頁
ジョン・ブリーン「『孝明政権』の確立と展開」『中央史学』29、4-14頁
白石烈(2004)「幕末京都の会津藩と新選組-京都政局の断章」『歴史読本』781号、174-179    頁
杉谷昭(2007)「『京都守護職始末』にみる元治・慶応」『純心人文研究』第13号、長崎純心大学、181-193頁
藤堂利寿(2004)「池田屋騒動」『歴史群像シリーズ 幕末大全』(上)、東京:学習研究社、168-171頁
友田昌宏(2007)「幕末政治史研究の現状と課題」『歴史評論』第691号、14-25頁
鳥羽亮(1999)「14代徳川家茂・孝明天皇」『歴史読本』708号、164-171頁
奈良勝司(2004)「奉勅攘夷体制下における徳川将軍家の動向--文久3年将軍上洛後の性格規定をめぐる相克」『日本史研究』2004年11月号、1-25頁
箱石大(1996)「幕末期武家官位制の改変」『日本歴史』577号、82-100頁
箱石大(2001)「公武合体による朝幕関係の再編─解体期江戸幕府の対朝廷政策─」家近良樹編『幕政改革』、吉川弘文館、30-72頁
藤田英昭(2004)「安政の大獄」『歴史群像シリーズ 幕末大全』(上)、東京:学習研究社、76-79頁
保谷徹(2004)「薩長、列強と交戦」『歴史群像シリーズ 幕末大全』(上)、東京:学習研究社、150-151頁
保谷徹(2004年)「下関報復戦争」『歴史群像シリーズ 幕末大全』(上)、東京:学習研究社、180-183頁
前田宣裕(2002)「会津藩の見た新選組」『歴史読本』757号、162-167頁
間島勲「「容保」の尖兵として佐幕に尽力」『歴史群像シリーズ 血誠新撰組』、東京:学習研究社、2003年、50-53頁
宮地正人(1981)「幕末過渡期国家論」宮地正人著『天皇制の政治史的研究』、東京:校倉書房、67-106頁
宮本敦桓「幕末の朝・幕・藩における「政令一途」システムへの志向」『立命館史学』二六、 101-133頁
村上由佳「明治維新論の再構築にむけて-会津藩と長州藩の意思決定方法の比較から-」 『日本史の方法』2、奈良女子大学「日本史の方法」研究会、80-92頁

#辞典

国史大辞典編集委員会編(1979)『国史大辞典』第一版、東京:吉川弘文館
竹内理三等編(1980)『日本史小辞典』、東京:角川書店
日本歴史大辞典編委会編(1975)『日本歴史大辞典』(別巻)、東京:河出書房新社

#インターネット資料

『国立国会図書館近代デジタルライブラリー』 http://kindai.ndl.go.jp/index.html
『フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)』 http://www.wikipedia.org/



論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2008-07-14公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2008-10-01起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信