淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-1401200712261000
中文論文名稱 日本出版文化新風潮—大人的繪本
英文論文名稱 A New Mode of the Publishing Industry in Japan-Picture-book for Adults
第三語言論文名稱 日本出版文化の新風潮―大人の絵本―
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本研究所碩士在職專班
系所名稱(英) Graduate Institute of Japanese Studies
學年度 95
學期 1
出版年 96
研究生中文姓名 廖佳燕
研究生英文姓名 CHIA-YEN LIAO
學號 793050138
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2007-01-08
論文頁數 100頁
口試委員 指導教授-劉長輝
委員-劉長輝
委員-陳伯陶
委員-齋藤司良
中文關鍵字 成人繪本  繪本  兒童文學  閱讀  出版現狀 
英文關鍵字 adult picture book  picture book  children’s literature  present phenomena of publishing condition 
第三語言關鍵字 大人の絵本  絵本  児童文学  閲読  出版現状  文字離れ 
學科別分類 學科別社會科學區域研究
中文摘要 大多數人一聽到「繪本」,都會覺得那是「孩子看的書」吧!對孩子來說,繪本不但是第一本接觸到的書,在他們的成長過程中,對心靈的發展也擔任著重要的工作。其次,它也是夢想和現實的連接點。當孩子們一進入繪本的世界,便開始體驗一個不可思議的新世界,他們隨著故事情節旅行、冒險,然後再回到現實世界來。
但是現今繪本的發展遠遠超乎我們的預期。無論是作者的創思或是讀者的設定都相當多元化。一般來說,繪本的形式大多被認為帶有教育意義或文學氣息,但是近年以美術觀點創作的繪本也逐漸增加。繪本,是由許多元素總合而成的作品,包括文章及插畫、內容的表現及架構、紙質、裝訂等等,當這些元素能夠巧妙的結合,繪本本身的藝術性及身為媒體的功能才能完整的展現。在這些背景之下,原本以孩子為創作對象的繪本漸漸脫離「兒童文學」的範疇,以大人為對象的作品陸陸續續的出版。所謂大人的繪本,並不是將我們帶離現實的世界,而是作者將現實與生活經驗相結合後的創作。內容大多簡單、用語也較兒語化。在閱讀人口減少的現今社會中,許多人對這樣的作品不以為然,但是從銷售數字上看來,它的確受到許多成人的喜愛。那是因為,成人在忙碌的生活中,毫無放鬆的時間,而「大人的繪本」,正有著療癒的即時性。本論文,從成人繪本的發展、近代繪本觀的變遷、日本現今出版及閱讀現狀等等現象加以分析,並闡述近年蔚為風潮的成人繪本對社會所帶來的影響。
英文摘要 When most of us hear“picture books”, we think they are books for children. To children, picture books are not only the first book that they get in touch with but also play an important role in the development of their mind during process of growth. In addition, picture books also connect the dreams and reality. When children start reading picture books, they begin experiencing an unbelievable new world. They take a journey and an adventure with the story. Then they come back to the world of reality.
However, the development of picture books nowadays is far beyond our expectation. Authors’ creativity and readers’ categories are diversified. Generally speaking, the form of picture books are considered to carry educational significance or literary flavor. But recently, there are more and more picture books created from the artistic point of view. A picture book is a collection of many elements, including writings, illustration, expression of content, framework, quality of paper and bookbinding etc. When these elements are integrated cleverly, the artistic quality and media function of a picture book can be completely presented. Under such background, the target of picture books is gradually breaking away from the category of children’s literature. Instead, more and more picture books targeting adults are being published. An adult picture book does not take us away from the world of reality. Instead, an adult picture book is created through integrating reality and life experiences. Mostly, the content is easy to understand and the use of language is more of a tone of motherese. In the present society with diminishing reading population, many people despise such works. However, the volume of sales indicates that many adults are indeed fond of the picture books. Since adults have no time of relaxation in their busy life, picture books take on an imminent role of therapeutic function.
This thesis analyses the development of adult picture books, changes of recent point of view on picture books and present phenomena of publishing and reading condition in Japan. In addition, it elaborates the influence brought by popular adult picture books on the society.






