淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-1802201116333100
中文論文名稱 日本家電量販業界之經營策略-以山田電機為中心-
英文論文名稱 The Management Strategy of the Japanese Volume Home-Appliance Retailers : A case Study of YAMADA DENKI
第三語言論文名稱 日本家電量販業界の経営戦略-ヤマダ電機を中心に-
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本研究所碩士班
系所名稱(英) Graduate Institute of Japanese Studies
學年度 99
學期 1
出版年 100
研究生中文姓名 張俊逸
研究生英文姓名 Chen-I Chang
學號 697300258
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2011-01-12
論文頁數 105頁
口試委員 指導教授-蔡錫勲
委員-劉慶瑞
委員-任耀廷
委員-蔡錫勲
中文關鍵字 家電流通  家電量販店  價格競爭  山田電機  寡占化 
英文關鍵字 Electronics retailers  Volume home-appliance retailers;price competition  YAMAD DENKI  oligopoly 
第三語言關鍵字 家電流通  家電量販店  価格競爭  ヤマダ電機  寡占化 
學科別分類 學科別社會科學區域研究
中文摘要 「家電量販店」凌駕過去的「街上的電器店」,完全將其取代成為家電販售的主角,在6兆日圓的市場中,家電量販店的前五名約佔據了全市場的六成,是個寡占化的業界。身為龍頭的「山田電機」在2004年達到了一兆日圓的營業額。其後以一年約50間的驚人速度擴張店面,保持營業額首位。到了現在2010年更達到了2兆日圓的營業額。
  山田電機最有名的就是其「便宜販賣」的方式。換言之就是價格競爭。價格競爭也就是透過降低成本來反應在價錢上並回饋給消費者,因此山田電機的所有策略都是從降低成本出發,店舖策略為鄉村包圍城市,從郊外開始往都市進軍,透過不斷的物流及資訊情報改革來提高效率降低物流成本。從山田電機的例子也可以觀察到,價格競爭可說是取得市佔率最有效的策略。也是打擊競爭對手的有力武器。透過低價競爭→市場取得→採購力提升→更低價採購的模式不斷地成長,然後再透過合併的方式來擴大規模。
低價競爭可說是雙面刃的策略,雖然可以快速提高市佔率,但為了持續的獲利及成長,降低人事成本也成為不得不考慮的問題。零售業最大的成本之一就是人事費用,但在家電販售模式裡,專業的店員可以說是企業的形象代表。若是為了降低人事成本而忽略了服務品質,短期內或許可用其成長速度來掩飾其損失。因此,目前的山田電機採取進軍海外和擴張經營業界的策略來支撐其成長。但長期來看,尤其在家電數位化和高齡化的日本社會,越來越注重顧客服務的要求。若是失去了顧客的信賴及期待,對企業的長遠經營來說是一個值得深思的問題。
英文摘要 The " Japanese volume home-appliance retailers " completely replace the "electronic store on the street" as the leading home appliances industry. Therefore, The top 5 company of Elec- tronics retailers almost get the 60% of the 6 trillion yen in a oligopoly market of the home-ap- pliances industry market. The leader of electronics retailers, YAMADA DENKI, was having a business volume of a trillion yen in 2004. After all, it has been expanding at the rate of 50 new stores every year, keeping on the top of the business volume. YAMADA DENKI gets the business volume of 2 trillion yen in this year 2010.
