淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-1907200712593400
中文論文名稱 日本女性綜合職之研究
英文論文名稱 A Study on the Career track of Women in Japan
第三語言論文名稱 日本の女性総合職に関する研究
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本研究所碩士班
系所名稱(英) Graduate Institute of Japanese Studies
學年度 95
學期 2
出版年 96
研究生中文姓名 黃敏姿
研究生英文姓名 Min-Tzu Huang
學號 693050170
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2007-06-26
論文頁數 93頁
口試委員 指導教授-馬耀輝
委員-陳伯陶
委員-劉長輝
委員-馬耀輝
中文關鍵字 女性綜合職  男女僱用機會均等法  course(職種)別人事制度  育兒介護休業法 
英文關鍵字 the managerial career track of women  the Equal Employment Opportunity Law  Law Concerning the Welfare of Workers Who Take Care of Children or Other Family Members Including Child Care and Family Care Leave 
第三語言關鍵字 女性総合職  男女雇用機会均等法  コース別人事制度  育児介護休業 
學科別分類 學科別社會科學區域研究
中文摘要 日本少子化現象成為一般性認識的1990年起,日本的合計特殊出生率一直處於低下的狀態。2000年的合計特殊出生率為1.36人(一位女性一生中所生的小孩人數),這個數字與維持現今人口所需的2.08人有相當程度的差異。且日本的總人口數在2006年達到最高峰後即開始逐漸下降。
另一方面,從近年日本女性勞動力的數量變化來看的話,可看見年年都有上升的傾向。依據總務省統計局「勞動力調查」指出,平成16年的女性雇用者數為2,203萬人,較前年增加26萬人,且2年都持續增加。此外,從女性自身的的就業意識來看,在小孩出生後也持續就業的「繼續就業型」的比例持續增加,可見有了小孩之後仍會繼續工作的就業意識正逐漸普及。
由此可知,現代女性的就業意識不受家庭狀態所侷限並擁有強烈的工作欲望。
從越來越多的女性投入職場的情況下,今後年輕勞動力不足的問題期待可藉由活用女性勞動者獲得改善。因此以對應女性日漸高漲的就業意識的職場環境為目標的措施變得更加重要。
並且,自1986年實施「男女僱用機會均等法」後,多數的女性勞動者可經由職種選擇成為綜合職,如此可有更多機會發揮自己能力,獲得更具責任性的工作,並且和其他的男性綜合職社員一樣擁有成為管理階級的的資格。
然而,均等法實施20年後的時期,女性綜合職的比例仍舊停留在非常低的水平。因此,本論文從女性綜合職在職場上現實情況及問題點加以分析,並試著探討女性綜合職所面對的課題。
英文摘要 The total fertility rate in Japan has been low since the phenomenon of declining birthrate has been a common recognition in 1990s. The total fertility rate in 2000 was 1.36 per woman (the average number of births per woman during her life). This rate is very different from the rate of 2.08, which can maintain today’s population. So the total population in Japan was the highest in 2006 and will be decline afterwards.
From another aspect, the amount of female workforce in recent years has been increasing year by year. According to the investigation of workforce released by the Statistics Bureau, Ministry of internal Affairs and Communications, it points out that the number of female employee is 22 million and 30 thousand, comparing to the previous year is increased by 26 thousand, and has been increasing continuously the recent two years. Besides, from the female employment consciousness of view, the proportion of the "continuous employment"(a woman who is continued employing after her child was born) is increasing continuously. So it is clear that the employment consciousness of the "continuous employment" is popularizing.
So the modern women’s employment consciousness is not limited by family state, and they are greedy for work.
In the condition that more and more woman has entered to the workplace, we can employ more female employees to solve the adequacy of young workforce. So the measures which can make our workplace to accord with increasing women’s employment consciousness are becoming more important.
Since the Equal Employment Opportunity Law applied in 1986, most female employees can choose to be the managerial career track. So they have more opportunities to bring their ability into full play, to acquire more responsible work, and can be the management class like the male employees.
However, since the Equal Employment Opportunity Law has applied for 20 years, the proportion of the career track of women is still very low. Therefore, this article will analyze the career track of women in workplace’s situations and problems, and try to find the challenge they will confront.
第三語言摘要 日本における少子化が一般に認識された1990年以来、合計特殊出生率は低下の一途をたどっている。2000年の合計特殊出生率(1人の女性が一生のうちに出産する子どもの数)は1.36人と現人口を維持するために必要とされる2.08人程度にはほど遠く、日本の総人口は2006年をピーク(peak)にその後は減少していく見込みとなっている。
他方、近年女性労働力の量的な変化からみると、年々上昇している傾向が見られる。総務省統計局「労働力調査」によると、平成16年の女性の雇用者数は、2,203万人で、前年に比べると26万人増加、2年連続で増加した。また、女性自身からみた就職意識についてみてみると、出産後も就業を続ける「就業継続型」の割合が増えてきており、子どもができても就業継続することを是とする意識が徐々に一般的なものとなってきた様子がうかがえる。
このようにみると、現代女性の就業意識が家庭をもつことに拘わらず、仕事に意欲を持ち強くなっていることが分かる。
こうした女性の職場進出が盛んになっていく上で、今後の若年層労働力の不足の対応のひとつとしては女性労働力の活用が考えられる。そこで女性の就業意欲に応える職業環境を目指していく取り組みなどが重要になってくる。
しかも、1986年の男女雇用機会均等法(以下均等法という)の施行により、多くの女性労働者が総合職のコース選択によって、自分の能力を発揮でき、責任ある仕事を与えられるようになり、彼女たちは、将来管理職になる資格を男性社員と同様に入社時に与えられるようになった。
なお、均等法が実施されて以来、20年の歳月が過ぎ去ったが、女性総合職の比率が非常に低い水準に留まっていることが明らかである。
そこで、本論は女性総合職が職場で直面した現実を調べ、女性総合職の実態・課題を細かく述べ、分析を通して、女性総合職の諸問題を究明しようと試みるものである。
論文目次 目次
第一章 序論-------------------------------------------------------------------------------------- 1
第一節 研究動機と目的-------------------------------------------------------------------------------------- 1
第二節 先行研究----------------------------------------------------------------------------------------------- 3
第三節 研究方法と構成-------------------------------------------------------------------------------------- 4
第四節 研究範囲と制限-------------------------------------------------------------------------------------- 4
第二章 女性総合職の現状及び成立--------------------------------------------------------6
第三章 女性総合職の現状------------------------------------------------------------------------------------------ 6
一 女性総合職の比率------------------------------------------------------------------------------------- 6
二 総合職で働く理由------------------------------------------------------------------------------------- 9
三 仕事の満足度-------------------------------------------------------------------------------------------- 11
四 今後の就業継続希望---------------------------------------------------------------------------------- 13
第一節 均等法成立の背景及びコース別人事制度の導入------------------------------------------- 14
一 均等法制定の背景-------------------------------------------------------14
二 コース別人事制度の導入-------------------------------------------------15
三 女性総合職比率の推移---------------------------------------------------16
第四章 女性総合職の諸問題----------------------------------------------------------------- 18
第一節 家庭と育児の両立----------------------------------------------------------------------------------- 18
一 女性の家庭負担---------------------------------------------------------18
二 両立困難の事例 -------------------------------------------------------19
三 育児休業制度の利用者状況------------------------------------------------------------------------- 20
第二節 企業風土の問題-------------------------------------------------------------------------------------- 24
一 教育訓練の問題------------------------------------------------------------------------------------------------24
二 少ない女性管理職---------------------------------------------------------------------------------------------25
三 男性優位の差別感---------------------------------------------------------------------------------------------28
第三節 その他の問題----------------------------------------------------------------------------------------- 30
一 マスコミが作った女性総合職像-------------------------------------------30
二 女性総合職に対する意識---------------------------------------------------------------------------- 31

