淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-1802201314262500
中文論文名稱 戰後台灣鐵路管理局員工訓練所所內其使用語言之分析 -經由「本局員工訓練所移交資料」之轉寫研究-
英文論文名稱 The findings from the language of Taiwan Railways Administration Employee Training Center in postwar Taiwan: The research of transliteration for the handoff data from Taiwan Railways Administration Employee Training Center
第三語言論文名稱 戦後における台湾鉄道管理局員工訓練所の使用言語への分析 -「本局員工訓練所移交資料」の翻字研究を通して-
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本語文學系碩士班
系所名稱(英) Department of Japanese
學年度 101
學期 1
出版年 102
研究生中文姓名 吳曉昇
研究生英文姓名 Hsiao-Sheng Wu
學號 698100012
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2013-01-11
論文頁數 347頁
口試委員 指導教授-落合由治
委員-王世和
委員-林青樺
中文關鍵字 鐵路  轉寫  表記  語言狀況  戰後台灣 
英文關鍵字 Taiwan Railway  ransliteration  languages  postwar Taiwan 
第三語言關鍵字 鉄道  翻字  表記  言語実態  戦後の台湾 
學科別分類
中文摘要 台灣的鐵路建設從清末到日治,從日治到民國橫跨三個世代,鐵路建設影響台灣社會深遠,一舉一動接影響台灣社會的發展。尤其是日治時期的鐵路建設,更是台灣社會近代化的一大契機。
而鐵路的建設,與鐵路從業人員所接受的教育以及用語密不可分,然而一直以來台灣有關交通建設的研究,多偏重於交通建設所帶來的影響,以及經濟發展,對鐵路從業人員的教育少有著墨,而對於從業人員的語言使用的相關論文更是付之闕如。
戰後的台灣處於一個語言過渡期,中國政府所推動的國語、日治時期所教育的日語、台灣當地所使用的台語,這些語言不僅是影響了從業人員,也刻劃出戰後台灣鐵路現場所呈現的溝通情形。
因此,本論文以鐵路教育機構「台灣鐵路管理局員工訓練所」所編撰的「本局員工訓練所移交資料」為研究對象,探討台灣戰後鐵路現場所使用的語言情形。「本局員工訓練所移交資料」不僅是戰後初期台灣鐵路管理局碩果僅存的珍貴史料,也是當年鐵路從業人員親手撰寫的第一手資料,透過此書我們可以一窺當年鐵路現場的語言使用情形。
「本局員工訓練所移交資料」雖是反映戰後初期鐵路現場語言使用情形的第一手資料,然而由資料年久失修,保存不易,再加上由人手書而成,在閱讀調查方面,造成極大個困難,因此本研究就透過轉寫,將本筆資料轉寫成電子檔,考察資料上所有的語言、表格、印章等表記符號,分析戰後台灣初期在「台灣鐵路管理局員工訓練所」所使用之語言狀況。
英文摘要 Account to past researches, most scholars agreed that Taiwan railway service started from Late Ch’ing Dynasty to ROC which was established in 1911. The period of the Japanese ruled Taiwan played the key role of the development of Taiwan Railway and Taiwan modernization.

The construction of railway was connected with the education and languages of the railroader. However, most researches in Taiwan focused on the impact of transportation on Taiwan. Only few researches or papers made a study of the railway education and languages. The Japanese and Chinese influenced not only the railroader but also the way of their communication in Taiwan after war.