YAMADA DENKI is famous for the its discount sale way. In other words, it is also called the price competition. The price competition is to lower the costs and to make the price lower for feedbacks to consumers. So, YAMADA DENKI makes its all of the strategies from the lowered costs. The store strategies are encircling the cities from the rural areas, from the countries to the cities, and it lowers the cost by the continuing delivery and the revolution of information.The price competition is the most effective way to get the market share by the example of YAMADA DENKI, and it is a strong hit to against other competitors. Keep Growing by the mode of "low price competition → getting the market share → purchasing rising → the much lower competition", then YAMADA DENKI merges the others to expand its scale.
The low price competition is also like a knife, that may either get the market share quickly or the personnel cost by lowered cost for the long-enduring profit. The biggest cost of retailers are the personnel costs, but the professional clerks are the corporate image of the electronic retailers. If the retailer lowered the personnel costs, the serving quality would be getting bad.
However, the retailer maybe uses the growing to cover the lost in the short-term.Above all, YAMADA DENKI takes the strategies of entering overseas and expanding stores areas for holding its growing profit. But in the long-term,
especially it becomes to digitize home applia- nces and aging society in Japan, consumers are request the service as well as they should have. It would be thinking over carefully for the long-term business for a corporate, if the retailer lost the consumers' tr- ust and expecting.
第三語言摘要 かつての「町の電気屋さん」を凌駕し、完全に家電販売の主役の座を奪った「家電量販店」は6兆円といわれる家電流通市場において、家電量販店の前五社はその約6割がの扱いとなって寡占化という業界である。その筆頭が「ヤマダ電機」で、2004年には国内の専門小売店としては初となる年商1兆円を達成した。その後も年間約50店舗のハイスピードで出店し、売上高トップを独走している。2010年現在は2兆円まで達成する。
ヤマダ電機は一番有名な戦略は「安売り」である。つまり、価格競争ということである。価格競争はコストダウンによる値引きで消費者に返すということである。そのゆえで、ヤマダ電機はローコスト経営を基礎経営理念として他の経営戦略を生み出す。店舗では郊外から都市へ。そして、物流と情報システムで続きの改革を通じて効率がよくになって物流コストを下がる。
ヤマダ電機の例でみれば、価格競争は市場シェアを取る有効な方法でわがる。価格競争も競争ライバルを打撃するのいい武器となる。この安売り→市場シェア→バイイングパワーを強く→もっと仕入れ価格を下がる というやり方で成長して、次にM&Aの方式で規模を拡大する。   
しかし、安売り競争は裏面もある。市場シェアを速い高くなっていくが、持続的な成長と利益をとるため、人事コストの削減も考えなければならないことである。小売業で高いコストのひとつは人件費である。しかし、家電販売では、プロの店員さんは会社のイメージ代表といえる。もしコストダウンのため人件費の削減して、サービスの品質を下がる。短期間では成長のスピードでその損失をカーバーする。このゆえに、今のヤマダ電機は海外の進出と経営業界の拡張などの戦略で成長力を支える。しかし、長期でみれば、電化製品のデジタル化と高齢化の日本社会ではもっと顧客サービスを重視する。一旦顧客の期待と信頼を失ったら、企業の経営に対しは真剣に考えなければならない問題である。