第三語言摘要 「絵本」と言えば、まず思い浮かべるのは「子供の本」であろう。絵本は子どもにとって初めて手にする書物であると同時に、成長していくなかで、大切な心の参考書となるものである。また、絵本は子どもにとって、夢と現実の接点でもある。子どもたちは絵本の世界に入ると、我を忘れ、夢中になった。物語について不思議な新しい世界を体験し、冒険し、旅をし、再び絵本の世界から出て、現実の世界へもどってくるのだと考えられる。
しかし、今日の絵本表現は想像以上に広がっている。考え方や読み手の定め方も様々である。絵本の形式が一般的には、教育的意味や文学的意味をもって語られることが多いが、近年は、美術的視点での見方も増えてきた。 様々な要素を総合することで成り立っている絵本は、内容を表す絵と文、絵と文の表現方法や構成、複製するための印刷、用紙、装丁等々、これらがバランスよく組みあわされて絵本の芸術性やメディアとしての価値を生み出している。こういう背景で、もともと子どもを対象にして創作された絵本は「児童文学」の枠を超えて、大人向けの絵本も多く出版されている。大人の絵本は、現実とかけ離れた別世界に私たちを誘うわけではなく、現実の生活に合致し、自分の経験を整理する枠組を与えてくれるもなのである。内容はシンプルで、子どもっぽい言葉も多く使われている。文字離れの傾向が顕著になりつつある現在、このようなことが良からぬと思う人もいるが、その販売部数からも明らかなように、大人も結構それを楽しんでいることが分かる。あれは現代の大人の生活はとかく忙しすぎて、心がほころんだときに,じっくり時間をかけて修復する余裕がなく、だからこそ「大人向けの絵本」がその即効性によって受けられているからである。本論文では、絵本ブームの現状、絵本観の変遷、日本社会における出版と閲読の現状などを分析することによって、大人の絵本とその大人社会への影響を明らかにしたい。

論文目次 目次
第一章 序論---------------------------------------------------1
第一節 研究動機と目的--------------------------------------------------1
第二節 研究方法と研究内容----------------------------------------------2
第三節 先行研究--------------------------------------------------------3

第二章 大人向けの絵本とはなにか-------------------------------6
第一節  絵本の源流----------------------------------------------------6
一 絵本の源流--------------------------------------------------------6
二 日本における絵本の特徴--------------------------------------------9
三 絵本観の変遷-----------------------------------------------------11
第二節 絵本とは何か---------------------------------------------------18
 一 絵本とは何か-----------------------------------------------------18
  二 絵本の対象-------------------------------------------------------19
  三 絵本の種類-------------------------------------------------------22
  四 絵本と絵入本-----------------------------------------------------32
五 絵本と漫画-------------------------------------------------------32
第三節 子供の絵本から大人の絵本へ-------------------------------------35
一 大人の絵本の誕生-------------------------------------------------35
二 絵本の役割―子供向けの絵本と大人向けの絵本の異同-----------------37
 
第三章 日本出版界の新しき動向--------------------------------------44
第一節 日本出版界の現状-----------------------------------------------44 
 一 書物の商品化-----------------------------------------------------44
 二 出版崩壊---------------------------------------------------------45
 三 絵本の出版現状---------------------------------------------------54
第二節  購読習慣の変化------------------------------------------------56
一 文字離れ問題-----------------------------------------------------56
二 ベスト セラー---------------------------------------------------61
三 読者は何を読みたいだろうか---------------------------------------62
 
第四章 絵本と現代社会-----------------------------------------------67
第一節 絵本と読書-----------------------------------------------------67
一 本の新たな時代---------------------------------------------------67
二 絵本の市場-------------------------------------------------------71
第二節 成人社会に対する絵本の影響-------------------------------------77
一 プラスの影響-----------------------------------------------------77
二 マイナスの影響---------------------------------------------------80
第五章 結論-----------------------------------------------------------83
第一節 大人の絵本の魅力-----------------------------------------------83
第二節 大人の絵本の位置づけ-------------------------------------------85
第三節 絵本の未来と課題-----------------------------------------------87

