淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-1006200623144000
中文論文名稱 「能力分組教育」在日本之導入與實踐
英文論文名稱 The Introduction and Practice of Ability Grouping Education in Japan
第三語言論文名稱 日本における「習熟度別指導」の導入と実践
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本研究所碩士在職專班
系所名稱(英) Graduate Institute of Japanese Studies
學年度 94
學期 2
出版年 95
研究生中文姓名 李淑婷
研究生英文姓名 Shu-Ting Lee
學號 793050146
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2006-06-16
論文頁數 108頁
口試委員 指導教授-闕百華
委員-陳伯陶
委員-闕百華
委員-楊武勳
中文關鍵字 能力分組教育  新學習指導要領  學習力低下  生存力  寬鬆教育 
英文關鍵字 ability grouping  new courses of study curriculum  scholastic attainments decrease  zest for living  non-cramming education 
第三語言關鍵字 習熟度別指導  新学習指導要領  學力低下  生きる力  ゆとり教育 
學科別分類 學科別社會科學區域研究
中文摘要 在日本,各中、小學的上課時數與上課內容均必須以文部科學省所頒布的學習指導要領為依據。而學習指導要領必須不斷的順應時代需求做增修。2002年4月開始實施的新學習指導要領即一改以往的教育型態,為了力挽學力低下的狂瀾而倡導「能力分組教育」的小班教學。其目的在於培養學生獨立思考、自己發現問題,自己解決問題。並使學生具備生存所必須的能力。然而,「能力分組教育」的適當性卻在日本國內引起正反兩派的激論。 日本因實施「寬鬆教育」而大幅刪減上課時數與上課內容。這樣的做法引起社會各界對於學生的能力是否因此低下的疑慮。文部科學省為因應這樣的疑慮,而全面推行能使學習意願和基礎學力提升的「能力分組教育」。 「能力分組教育」對於學生的興趣及性向給予莫大的尊重,使學生能夠確實的習得各科的基礎、基本知識。其最終的目的在於給予各式各樣不同性格的學生最適當的學習機會。 然而,從實踐的例子來看,「能力分組教育」通常只對前段班的學生發揮功效,對於中、下段的學生而言,效果不彰。而且所有的學生都只想擠入前段班,沒有人會願意進入後段班。再加上保守黨的政治家們,總是以「破除悪平等」「挽救學力低下」之名,而行「英才教育」及「精英教育」之實。結果,實行「能力分組教育」的做法,往往淪為強化能力主義競争的手段。  因此,現階段要談全面推行「能力分組教育」並不恰當。現今「能力分組教育」的課題在於:如何將「能力分組教育」與「能力分班」做明確的區隔,使「能力分組教育」不至於淪為「精英教育」。並且,必須將「能力分組教育」的精神徹底落實。
英文摘要 In Japan, curriculum and lecture hours in all junior high and elementary schools must comply with the courses of study curriculum conducted by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. The courses of study curriculum is constantly modified to keep pace with time. New version of the courses of study curriculum revised in April 2004 had dramatically changed traditional format of education. To reverse exceptionally low academic comprehension, so-call “teaching based on competence with limited number of students” was introduced. The goals include encouragement of independent thinking, spontaneous problem identification, and possession of essential ability to survive. However, the appropriateness of the system has caused controversial debate in Japan.
With the implementation of simplified curriculum, lecture hours and content of courses were considerably reduced. It triggered social concern over insufficient academic proficiency. To ease such concern, the Ministry carried out teaching based on competence that can stimulate interest of study and enhance fundamental academic capability.
Teaching based on competence shows great respect for students’ interests and characteristics. It enables students to fully study basic knowledge of all subjects. The ultimate aim is to provide appropriate opportunities to students with a wide spectrum of features.
Yet, practical experience suggests that it only works for upper-level students. For students with medium to lower-level of competence, the effect is not obvious. All students want to be classified as upper-level, and lower-level is absolutely not desired. Moreover, conservative politicians promote “elite education” with the argument of elimination of “evil” fairness and rejuvenation of poor academic ability. Therefore, teaching based on competence became a method of competition.
It is still premature to discuss the full execution of teaching based on competence. The main issue is the definite distinction between teaching based on competence and class separation based on competence. Teaching based on competence should not become elite education, and its core values must be visualized.
第三語言摘要 日本においては、各小・中学校の授業時間と授業内容はすべて文部科学省が公布した学習指導要領によって定められている。学習指導要領は、時代の変化に従い、改訂する必要がある。2002年4月から実施された新学習指導要領はかつての教育型態と違って、学力低下の荒波を救うために、習熟度別による少人数指導を推進する。そのねらいは、学生の独立した考える力を育成し、自ら問題を発見し、自ら問題を解決することにある。そして、自然の中に生きる力をしっかりと身につけさせることである。しかし、「習熟度別指導」の適当性は、日本国内において賛否両論の激論を引き起こした。 
 日本においては「ゆとり教育」の基本方針を受けて、授業時数や教育内容の削減によって児童・生徒の学力が低下するのではないかと社会各方面の人々が懸念している。文部科学省が、このような学力低下という批判や懸念に対しては、「習熟度別指導」を学習意欲と基礎学力を高める学力向上政策として推進している。
 「習熟度別指導」は、児童・生徒の趣味・関心・意欲や主体性を最大限に尊重して、各教科の基礎・基本を児童・生徒に確実に身につけることである。如何に、多種多様な特性を持つ児童・生徒に、最適な学習機会を与えるのが、「習熟度別指導」の最終目的である。
 しかし、実践例を見れば、「習熟度別指導」は上位グループでは非常に有効であるが、中位グループや下位グループでは、あまり効果がない。子ども全員が上位クラスに入りたがるが、誰も下位クラスに入りたがらない。そして、習熟度別学級編成によって児童・生徒の間に優劣感や差別意識を生じる可能性もある。また、保守的な政治家が、「悪平等を打破する」や「学力低下を救済する」と言いつつ、実は「英才教育」や「エリート教育」に執着する事実がある。結局、「習熟度別指導」を行うことは、能力主義競争を強めることになってしまう。そこで、今の段階で全面的に「習熟度別指導」を推進するのは、適当ではないと思う。今「習熟度別指導」の課題は、どのように「能力別指導」と区別し、「エリート教育」に陥らなく、真の「習熟度別指導」の理念を発揮するかにかかっている。