論文目次 目次

第一章 序論............................................. 1
第一節 研究動機と目的................................... 1
第二節 研究範囲と方法................................... 3
第三節 研究内容と構成................................... 3

第二章 日家電市場の概観................................. 5
第一節 日家電市場の規模................................. 5
第二節 日本家電市場の特色............................... 7
 一 三大四小の商戦..................................... 7
 二 頻繁なモデルチェンジ............................... 9
 三 日本の消費文化とカラパゴス化....................... 9
四 上位メーカーの寡占化................................ 10
第三節 主要な家電製品各分野の現状...................... 12
一 映像関連製品........................................ 14
二 情報通信製品........................................ 18
三 白物家電製品........................................ 19
四 季節家電製品........................................ 20
五 理美容、健康関連製品................................ 20

第三章 家電量販店の戦略分析.............................23
第一節 基本の競争戦略...................................23
 一 ファイブフォース分析.............................. 23
 二 3つの基本戦略......................................27
第二節 価格競争........................................ 29
 一 ゲーム理論の概要.................................. 30
 二 囚人のジレンマ.................................... 31
 三 家電量販店の価格競争ゲーム........................ 33
第三節 アンゾフの成長マトリックス...................... 40

第四章 日本家電流通業界の紹介...........................43
第一節 家電販売ルートの紹介............................ 43
一 メーカー系列店...................................... 43
二 家電量販店.......................................... 44
三 GMS................................................. 46
四 ディスカウンター.................................... 46
五 通信販売............................................ 47
第二節 家電流通の歴史と変遷............................ 48
一 メーカー系列店から家電量販店へ .................... 48
二 日本大型電気店連合会(NEBA)........................ 50
第三節 日本家電量販業界の再編 ......................... 52
一 家電量販店業界の寡占化............................ 53
 二 M&Aで規模拡大......................................56
第四節 日本家電業界の販売政策.......................... 58
一 ダイエーと松下の“30年戦争” ..................... 58
二 取引価格の仕組み.................................... 59
三 メーカーからのリベートと協賛金...................... 60
四 ヘルパー派遣........................................ 65
五 ポイント制度........................................ 67

第五章 ヤマダ電機の急成長.............................. 73
第一節 ヤマダ電機の起源と発展.......................... 73
 一 創業期............................................ 73
 二 転換期............................................ 74
 三 成長期............................................ 75
 四 拡張期............................................ 77
第二節 ヤマダのコスト経営戦略.......................... 78
 一 店舗戦略.......................................... 78
 二 人事戦略.......................................... 80
 三 物流戦略.......................................... 82
第三節 主要競争他社の概要.............................. 86
一 エディオン.......................................... 86
二 ヨドバシカメラ...................................... 88
三 ケーズホールディングス.............................. 89
四 ビックカメラ........................................ 90
五 コジマ.............................................. 91

第六章 結論.............................................93
第一節 ヤマダ電機の成功と行方.......................... 93
一 ヤマダ電機の成功.................................... 93
二 ヤマダ電機の行方.................................... 93
第二節 激しい価格競争の背景とデメリット................ 95
一 家電流通と需給バランスのパワーシフト................ 95
二 デフレと価格競争.................................... 95
第三節 家電量販店の影響と行方.......................... 97
一 家電メーカーへの影響................................ 97
二 家電流通への影響.................................... 97

参考文献................................................ 99
図目次

図1-1-1 日本主要耐久消費財の普及率..................... 2
図2-1-1 家電量販店業界の業界規模の推移................. 6
図2-2-1 2009年DVDプレーヤーメーカー別数量構成比....... 11
図2-3-1 2009家電量販店金額前年比....................... 13
図2-3-2 主要デジタル製品平均単価下落率推移............. 15
図2-3-3 パソコン市場規模の台数推移..................... 18
図3-1-1 家電量販業のファイブフォース分析............... 26
図3-1-2 3つの基本戦略................................. .29
図3-2-1 交互ゲームのツリー............................. 36
図3-2-2 A社の利得総計...................................39
図3-3-1 アンゾフの成長マトリクス....................... 41
図4-1-1 メーカー系列店の仕組み......................... 43
図4-1-2 ドン‧キホーテの売上高商品構成比............... 46
図4-2-1 家電流通チャネル別シェア....................... 49
図4-2-2 製卸販の分断の問題............................. 50
図4-3-1 家電量販店業界の推移........................... 55
図4-3-2 若年人口と中高年人口の推移..................... 56
図4-3-3 家電量販業界再編マップ......................... 57
図4-4-1 粗利補填リベートのしくみ....................... 62
図4-4-2 四つのリベートとチャネル別の支出割............. 64
図4-4-3 家電量販店における「違法派遣」の構造........... 66
図4-4-4 「あなたが持っているポイントカードやスタンプカードの中で、実際に活用しているものは、どのような業種のお店のカードですか?」............................................ 68
図4-4-5 ヤマダポイントの提携先......................... 71
図5-1-1 YKKの立地...................................... 76
図5-2-1 2003年度人件費率............................... 81
図5-2-1 ヤマダ電機の物流改革........................... 83