参考文献----------------------------------------------------------------91
一 専門書-------------------------------------------------------------91
二 雑誌---------------------------------------------------------------94
三 論文(日本語の部)-------------------------------------------------95
四 論文(中国語の部)-------------------------------------------------95
五 ホームページ-------------------------------------------------------96
六 絵本---------------------------------------------------------------99
図表目次
図2-1  三19帖  夕霧------------------------------------------------7
図2-2  鳥獣戯画--------------------------------------------------------8
図2-3  奈良絵本--------------------------------------------------------8
図2-4  日本の人口動態の変化------------------------------------------21
図2-5  高齢者の学習活動と社会参加活動--------------------------------22
図2-6  尾道大学創作民話の会―『尾道草紙』----------------------------24
図2-7  安野光雅―『天動説の絵本』------------------------------------25
図2-8  谷川俊太郎・元永定正の『ころ ころ ころ』--------------------26
図2-9  『不思議の国のアリス』----------------------------------------28
図2-10 ピーター・スピアー『雨、あめ』--------------------------------29
図2-11 桑原伸之ー『ことばの絵本』------------------------------------30
図2-12 布製絵本―『こうえんであそぼう』------------------------------31
図2-13 漫画と他のメディアの比較 ------------------------------------33
図2-14 『高速道路はタダになる!大人のための税金の絵本』--------------36
図3-1   国別の識字率 -----------------------------------------------47
図3-2  1980~2003出版物の推定販売金額の推--------------------48
図3-3  書籍、雑誌の推定販売部数推移 --------------------------------49
図3-4  新刊書籍点数--------------------------------------------------49
図3-5  書籍と雑誌の返品率 ------------------------------------------50
図3-6  書籍、雑誌の推定販売部数推移----------------------------------51
図3-7  部門別推定販売金額の構成比(2005年)----------------------52
図3-8  コミック誌の発行部数の推移------------------------------------53
図3-9  コミック誌の販売額の推移--------------------------------------53
図3-10 出版市場、負のスパイラル--------------------------------------54
図3-11 国際学習到達度調査における平均得点の比較 --------------------57
図3-12 不読者数------------------------------------------------------58
図3-13 平均読書冊数 ---------------------------------------------- 59
図3-14 普段1カ月間に書店に立ち寄る回数---------------------------- 60
図3-15 普段の1カ月間の書籍の購入金額 -----------------------------60
図3-16 読書が嫌いな理由----------------------------------------------65
図4-1  君のいる場所  ジミー(作・絵) 宝迫典子(訳)---------------78
図4-2  NHK の「国民生活時間調査」-------------------------------------79
図4-3  一日のテレビ視聴時間(週・男女年層別・職業別)-----------------79
