淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-1407202016163800
中文論文名稱 現代怪談・靈異電影研究—以日本和臺灣的靈異電影比較為中心
英文論文名稱 A discussion of modern Supernature and Horror movies:A Comparison of Japanese and Taiwanese Horror Films
第三語言論文名稱 現代の怪奇・ホラー映画の研究―日台ホラー映画作品の比較を中心に
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本語文學系碩士班
系所名稱(英) Department of Japanese
學年度 108
學期 2
出版年 109
研究生中文姓名 張蔚瑄
研究生英文姓名 Wei-Hsuan Chang
電子信箱 a222586@gmail.com
學號 604100155
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2020-06-18
論文頁數 106頁
口試委員 指導教授-落合由治
委員-賴雲莊
委員-王嘉臨
委員-落合由治
中文關鍵字 日本怪談  臺灣怪談  靈異電影  鬼魂 
英文關鍵字 Japanese hauntings  Taiwanese hauntings  Horror movies  ghost 
第三語言關鍵字 日本怪談  台湾怪談  ホラー映画  幽霊 
學科別分類
中文摘要 本論文以怪談文學為中心,比較日本和臺灣的靈異電影,首先分析兩國的靈異電影之各場景,而後探討兩國靈異電影的相同點及相異點,及提出電影所涉及的宗教觀。
本論文共分為五個章節,首先序論為研究動機以及研究目的,接下來說明研究方法以及內容,最後詳述研究範圍及限制。第二章首先以臺灣人為中心做問卷調查,問卷內容為—對靈異電影有什麼印象,以及覺得哪種形象的「鬼魂」最可怕,接著請填寫問卷者推薦印象深刻的靈異電影,而後介紹日本及臺灣的怪談歷史。
第三章為本論文的中心,從第二章的問卷調查結果之中,選出最多回答者推薦的日本和臺灣之靈異電影,並針對電影的各個場景加以分析。日本的電影為《七夜怪談》、《咒怨》、《咒怨2》、《咒怨:終結的開始》;臺灣的電影為《詭絲》、《紅衣小女孩》、《紅衣小女孩2》。第四章則是以第三章電影分析做延伸,從中比較日本和臺灣的靈異電影之相同點及相異點,並彙整出兩國「鬼魂」的形象。
最後是結論及今後的研究課題,從日本和臺灣兩國的靈異電影的分析與比較,可看出兩國的宗教信仰以及對於死後的世界的了解都有差異。經過本論文之研究與分析,對於喜愛靈異電影,以及怪談故事的人,有更多的參考價值來選擇自己喜歡的靈異電影。
英文摘要 This thesis is attempt to explore the “Supernature”, and compared the horror movies Japan with Taiwan. First,analyzing the movies in order to find out the
differences and similarities, and also trying to discuss the religion.Three chapters will be included in the paper. The motivation and the purpose of research will be mentioned at first. In the beginning is the survey of “How do people thinking about the horror movies?” and “Which ghost is the most horrible?” In the last part is the horror movies recommended by the respondent.
The second chapter is mainly about the analysis of the horror movies. The movies chosen from the first chapter’s survey of the respondent. The Japanese movies are “Ringu”, “Ju-On: The Curse”, “Ju-On: The Curse 2”, “Ju-On: The
Beginning of the End”, and the Taiwanese movies are “Silk”, ” The Tag-Along”, ” The Tag-Along 2”.
The third chapter is the topic discussion on the second chapter, compared the Japanese horror movies with Taiwanese horror movies, told the similaity and
difference, and compiled the impression of the Ghost. In the last, concludes the research results and gets the conclusions.
第三語言摘要 本稿は怪談文学を中心に、日本と台湾のホラー映画を比較する。まずは、両国のホラー映画のシーンを各ずつ分析し、そして日台のホラー映画の共通点と相違点を取り上げ、宗教観も考察する。
本論文では五章から構成される。まず、序論は研究動機と研究方法である。第二章では、台湾人を中心に、ホラー映画に関するアンケートを調整する。調整の結果からまとめ、アンケートから皆から薦めるホラー映画を取り上げ、第三章で映画の分析をする。そして、日本と台湾の怪談の歴史も考察する。
第三章は、ホラー映画の分析で、本論文のポイントになる。日本の代表作品は『リング』、『呪怨』、『呪怨2』、『呪怨:終わりの始まり』四つの作品である。台湾のほうは、『シリク』、『紅衣小女孩』、『紅衣小女孩2』である。第四章は、第三章の映画の分析から、日本と台湾のホラー映画の共通点と相違点を比較する。そして、日本と台湾の幽霊のイメージを整理する。
最後は、本論文で述べている研究の内容とその成果を総括する。また、今後の課題について説明する。本論文の研究と分析で、ホラー映画と怪談物語を熱心する人に、好きなホラー映画を選ぶ参考価値になる。
論文目次 目次