表目次

表2-1-1 日本の小売企業売上高ランキング.................. 7
表2-3-1 デジタルオーディオプレーヤーから事業撤退の日本企業...................................................... 17
表3-2-1 囚人のジレンマ................................. 32
表3-2-2 支配戦略あるゲーム............................. 34
表3-2-3 支配戦略がないゲーム........................... 35
表3-2-4 繰り返しゲーム................................. 38
表4-1-3 BtoC EC(消費者向け電子商取引)市場規模について..47
表4-3-1 2000年家電量販店売上高ランキング............... 53
表4-3-2 2004、2010年度家電量販店売上高ランキングとシェア.......................................................54
表4-3-3 ヤマダ電機のM&A............................. ...57
表4-4-1 取引価格決定のプロセス..........................60
表4-4-2 協賛金支出例....................................63
表4-4-3 協賛金支出実績..................................63
表4-4-4 派遣基準例..................................... 66
表4-4-5 ヘルパー派遣比率................................67
表5-1-1 ヤマダ電機の発展............................... 77
表5-2-1 ヤマダ電機の資金調達........................... 85


參考文獻 参考文献

単行本 
逢沢明 (2006)『ゲーム理論トレーニング : あなたの頭を「勝負頭脳」に切り換える』かんき出版。
石倉洋子(2009)『戦略シフト』東洋経済新報社。
石倉洋子(2002)『戦略経営論』東洋経済新報社。
恩蔵直人(2007)『コモディティ化市場のマーケティング理論』有斐閣。
梶井厚志(2002)『戦略的思考の技術─ゲーム理論を実践する』中央公論新社。
月泉博(2007)『「流通戦略」の新常識』PHPビジネス新書。
清水武治(2007)『ポケット図解ゲーム理論のポイントがわかる本』秀和システム。
立石康則(2008)『ヤマダ電機の品格~NO.1企業の激安哲学』講談社。
田川克己(2008)『ヤマダ電機「激安戦略」勝利のシナリオ』ぱる出版。
得平司(2010)『最新家電量販業界の動向とカラクリがよ~くわかる』秀和システム。
中嶋嘉孝(2008)『家電流通の構造変化─メーカーから家電量販店へのパワーシフト─』専修大学出版局。
日本経済新聞社(2010)『日経業界地図2011年版』日本経済新聞出版社。
ヘルマン・サイモン、ロバート・J・ドーラン(2002)『価格戦略論』ダイヤモンド社。
町田守弘(2009)『アリが巨象に勝つサスティナブル経営戦略 : アメリカ流通業の最前線』 星雲社。
山名一郎(2005)『よくわかる家電量販店業』日本実業出版社。
吉本佳生(2008)『クルマは家電量販店で買え』ダイヤモンド社。
吉川尚宏(2010)『価格戦略入門』ダイヤモンド社。
中国語
致良日語工作室編譯 (1998) 『日本タテヨコ』致良出版社。
新聞‧報告書など
「家電製品の流通実態に関する調査報告書─適正取引への課題─」公正取引委員会務総局2004年9月
経済産業省(2008)「平成20年度我が国のIT利活用に関する調査研究」
西沢亮(2006)「偽装請負、多重派遣、家電量販店の違法「ヘルパー」たち」『人材ビジネス』vol.244、10-11頁
鈴木孝之「ヤマダ電機の経営革新を紐解く」『月刊ロジスティクス・ビジネス』2005年7月号、52-59頁
インターネット
「アンゾフの成長マトリックス」
http://www.innovetica.com/resource_03.html(2010年10月30日アクセス)
「今や流通ナンバー3、家電王者・ヤマダ電機が成長へ“奇策”《特集・流通大乱》http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/e0e09f0ad5909ee4a20b769829426eac/(2010年9月20日アクセス)
「家電量販店発行クレジットカードを比較してみました」
  http://carda.jp/blog/?p=281 (2010年10月20日アクセス)
「寡占対決を制する市場パワー戦略」
  http://www.jmrlsi.co.jp/menu/mnext/d02/03/nv2008_01.html(2010年7月25日ア
  クセス)
「家電量販店戦争でヤマダ電機が仕掛ける次の一手とは?」
  http://allabout.co.jp/gm/g c/313391/(2010年11月10日アクセス)
「家電量販店業界大乱」
  http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/news/071005_ryohanten/index3(201
0年10月15日アクセス)
「家電量販店大戦争!なぜそんなにM&A?」
http://ascii.jp/elem/000/000/120/120721/index-2.html(2010年10月18日アクセ ス)
「家電量販店エイデンが石丸電気吸収 エディオン、子会社再編」
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080918AT1D170DD18092008.html(2010年10月15日アクセス)
「家電業界の仁義なき戦い」http://blog.livedoor.jp/kyomasu123/archives/19565065.html(2010年12月20日アクセス)