Thus, this dissertation was based onthe handoff data from Taiwan Railways Administration Employee Training Center from the education institution Taiwan Railways Administration Employee Training Center and studied at the language and the way of communication for the railroader. The handoff data from Taiwan Railways Administration Employee Training Center is not only the most precious historical data but also the first-hand data from the railroader when the Japanese ruled Taiwan. Through these data, we can know how they communicated at work.
Although the handoff data from Taiwan Railways Administration Employee Training Center is the first hand data, the data was hard to keep due to hand writing. The dissertation comprised the data by scanning and converting into electronic files and studied all languages, from, seals and signals from the data to analyze the way of using the way of using the language in Taiwan Railways Administration Employee Training Center in Taiwan after war.
第三語言摘要 台湾の鉄道建設は清朝末期の19世紀後半から建設が始まった。清国から日本統治時期に、さらに日本統治時期から中華民国まで、長い歴史を渡った。鉄道の建設は台湾の近代化を促進する不可欠の要素だったといえる。特に日本領台の50年は、台湾の鉄道網形成にとって一大重要な時期であった。
鉄道建設には鉄道の従事員の教育と関係深いである。台湾鉄道の研究では、今まで工程技術と交通運輸の社会機能の両方のほうが重視されている。それと比べて、台湾鉄道現場の言語面についての研究は乏しく、まだ足りないと思われる。本研究ではこうした状況に対して、「本局員工訓練所移交資料」を通して、政権交代期における、鉄道現場である「台灣鐵路管理局訓練所」での言語使用状況を解明しようと思ったのが本研究の研究動機である。
「本局員工訓練所移交資料」は訓練所所長交代の際に、新任の所長が訓練所の所属物を査収するために中国語で書かれた正式的な公文書である。しかし、その中に、中国語、日本語、英語、三つの言語が出てきた。三言語の出現は戦後初期の台湾鉄道現場の使用言語が一定しなかったとことが分かった。では、戦後初期における言語転換期には、台湾人の鉄道員、日本人の後を受けて鉄路管理局の高級官僚になった中国からの官員、彼らがいた戦後初期の鉄道現場はどのような言語状況を示していたのか、筆者には興味深い問題である。
「本局員工訓練所移交資料」は主に中国語で、公文紙に雑乱に書写されているものである。そのため、その資料を研究で取り扱うために、ワープロ字ですべて表記することを考慮する必要がある。本稿は「国家檔案管理局」が所蔵している「本局員工訓練所移交資料」 という一次資料の判読、翻字によって戦後初期の台湾鉄道の言語使用状況の把握を目的として、研究を行ったものである。
論文目次 目  次
1 序論 1
1.1 研究動機 1
1.2 研究目的 2
1.3 研究対象 4
1.4 本研究の構成 4
2 資料の特徴と分析方法の探究 5
2.1 戦後三年後の「台湾鉄道管理局員工訓練所」の実態 5
2.2 「本局員工訓練所移交資料」の紹介 13
2.3 資料分析の方法 15
3 資料における翻字の整理とその分類 20
3.1 翻字の方法 20
3.2 表記の分類 25
3.3 表記の違い 32
4. 「本局員工訓練所移交資料」の紹介 41
4.1 「本局員工訓練所移交資料」の印鑑、指令書 41
4.2 「本局員工訓練所移交資料」の書式 43
4.3 「本局員工訓練所移交資料」における公文の種類と発送機関 50
4.4 「本局員工訓練所移交資料」における財産類の紹介 63
4.5 「本局員工訓練所移交資料」に人事資料の紹介 73
5. 「台湾鉄道管理局員工訓練所」の使用言語への分析 79
5.1 「台湾鉄道管理局員工訓練所」の各言語の使用状況 79
5.2 「本局員工訓練所移交資料」における公文の使用状況 89
5.3 台湾鉄道管理局員工訓練所の言語実態 92
6. 結論 97
6.1 結論 97
6.2 研究価値および今後の課題 101
参考文献(著作年代順) 100
付録 翻字資料 103
付録 翻字資料原典「本局員工訓練所移交資料」 226

表の目次
表 1 授業時間割 ............................................................................................................... 9
表 2 各科目の授業時間 ................................................................................................. 10
表 3 各班の募集資格 ..................................................................................................... 10
表 4 「本局員工訓練所移交資料」にある各冊の内容 ............................................. 15
表 5 「本局員工訓練所移交資料」の項目 ................................................................. 16
表 6 【図2 の文字化】 ................................................................................................. 18
表 7 原稿の書き方と本稿の書き方 ............................................................................. 20
表 8 原稿と本稿の専門用語の書き方 ......................................................................... 21
表 9 原稿と本稿の修正 ................................................................................................. 21
表 10 原稿と本稿のワープロ字 ................................................................................... 21
表 11 異体字の例 ........................................................................................................... 22
表 12 外字入力した異体字の例 ................................................................................... 23
表 13 原稿と本稿の判断できない字 ........................................................................... 23
表 14 原稿と本稿の表 ................................................................................................... 24
表 15 原稿と本稿の印鑑 ............................................................................................... 25
表 16 「本局員工訓練所移交資料」で使われている文の種類 ............................... 26
表 17 「本局員工訓練所移交資料」で使われた表の種類 ....................................... 27
表 18 「本局員工訓練所移交資料」に載せられた機関用印鑑の種類1 ................ 28
表 19 「本局員工訓練所移交資料」に載せられた機関用印鑑の種類2 ................ 29
表 20 「本局員工訓練所移交資料」に載せられた機関用印鑑3 ............................ 29
表 21 「本局員工訓練所移交資料」に載せられた個人用印鑑 ............................... 30
表 22 「本局員工訓練所移交資料」の表記の種類 ................................................... 30
表 23 表記である表四の対照 ....................................................................................... 36
表 24 第2 項の指令書の紹介 ....................................................................................... 41
表 25 「本局員工訓練所移交資料」の目次1 ............................................................ 45
表 26 「本局員工訓練所移交資料」の目次2 ............................................................ 46
表 27 公文書の書式 ....................................................................................................... 48
表 28 1946 年における員工訓練所への公文書の目録の紹介 .................................. 50
表 29 1946 年における員工訓練所に公文を発送する機関と公文の件数 .............. 52
表 30 1946 年における員工訓練所の公文書の種類 .................................................. 53
表 31 1947 年における員工訓練所への公文書の目録の紹介 .................................. 53
表 32 1947 年における員工訓練所に公文を発送する機関と公文の件数 .............. 57
表 33 1947 年における員工訓練所の公文書の分類 .................................................. 58
表 34 1948 年における員工訓練所への公文書の目録の紹介 .................................. 59
表 35 1948 年における員工訓練所に公文を発送する機関と公文の件数 .............. 60
表 36 1948 年における員工訓練所の公文書の分類 .................................................. 62
表 37 「本局員工訓練所移交資料」における財産の紹介 ....................................... 63
表 38 「本局員工訓練所移交資料」における財産の解説 ....................................... 65
表 39「本局員工訓練所移交資料」における蔵書の紹介 ........................................... 70
表 40 「台灣鐵路管理局員工訓練所」の職員名簿の紹介 ....................................... 73
表 41 「台灣鐵路管理局員工訓練所」の在学生名簿の紹介 ................................... 76
表 42「台灣鐵路管理局員工訓練所」の現金の交代の紹介 ....................................... 77
表 43「本局員工訓練所移交資料」における異体字 ................................................... 80
表 44「本局員工訓練所移交資料」における標準字と異体字の使用回数の比較表 83
表 45「本局員工訓練所移交資料」における異なる異体字で表記される標準の字
体 ................................................................................................................................ 85
表 46「本局員工訓練所移交資料」における誤用文 ................................................... 86
表 47 「本局員工訓練所移交資料」における日本語の可能性が高い言葉の一覧
表 ................................................................................................................................ 87
表 48 日本語の漢字に似ている文字 ........................................................................... 88
表 49 「本局員工訓練所移交資料」における英語で書いた器具 ........................... 88
表 50 「本局員工訓練所移交資料」における公文用語 ........................................... 90
表 51 「本局員工訓練所移交資料」における国語に関する公文 ........................... 93