図4-4  「学力低下の実態に迫る─東大・苅谷剛彦教授グループの調査」------82
參考文獻 (一)専門書
1. 西宮藤朝(1919)『子どもの感情教育』  実業之日本社
2. 松居直(1973)『絵本とはなにか』日本エディタースクール出版部
3. 井口虎一郎(1977)『話しことば書きことば』大修館書店
4. 松居直(1978)『絵本をみろ眼』日本エディタースクール出版部
5. 古田足日(1981)『現代日本児童文学への視点』 理論社 
6. 松本猛(1982)『絵本論 : 新しい芸術表現の可能性を求めて』岩崎書店
7. 鈴木均(1983)『立ち読み社会』 勁草書房
8. 吉田新一(1984)『絵本の魅力』 日本エディタ-スク-ル出版部
9. 永田桂子(1987年)『絵本観・玩具観の変遷』  高文堂出版社
10. 森久保仙太郎(1988)『絵本の世界―作品案内の入門講座 絵本児童文学の世界』 
偕成社
11. 關口安義、畑中圭一、原昌、吉田新一(1991)『絵本とイラストレーション』 中
教出版
12. 中川 素子(1991)『絵本はアート』 教育出版センター
13. 松居直(1992)『絵本の現在子どもの未来』 日本エディタースクール出版部
14. 橫山和雄(1992)『出版文化と印刷』 東京 株式會社出版
15. 鳥越信(1993)『絵本の歴史をつくった20人』 創元社
16. 佐々木宏子(1993)『絵本と子どもの心 豊かな性格を育てる』JULA出版社
17. 日本児童文学学会編(1997)『児童文学の思想史・社会史』東京書籍
18. 江国香織(1997)『絵本を抱えて 部屋のすみへ』白泉社
19. 永嶺重敏(1997)『雑誌と読者の近代』日本エディタースクール
20. 桂敬一 、須藤春夫 、服部孝章 、伊藤洋子 (1997)『出版―出版文化の崩壊は
くい止められるか 21世紀のマスコミ』 大月書店
21. 五味太郎(1999)『絵本をよんでみる』 平凡社
22. 藤本朝巳(1999)『絵本はいかに描かれるか : 表現の秘密』日本エディタースクール出版部
23. 加古里子(1999)『絵本への道―遊びの世界から科学の絵本へ』 福音館書店
24. エレン・E・M・ロバーツ/著 大出健/訳 椋田直子/訳(1999)『絵本の書 
き方』  朝日新聞社
25. 秋田喜代美(1999)『読書の発達心理学― 子どもの発達と読書環境』  東京
都國土社EDITION
26. 吉田新一(1999)『絵本/物語るイラストレーション』 日本エディタースクー
ル出版部 
27. 川西芙沙(2000)『絵本のちから』大和出版
28. 佐々木宏子(2000)『絵本の心理学 : 子どもの心を理解するために』 東京 : 新
曜社
29. 河合隼雄、松居直、柳田邦男(2001)『絵本の力』東京 : 岩波書店 
30. 中川素子、今井良朗、笹本純(2001)『絵本の視覚表現』 日本エディタースク
ール出版部
31. 秋田喜代美(2001)『読書の発達過程― 読書に関わる認知的要因.社會的要因の
心理学的検討』 東京都 風間
32. 横山真佐子 他編(2002)『人生ではじめて出会う絵本100』平凡社
33. 日本児童文芸家協会(2002)『メルヘンに出会える』KTC中央出版
34. 神立幸子(2002)『20世紀の絵本の表現』武蔵野書房
35. 鳥越信(2002)『はじめて学ぶ日本の絵本史ⅠⅡⅢ』ミネルヴァ書房
36. 竹内オサム(2002)『絵本の表現』 久山社
37. 林望(2002)『知性の磨きかた』 PHP研究所
38. 齋藤孝(2002)『読書力』 岩波新書赤木 かん子(2002)『絵本・子どもの
本総解説』 自由国民社
39. 中川素子(2003)『絵本は小さな美術館』平凡社
40. 松居直(2003)『絵本編集者の眼』川崎市民アカデミー出版部
41. 下村昭夫(2003) 『絵で見る出版産業』 出版メディアパル
42. 日本児童文学学会(2003年)『メディアと児童文学』 東京書籍
43. 永田桂子 (2004)『変貌するー現代絵本の世界』 高文堂出版社
44. 松居直(2004)『絵本を読む』東京 : 日本エディタースクール出版部
45. 日本出版学会(2004)『白書出版産業―データとチャートで読む日本の出版』 株
式会社文化通信社
46. 福岡市教育委員会生涯学習部生涯学習課(2004)「子どもの読書活動に関する意
識調査」および「読書活動団体実態調査」報告書
47. 辻本雅史(2004)『教育の社会文化史』 放送大学教育振興会 (日本放送出版協
会)
48. JOY 石井(2005)『こんにちからじんせいがうまくいく「レモン法則」』 P
HPエディタース クールプ
(二)雑誌
1. 『月刊絵本』三月号 1973
2. 『日本児童文学』第38巻第五号 文渓堂 1992
3. 村上淳子(2003)「絵本には不思議な力がある」『学校図書館』通巻第636号 
4. 石川俊勝(2003)「絵本の読み聞かせ出本との出会いを」『学校図書館』通巻第
636号
5. 帆足幾久子(2003)「第22回良い絵本の選定と活用について」『学校図書館』
通巻第636号 
6. 肥田美代子(2006)「活字文化、読書文化の振興のために」『学校図書館』通巻
第665号 
7. 綿抜豊昭(2006)「読書の意義から考える文学に魅力」『学校図書館』通巻第6
67号 
8. 竹迫祐子(2006)「絵本がはぐくむもの」『学校図書館』通巻第667号 