「完全網羅! 業界MAP 【家電量販店業界編】|転職応援サイトのイーキャリア」
http://www.ecareer.ne.jp/contents/business_map/21.jsp(2010年12月20日アク セス)
「価格戦略の重要性」http://tenpower.blog134.fc2.com/?mode=m&no=8(2010年12月20日アクセス)
株式会社ドン‧キホーテ
http://www.donki.com/b/ir/graph.php#e(2010年4月18日アクセス)
企業価値検索サービスUllet http://www.ullet.com(2010年9月20日アクセス)
業界動向サーチ
http://gyokai-search.com/3-kaden-ryohan.html(2010年9月14日アク セス)
競争の基本戦略http://www.sbc-sendai.com/framework8.html(2010年7月19日アクセス)
グリーン家電普及促進事業 エコポイント事務局
http://eco-points.jp/(2010年10月18日アクセス)
「ゲーム理論と意思決定」
http://www.qmss.jp/strategy/nikkei/text.htm(2010年5月12日アクセス)
「ゲーム理論と経済学」http://www.google.com/url?sa=t&source=web&cd=1&ved=0CBYQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.econ.hit-u.ac.jp%2F~aokada%2Fessay_pdf%2Fextra%2520game%2520theory%2520and%2520economics.pdf&ei=mbMmTfm2Ao2muQOlg-3gBA&usg=AFQjCNEILgTM8i8mRKW--xxQkXl42Hi2Pw&sig2=QhPt0d1JFGt3BdRuTsPiFQ(2010年8月10日アクセス)
「ゲーム理論の歴史と現在-人間行動の解明を目指して-」
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/17003/1/070econDP07-01.pdf(2010年8月10日アクセス)
「現金値引主義」http://www.ksdenki.com/ec/inc/introduction/cash_discount.html(2010年10月19日アクセス)
「小売業は価値を創造できるのか?」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100226/213049/(2010年12月 20日アクセス)
「財務諸表から見る家電量販店業界の経営戦略分析」     
http://www.google.com/url?sa=t&source=web&cd=4&ved=0CCgQFjAD&url=http%3A%2F%2Ffseminar.com%2Fkgu%2Fmydownloads%2Bvisit.cid%2B9%2Blid%2B75.htm&ei=D40FTYOQG4HprQezz-iQDw&usg=AFQjCNGZPgUwL-vQDkeyek76_B1AOdlPBg&sig2=vsN8P-IHGUshav2TUZ9_QQ(2010年9月23日アクセス)
「商品をただ安く売る時代は終わった!」エディオン久保允誉社長インタビュー  
  http://diamond.jp/articles/-/251(2010年10月28日アクセス)
実践的用語解説http://www.educate.co.jp/2008-10-05-11-32-59/91-gamestrategy.html                    (2010年5月12日アクセス)
主要耐久消費財の世帯普及率推移
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2280.html(2010年8月29日アクセス)
「デフレスパイラル発生は時間の問題!『安売りバブル』で日本経済は沈没する」
http://news.goo.ne.jp/article/diamond/business/2010011205-diamond.html(2010年9月22日アクセス) 
「デフレ脱却へ向けた『談合』と『春闘』を!」
http://www.masakatu.net/masakatu/column.php?id=50(2010年12月20日アクセス)
「どこまでいくか、ヤマダ電機-家電流通市場の寡占化」 http://www.jmrlsi.co.jp/sc100/case/2005/yamada-1.html(2010年9月18日アクセス)
「値崩れが止まらない──年末年始で液晶テレビは15%の下落」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0902/09/news123.html(2010年5月20日アクセス)
「野村総合研究所/2014年度のポイント・マイレージ発行総額9849億円」http://www.ryutsuu.biz/topix/c041518.html(2010年10月15日アクセス)
「まだ下がる?デジカメ価格を急低下させた2つの要因とは」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20101122/1033694/?ST=yahoo_headlines&P=2(2010年11月28日アクセス)
「松下幸之助と中内功の信念|日本総研」
http://www.jri.co.jp/page.jsp?id=5932(2010年10月28日アクセス)
未来ナビ「ガラパゴス化」する日本 | 野村総合研究所
http://www.nri.co.jp/navi/2008/080213_1.html(2010年5月27日アクセス)