第一章序論................................................1
1.1研究動機...............................................1
1.2 先行研究.............................................1
1.3 研究範囲.............................................2
1.4 研究方法.............................................3
第二章 怪談の代表作品.................................... 4
2.1 怪談の歴史...........................................4
 2.1.1 「日本三大怪談」の紹介............................6
2.2 アンケート調査:台湾人を中心に........................11
2.2.1 「ホラー映画」に関する調査の結果の分析..............11
2.3 現代の怪談に関する代表作品...........................22
 2.3.1 日本のホラー映画の代表作品.......................23
2.3.2 台湾のホラー映画の代表作品.........................25
第三章 映画の分析.......................................27
3.1 日本の代表作品......................................27
 3.1.1 リング(七夜怪談)...............................27
 3.1.2 呪怨(咒怨)....................................34
 3.1.3 呪怨2(咒怨2)................................41
 3.1.4 呪怨 終わりの始まり(咒怨:終結的開始)..........49
3.2 台湾の代表作品......................................58
 3.2.1 詭絲(シリク)..................................58
 3.2.2 紅衣小女孩......................................71
 3.2.3 紅衣小女孩2....................................79
第四章 日台の近代の怪談文化..............................87
4.1 日本の幽霊のイメージ.................................87
4.2 台湾の幽霊のイメージ.................................89
4.3 日本と台湾のホラー映画の比較.........................91
 4.3.1 ホラー映画の共通点...............................91
 4.3.2 ホラー映画の相違点...............................94
第五章 結論と今後の課題..................................97
5.1 結論...............................................97
5.2 今後の課題..........................................98
映像テキスト(年代順)....................................99
参考文献(年代順).......................................99
付録 「ホラー映画」に関する調査用紙......................100

図目次
図1-1:北斎季親『化物尽絵巻』..............................4
図1-2:『四谷怪談』.......................................6
図1-3:『皿屋敷』.........................................8
図1-4:『牡丹灯籠』.......................................9
「ホラー映画」に関する調査の結果...........................11
図1-5:性別..............................................11
図1-6:年齢..............................................11
図1-7:国籍..............................................12
図1-8:お仕事............................................12
図1-9:大学の学部........................................13
図1-10:映画の好きな程度..................................13
図1-11:好きな映画のジャンル..............................14
図1-12:映画が好きではない理由............................14
図1-13:ホラー映画を見たことがある?.......................15
図1-14:一人でホラー映画を見ることができる?...............15
図1-15:どこのホラー映画は一番怖いと思う?.................16
図1-16:怖いと思う理由...................................16
図1-17:ホラー映画が好きな程度............................17
図1-18:ホラー映画が好きな理由............................17
図1-19:ホラー映画が好きではない理由.......................18
図1-20:映画が好きではない原因............................19
図1-21:どんな「幽霊」「悪霊」が一番怖いと思う?...........19
図1-22:ホラー映画を見た後の反応..........................20
図1-23:台湾のお薦めのホラー映画..........................20
図1-24:アメリカのお薦めのホラー映画.......................21
図1-25:日本のお薦めのホラー映画..........................21
図1-26:タイのお薦めのホラー映画..........................21
図1-27:『リング』.......................................23
図1-28:『呪怨』.........................................24
図1-29:『詭絲』.........................................25
図1-30:『紅衣小女孩』...................................26
図3-1: 円山応挙の「幽霊図」...............................87
図3-2: 円山応挙の「幽霊図」...............................87
図3-3:「紅衣小女孩」....................................95
図3-4:『リング』........................................96
參考文獻 映像テキスト(年代順)

中田秀夫監督・高橋洋脚本(1998)『リング[DVD]』角川映画
清水崇監督・脚本(2000)『呪怨[DVD]』東映Vシネマ
清水崇監督・脚本(2003)『呪怨2[DVD]』東映Vシネマ
蘇照彬監督・脚本(2006)『詭絲[DVD]』中環娛樂
落合正幸監督・脚本(2014)『呪怨 終わりの始まり[DVD]』ダブル・フィールド
程偉豪監督・簡士耕脚本(2015)『紅衣小女孩[DVD]』威視股份有限公司
程偉豪監督・簡士耕・楊宛儒脚本(2017)『紅衣小女孩2[DVD]』威視股份有限公司

参考文献(年代順)

山折哲雄(1959)『神と仏 日本人の宗教観』株式会社講談社
鈴木光司(1993)『リング 』角川ホラー文庫
廣田律子(1997)『鬼の来た道 』玉川大学出版部
高致華(2001)『日本「鬼」』三民書局
小松和彦(2001)『幽霊』株式会社河出書房新社
湯本豪一(2002)『妖怪あつめ』株式会社角川書店
大石圭(2003)『呪怨』角川ホラー文庫
大石圭(2003)『呪怨2』角川ホラー文庫
鳥山石燕(2005)『鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集』KADOKAWA CORPORATION株式会社pp.下篇·風之卷
矢島敬士(2007)『メディア.コミュニケーション論』コロナ社
熊沢敏之(2007)『芥川龍之介』筑摩書房
王新禧(2013)『日本妖怪』三聯書店
大石圭(2014)『呪怨 終わりの始まり』角川ホラー文庫
野嶋剛(2015)『映画で知る台湾』明石書店
野嶋剛(2015)『映画で知る台湾』明石書店
林賦思(2015)『妖怪見聞錄』臺灣妖怪研究室報告
吉姆·戴維斯(2015)『吸睛的科學』究竟出版股份有限公司
柴克·戴維斯(2016)『幽靈:日本的鬼』遠足文化
台北地方異聞工作室主編(2016)『臺灣妖怪學就醬』奇異果文創
加俾額爾·阿摩特(2017)『驅魔師:梵諦岡首席驅魔師的真實自述』啟示出版
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2020-07-16公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2020-07-16起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2486 或 來信