図の目次
図 1 「臺灣総督府鐵道従事員教習所規定及細則」 ................................................... 7
図 2 「本局員工訓練所移交資料」の原稿 ................................................................. 17
図 3(「本局員工訓練所移交資料」の最後ページ) ................................................... 34
図 4 1946 年から1948 年まで員工訓練所に公文を発送する前三位の機関の統計
表 ................................................................................................................................ 61
図 5 1946 年から1948 年まで使用件数が前三位の公文書の統計表 ...................... 62
図 6「本会員工訓練所規程暨細則」と職員名簿を合わせて作った組織図 ............. 74
図 7「本会員工訓練所規程暨細則」による組織図 ..................................................... 75
図 8「本会員工訓練所規程暨細則」(修正案)による組織図 ................................... 76
図 9 台湾鉄道管理局員工訓練所の言語実態 ............................................................. 95
參考文獻 参考文献(著作年代順)

1. 鐵道圖書局編 (1925)『英和對譯鐵道用語辭典』鐵道圖書局
2. 大阪鉄道局(1936)『鉄道用語辞典』博文社
3. 現代鉄路雑誌(1945)『現代鉄路』現代鉄路雑誌 第1卷
4. 呉濁流「日文廃止に対する意見」(1946)『新新』第七期 新新月報社
5. 国家檔案管理局「本會員工訓練所規程暨細則」(1946)檔號:0035/012.7/01
6. 台湾省行政長官公交通処 編『台湾一年来之交通』(1946)台湾省行政長官公交通処
7. 國家檔案管理局(1948)「本局員工訓練所移交清冊」國家檔案管理局 檔號:0037/169/01
8. 台湾鉄路管理局編(1959)『十年來台灣鐵路』台湾鉄路管理局
9. 侯勁夫(1961)『新公文程式大全』台灣力行書局
10. 夏天(1995)『公文指引』保成文化出版公司
11. 高成鳳 (1999)『植民地鉄道と民衆生活―朝鮮・台湾・中国東北』法政大学出版局
12. 劉文駿、王威傑、楊森豪(2003)『百年臺灣鐵道』果実出版
13. 陳奇祿(2003)『從帝大到臺大』台湾大学
14. 蔡龍保(2007)『推動時代的巨輪-日治中期的臺灣國有鐵路』臺灣書房有限公司
15. 莊建華(2007)『戦後初期臺灣鐵路事業之研究』國立中央大學歴史研究所修士論文
16. 岩波書店『広辞苑』(第六版)(2008)岩波書店
17. 檔案管理局(2009)『鐵道探源-鐵路歴史之旅』檔案管理局
18. 戴震予(2010)『一看就懂鐵道百科-臺灣鐵道完全揭密』遠足文化事業股份有限公司
19. 温文佑(2010)『戦後後臺灣史之研究』國立政治大學臺灣史研究所修士論文
20. 教育部異体字辞典:http://dict.variants.moe.edu.tw/main.htm
21. 再編教育部国語辞典(修訂本)http://dict.revised.moe.edu.tw/
22. 『百科事典マイペディア』http://kotobank.jp/dictionary/mypedia/
23. 『世界大百科事典 第2版』http://kotobank.jp/dictionary/sekaidaihyakka/
24. デジタル大辞泉 http://kotobank.jp/dictionary/daijisen/
25. 『機械工学英和和英辞典』http://ejje.weblio.jp/category/kkkge
26. 『研究社 新英和中辞典』http://ejje.weblio.jp/category/kenej/a
27. 建築用語.net  http://www.architectjiten.net/
28. 和英日本標準商品分類 http://ejje.weblio.jp/category/wnhsb
29. マイクロソフト用語集 http://ejje.weblio.jp/category/mcrsy
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2013-02-21公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2013-02-21起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信