三 女性総合職の曖昧さ-----------------------------------------------------32
四 男のように働くこと-----------------------------------------------------32
第五章 法制の改正----------------------------------------------------------------------------- 34
第一節 均等法の改正------------------------------------------------------------------------------------------- 34
一 募集・採用時の指針-----------------------------------------------------35
二 配置・昇進および教育訓練に関する法律の改正---------------------------------------------- 35
三 女性労働者に対する措置---------------------------------------------------------------------------- 36
四 ポジティブ・アクションの促進-------------------------------------------37
五 企業名の公表及び調停制度の改善-------------------------------------------- 41
六 法改正後の企業の実施状況------------------------------------------------------------------------- 42
七 今後の課題-------------------------------------------------------------48
第二節 育児・介護休業法の改正---------------------------------------------------------------------------- 48
一 育児休業制度の改正-----------------------------------------------------49
二 介護休業制度の制定-----------------------------------------------------57
三 今後の課題-------------------------------------------------------------61
第三節 労働基準法の改正------------------------------------------------------------------------------------- 62
一 時間労働の改正の内容---------------------------------------------------63
二 女性の深夜業規制の解消-------------------------------------------------65
三 改正労働基準法の問題---------------------------------------------------69
第四節 企業における女性社員の活用---------------------------------------------------------------------- 70
一 企業にとっての両立支援策の意義及び影響---------------------------------------------------- 70
二 会社事例一 花王-------------------------------------------------------------------------------------- 73
三 会社事例二 NEC(日本電気)------------------------------------------------------------------- 76
四 会社事例三 エトワール海渡---------------------------------------------------------------------- 78
五 会社事例四 オリックス---------------------------------------------------------------------------- 80
六 事例に見る女性社員の処遇と活用---------------------------------------------------------------- 82
第五章 結論-------------------------------------------------------------------------------------- 85