「メーカーの従業員派遣、ヨドバシが廃止、家電量販、慣行是正の動き」http://kindconsul.at.webry.info/200705/article_9.html(2010年11月15日アクセス)
「ビックカメラによる当社株式追加取得に伴う持分法適用会社化 」http://www.bestdenki.ne.jp/library/image/company/20081015bictsuikasyutoku.pdf(2010年10月22日アクセス)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/系列電器店(2010年3月10日アクセス)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/ディスカウントストア(2010年4月15日アクセス)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/家庭用電気機械器具(2010年5月21日アクセス)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本の地上デジタルテレビ放送(2010年10月28日 アクセス)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/家電量販店(2010年4月10日アクセス)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/通信販売(2010年4月10日アクセス)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヨドバシカメラ(2010年9月18日アクセス)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/エディオン(2010年10月25日アクセス)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/北関東YKK(2010年10月25日アクセス)
富士キメラ総研(2009)デジタルAV機器市場マーケティング調査要覧(2009年版)」
https://www.fcr.co.jp/report/091q18.htm(2010年10月28日アクセス)
「ヤマダさんはおいくら?」 家電激戦地で“値切リ体験”
  http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/22/news070_2.html(2010年8月20日アクセス)
「ヤマダVS.ヨドバシ「東京決戦」の行方」                  
http://www.jmrlsi.co.jp/menu/mnext/d02/02/economist0702.html(2010年8月13日アクセス)
「ヤマダ電機 売上高2兆円突破 家電量販店で初」http://www.yomiuri.jp/atmoney/news/20100401-OYT1T00893.htm(2010年12月1日アクセス)
「ヤマダ電機がANA提携カードを発行!家電量販店カードはどれがお得?」
  http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20091222/1030642/?ST=life&P=4(20
10年10月15日アクセス)
「ヤマダ電機 中国1号店をオープン」http://www.news24.jp/articles/2010/12/10/10172184..html(2010年12月30日アクセス)
「ヤマダ電機の経営戦略や強みなどを独自分析」
http://www.00keiei.com/kigyou-senryaku/yamada.html(2010年9月20日アクセス)
ヤマダ電機ホームページ
http://www.yamada-denki.jp/index2.html (2010年10月5日アクセス)
「ヨドバシカメラのポイントは還元率トップのクレジットカードがオトク」http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100323/1031298/?P=3(2010年10月8日アクセス)
「GfK Market Watch 2009 家電市場総括&国内流通概要」
http://www.gfkjpn.co.jp/ update_file/pdf/210.pdf(2010年12月30日アクセス)
「GfK Market Watch 2009 IT市場(パソコン、PCディスプレイ)」
http://www.gfkjpn.co.jp/update_file/pdf/212.pdf(2010年12月30日アクセス)
「GfK Market Watch 2009 AV市場(TV、DVD/Blu-ray)」
http://www.gfkjpn.co.jp/update_file/pdf/211.pdf(2010年12月30日アクセス)
BCN http://bcnranking.jp/(2010年9月11日アクセス)
OCNブリエhttp://briller.ocn.ne.jp/hakusho/archives/report/049.html(2010年10月 
14日アセスス)
「NEBA解散の行方」http://biz.bcnranking.jp/article/distribution/0505/050502_88896.html(2010年10月22日アクセス)
VIZOO http://www.visualzoo.com/(2010年8月20日アクセス)
「5Forces」http://www.sbc-sendai.com/framework3.html(2010年7月19日アクセス)
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2011-02-25公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2011-02-25起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信