(三)論文(日本語の部)
1. 佐野由紀子 富田直子 (1991) 「絵本論―-子どもにとっての絵本とは何か
-」国際学院埼玉短期大学・卒業研究論文
2. 泉森由貴(1998)「美術教育の役割と可能性」天理大学生涯教育専攻研究室
3. 中山恵美(2002)「出版動向の分析―JAPAN MARCを用いた分類」慶応義塾大学
文学部
4. 木村祐子(2002)「テレビの視聴と絵本の関係」国際学院埼玉短期大学 教育・
研究
5. 多田尚子(2003)「愛される絵本における文章表現の魅力」神戸学院大学人文学
部 
6. 六車静香(2004)「子どもの絵本と大人の絵本の言葉の比較」 神戸学院大学人
文学部 
7. 佐藤公代(2004)「子どもの発達と絵本」愛媛国際大学学部紀要第1号 
8. 駒田賢一(2004)「日本における文字なし絵本についての考察―絵本表現の考察
を中心にー」  聖和大学幼児教育学科



(四)論文(中国語の部)
1. 劉惕君 (2000)「國小單親學童對父母離異經驗之敘說-現實與繪本之間 」國
立花蓮師範學院/國民教育研究所
2. 邱瓊蓁(2002)「親子共讀繪本歷程之互動與詮釋--以岩村和朗之「十四隻老鼠」
為例 」國立嘉義大學/幼兒教育學系碩士班/
3. 孔令建(2003)「超現實表現手法應用於繪本創作之研究 」國立臺灣師範大學/
設計研究所
4. 馮潤華(2003)手繪插畫配合電腦繪圖製作的應用與研究以童話故事繪本為例 」
國立臺灣師範大學/設計研究所
5. 冀文慧 (2003)「幾米繪本研究」 國立臺灣師範大學/國文系在職進修碩士學位


(五)ホームページ
1. 「国民生活白書」
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/index.html
2. 「文部科学省」
http://www.mext.go.jp
3. 「OECD生徒の学習到達度調査」
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/index28.htm
4. 「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
5. 「読書週間“本離れ”傾向変わらず…本社世論調査」
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20051028bk01.htm
6. 「書籍の購入金額が多い朝日読者」
http://adv.asahi.com/2003/book/index.html
7. 「姫林檎日記-細腕出張スペシャル~雑誌『望星』に取材していただき」 
ました
   http://www.yuubook.com/hosoude53.html
8. 「絵本を大人が読む時代 ~その出会いと癒しについて考える」
   http://homepage3.nifty.com/owltree/rupo/rupo200409.htm
9. 「印刷メディアから電子メディアヘ」市毛 愛子
http://ahodori.hp.infoseek.co.jp/essay/14.htm
10. 島多代 「日本の絵本――絵が表現してきたもの」
http://www.jdzb.de/ja13/Veroeffentlichungen.nsf/jap_webecho/82389BBC778EE449C125710A003E6ABF?OpenDocument
11. 絵本学会
http://ehongaku.musabi.ac.jp
12. 薬袋奈美子 「住教育と絵本」
http://anc.anc-d.fukui-u.ac.jp/~nminai/minai/minai/juukyoiku/jyukyouiku-to-ehon.htm
13. 柳田邦男(2000年8月6日 )「これからの人生を いかに 送るか 」講演
http://homepage3.nifty.com/ja8mrx/yanagidakunio.htm 
14. 黄表紙とは~江戸時代の大人の漫画~
   http://kibyou.hp.infoseek.co.jp/kibyou/kibyou.htm
15. 吉祥寺図書館~「活字離れ(2)」(2005年11月4日)
 http://www.kyotocitylib.jp/kisyoin/kantyou/no21.html
16. 新しいビジネスとして=オリジナル絵本ビジネス
   http://www.size-web.info/~dairiten/
17. ニュース和歌山―遠景近景「絵本の想い出アンケート」(2005年4月6日)
   http://www.nwn.jp/column/enkeikinkei20050406.html
18. 日本児童文学学会
http://www.jscl.internet.ne.jp/
19. 本と美術−20世紀の挿絵本からアーティスツ・ブックスまで 
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/srch/srch_art_detail.php?pno=5&no=3&no2=500
20. 小山恩 絵本展
   http://homepage.mac.com/icelt/book/#
21. 高橋裕子―民話絵本の登場
http://www.hico.jp/ronnbunn/jinguu/jidoubunngakunonakanokodom/154-159.htm
22. タッキの科学絵本入門
   http://ahodori.hp.infoseek.co.jp/science/science3.htm
23. 生田美秋 絵本フォーラム'02「再度、昔話絵本を考える」報告
   http://ehongaku.musabi.ac.jp/act/acf22.html
24. 電子絵本学会
http://www.e-hon.jp/idea/about.htm  
25. 2003年の出版業界の状況
   http://f29.aaa.livedoor.jp/~resalep/shiryo_shuppan.html
26. 日本印刷技術協会 (JAGAT)
   http://www.jagat.or.jp/about/index.htm
27. 毎日新聞社
   http://www.mainichi.co.jp/
28. 2005年国民生活時間調査報告書
   http://www.nhk.or.jp/bunken/research/life/life_20060210.pdf
29. 読売新聞―「元気もらった」評判上々…癒やしの絵本、福岡市内で人気
http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_06072518.cfm
30. 朝日新聞―「大人のための絵本」60点
   http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000120606080001
31. 気まぐれな本棚―第5回 不思議の国の絵本カフェ 
   http://media.excite.co.jp/book/daily/tuesday/005/


論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2007-02-07公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2007-02-07起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信