第一節 本論分の要約-----------------------------------------------------------85
第二節 今後の課題-------------------------------------------------------------86
参考文献--------------------------------------------------------------------------------------------- 88
付録--------------------------------------------------------------------------------------------------- 92

図表目録
表2-1 総合職に占める女性割合 6
表2-2 総合職の受験者に占める採用者の割合 7
表2-3 採用者に占める女性割合 7
表2-4 平成8年度採用総合職の10年後の最高役職位 8
表2-5 平成8年度採用総合職女性の在籍している企業割合 8
図2-6 総合職を選択した理由 10
図2-7 総合職で働く理由 10
図2-8 仕事の満足度 11
表2-9 現在の仕事の満足の度合別総合職女性の割合 12
表2-10 産業別・規模別現在または将来の状況別割合 13
図2-11 仕事の継続に必要なこと 14
表2-12 コース別雇用管理制度導入時期 15
図2-13 男女別非正規従業者の割合の推移 17
図2-14 企業当たりの新規学卒女性総合職の採用数の変化 17
図3-1 障害の理由 18
図3-2 育児の夫婦負担の割合 19
図3-3 男女別育児休業取得者割合 21
図3-5 育児休業制度の利用可否の認識 22
図3-6 産後8週間は男性も必ず育児休業が取得できることに対する認知 23
図3-4 育児休業に対する職場の雰囲気 23
図3-9 過去3年間の配置転換の種類、配置転換の実施状況別企業割合 25
図3-10 産業・規模・役職別管理職に占める女性割合 26
図3-11 役所職別管理職に占める女性の割合の推移 26
図3-12 女性管理職が少ない又は全くいない理由別企業割合 27
図3-13 女性の活躍を推進する上での問題点別企業割合 28
図3-7職階別同期男性総合職との人事管理上の差 29
図3-8 職階別差別を感ずる項目別状況 29
図4-1 ポジティブ・アクションに取り組まない理由別企業割合 39
図4-2 ポジティブ・アクションを推進することが必要な理由及び効果があった事項別企業割合40
図4-3 ポジティブ・アクションに既に取り組んでいる企業における取組事項別企業割合 41
図4-4 採用区分・採用状況別企業割合 43
図4-5 産業別コース別雇用管理制度あり企業割合 44
図4-6 企業規模別コース別雇用管理制度あり企業割合の推移 44
図4-7コース別業務内容別採用状況の推移 45
図4-8 部門、配置状況別企業割合 46
図4-9 女性の役職者がいる企業割合の推移 47
図4-10 男女雇用機会均等法の与えた影響の内容 48
図4-11 育児のための勤務時間等の制度の有無・措置の種類別事業所割合 54
図4-12 育児ための勤務時間短縮等の措置の制度の利用可能期間 55
図4-13 男女・育児のための勤務時間短縮等の措置の制度の種類別育児休業復職者に占める利用者割合 55
図4-14 介護休業制度の規定あり事業所割合の推移 58
図4-15 事業所規模別最長介護休業期間の規定状況 59
図4-16 事業所規模、介護休業取得回数の制限の有無・取得可能回数別事業所の割合 60
図4-17 男女別常用労働者に占める介護休業取得者割合 60
表4-18 時間外労働の目安時間 63
表4-19 改正前の女性労働者の労働時間・休日労働の規制内容 64
図4-20 女性活用の問題点別企業割合 66
表4-21 産業・規模・女性保護規定の解消に伴う女性雇用管理の変化の考え方別企業割合 67
図4-22 女性活用の問題点別企業割合 68
図4-23 女性の時間外労働・休日労働・深夜業の規制の解消に伴い女性雇用管理の変化 69
図4-24 女性社員の能力発揮の促進の効果 71
図4-25 効果の内容 71
図4-26 女性社員の基幹化と経営パフォーマンスとの関係 72
図4-27 女性活用の取組と経営パフォーマンスとの関係 73

參考文獻 参考文献(年代順)
一、専門書
1. George H.Litwin & Robert A.Stringer,Jr.共著 井尻昭夫訳『日本の経営風土』(白桃書房 1974)
2.津田真澂  『日本的経営の論理』  (中央経済社 1977)
3.岩田竜子  『日本的経営の編成原理』 (文真堂 1977)
4.占部都美 『日本的経営を考える』 (中央経済社 1978)
5.日本経営学会 編 『日本的経営の諸問題』  (千倉書房 1978)
6.小野 豊明 『日本的経営と活力の源泉』  (マネジメント社 1983)
7.占部都美 『日本的経営は進化する』 (中央経済社 1984)
8.脇坂 明 『会社型女性―昇進のネックとライフコース』 (同文館 1990)
9.脇坂 明 『職場類型と女性のキャリア形成』  (御茶の水書房 1993)
10.秋葉ふきこ 『彼女が総合職を辞めた理由』 (WAVE出版社 1993)
11.ワーキング・ウーマン研究所総合職研究会 編『こんなはずじゃなかったー女性総合職300人の体験手記』(日本生産性本部 1993)
12.高橋伸夫 『日本組織文化の経営学』  (中央経済社 1996)
13.篠塚英子「アンペイド・ワークの議論と女性労働」中馬宏之・駿河輝和 編『雇用慣行の変化と女性労働』(日本東京大学出版会 1997)
14.脇坂明 「コース別人事制度と女性労働」中馬宏之・駿河輝和 編『雇用慣行の変化と女性労働』(日本東京大学出版会 1997)
15.市川幸子・芝原脩次『均等法新時代・女性社員の活用事例集』  (社会経済生産性本部 1997)
16.安藤幸子『改正男女雇用機会均等法による女性社員の能力活用法』  (中央経済社 1998)
17.熊沢 誠 『女性労働と企業社会』  (岩波書店 2000)
18.国立社会保障・人口問題研究所『少子社会の子育て支援』 (財団法人東京大学出版会 2002)
19.労働調査会『わかりやすい育児休業制度の実務』  (労働調査会 2002)
20.日本経済新聞生活情報部『できれば幸せに働きたい』  (日本経済新聞社 2003)
21.佐藤博樹・武石恵美子 『男性の育児休業』  (中央公論新社 2004)
22.大内章子 「大卒女性ホワイトカラーのキャリア形成と雇用管理:総合職・基幹職追跡調査を中心として」 (『日本労働研究雑誌』 2005)
23.武石恵美子『雇用システムと女性のキャリア』 (勁草書房 2006)

二、新聞部
「『育児休業法』施行1年」『毎日新聞』1993年04月13日
「家庭重視 『在宅勤務で共に過ごす』が目標」『毎日新聞』1993年07月14日
「管理者の意識調査 建前/本音『毎日新聞』1994年08月20日
「人生いろいろ家族もいろいろ」『毎日新聞』1996年10月09日
「独身男女20代調査 出産・育児は共同 男性の9割が『協力』1998年08月04日
「男性の育児参加 積極さアップ 神戸親和女子大・寺見教授ら調査」『毎日新聞』2000年08月29日
「少子化対策 育児支援企業にも有益」『毎日新聞』2001年01月30日
「仕事と子育て、勤務柔軟化を 内閣府意見公募」『毎日新聞』2001年03月18日
「女性の登用拡大 実力の出せる環境整備」『毎日新聞』2001年06月18日
「国民生活白書 少子化解消、具体策なし 政府の認識の甘さ否めず」『毎日新聞』2002年03月26日
「ハードル多い夫の育児休暇」『毎日新聞』2002年07月25日
「女性の立場から 育児にまだ厚い『壁』」『毎日新聞』2003年03月13日
「出生率最低 多様な対策にも成果未知数」『毎日新聞』2003年06月06日
「育児休業...夫もつらいよ」『毎日新聞』2004年01月07日
「世界の少子化対策“実利”アピール懸命」『毎日新聞』2004年10月02日
「育児休暇で『厚生』保険料免除」『毎日新聞』2004年11月25日
「均等法20年/1 休暇、逆に取りづらく」『毎日新聞』2006年11月06日
「働きやすいって本当?――企業は育児両立支援アピール、女子学生は『外見』より利用実績見極め」『日本経済新聞』2006年11月07日

三、インターネット

内閣府ホームページ http://www.cao.go.jp/ 
厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/
国立社会保障・人口問題研究所ホームページ http://www.ipss.go.jp/
総務省ホームページ http://www.soumu.go.jp/
21世紀職業財団 ホームページ http://www.jiwe.or.jp/
日本経済団体連合会ホームページ http://www.keidanren.or.jp/indexj.html
女性と仕事の未来館ホームページ http://www.miraikan.go.jp/
財団法人こども未来財団ホームページ http://www.kodomomiraizaidan.or.jp/
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2007-07-23公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2007-07-23起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信