論文目次 目 次
第一章 序論----------------------------------------------------------------------------------------------1
第一節 研究目的と研究内容-------------------------------------------------------------------------1
一、研究動機と目的------------------------------------------------------------------------------------1
二、先行研究における研究成果--------------------------------------------------------------------3
三、研究方法と研究内容------------------------------------------------------------------------------4
第二節 欧米・台湾の「習熟度別指導」の概要------------------------------------------------6
一、欧米の「習熟度別指導」の概要-------------------------------------------------------------6
二、台湾の「習熟度別指導」の概要------------------------------------------------------------14
第二章 「習熟度別指導」の定義と論争-------------------------------------------------------20
第一節 「習熟度別指導」の定義-------------------------------------------------------------------20
一、「習熟度別指導」の意味----------------------------------------------------------------------20
二、「習熟度別指導」の理念----------------------------------------------------------------------33
第二節 「習熟度別指導」に関する論争 ---------------------------------------------------------38
一、「習熟度別指導」の賛成論--------------------------------------------------------------------38
二、「習熟度別指導」の反対論--------------------------------------------------------------------42
第三章 「習熟度別指導」の導入----------------------------------------------------------------47
第一節  新学習指導要領と「ゆとり教育」----------------------------------------------------48
一、「習熟度別指導」の導入背景----------------------------------------------------------------48
二、新学習指導要領-----------------------------------------------------------------------------------53
三、学習指導要領による「習熟度別指導」----------------------------------------------------58
四、「ゆとり教育」による学力低下論------------------------------------------------------------61
第二節 教育審議会による提言--------------------------------------------------------------------63
一、1970年代の提言----------------------------------------------------------------------------------63
二、1980年代の提言----------------------------------------------------------------------------------64
三、1990年代の提言----------------------------------------------------------------------------------66
四、21世紀初期の提言--------------------------------------------------------------------------------67
第四章 「習熟度別指導」の実践---------------------------------------------------------------70
第一節 小学校における「習熟度別指導」----------------------------------------------------71
一、東京都荒川区立峡田小学校-------------------------------------------------------------------71
二、京都府綾部市立中筋小学校-------------------------------------------------------------------74
第二節 中学校における「習熟度別指導」-----------------------------------------------------78
一、東京都世田谷区立駒沢中学校----------------------------------------------------------------78
二、東京都荒川区立諏訪台中学校-----------------------------------------------------------------81

第三節 「習熟度別指導」の問題点-------------------------------------------------------------83
一、「習熟度別指導」運営上の問題点----------------------------------------------------------83
二、「習熟度別指導」実施上の留意すべき事項----------------------------------------------86
第五章 結論-----------------------------------------------------------------------------------------------88
第一節 「習熟度別指導」の特徴------------------------------------------------------------------88
第二節「習熟度別指導」の課題と展望------------------------------------------------------------92
参考文献------------------------------------------------------------------------------------------------------96
日本語の部--------------------------------------------------------------------------------------------------96
中国語の部-------------------------------------------------------------------------------------------------105
英語の部----------------------------------------------------------------------------------------------------105
インタネットの部-------------------------------------------------------------------------------------------106



図表目次
図2-1 完全習得学習-------------------------------------------------------------------------------24
図2-2 到達度別学習-------------------------------------------------------------------------------24
図2-3 自由進度学習-------------------------------------------------------------------------------25
図2-4 無学年制学習-------------------------------------------------------------------------------25
図3-1 生きる力と確かな学力との連携---------------------------------------------------------56
表1-1 読解力の平均得点の国際比較--------------------------------------------------------13
表1-2 「混合能力学級編成」を全面推進するに至る背景------------------------------17
表2-1 「能力別指導」と「習熟度別指導」の差別--------------------------------------29
表3-1 学習指導要領総則の「個に応じた指導」と「習熟の程度に
応じた指導」にかかわる記述--------------------------------------------------------------------59
表4-1 「習熟度別指導」の実施率------------------------------------------------------------70
表4-2 「習熟度別指導」国語科各コースの特徴-----------------------------------------72
表4-3 習熟度別授業における各コースの展開の違い-----------------------------------75
表4-4 コース別授業のモデル図----------------------------------------------------------------76
表4-5 生徒の学習意欲の向上に取り組む--------------------------------------------------79
表4-6 駒沢中学校学級数及び生徒数--------------------------------------------------------80

參考文獻 参考文献(刊行年代順による)
日本語の部
一、専門図書
1.吉川平治(1911)『分団式動的教育法』初版、東京:弘学館書店。
2.文部省(1977)『学習指導要領一般編』。
3.岸本裕史(1977)『どの子ども伸びる―教師と親でつくる教育』京都:部落問題研究所。
4.河野重男、西村三郎編(1978)『改訂高等学校学習指導要領の展開』東京:明治図書。
5.福島県教育センター(1981)『習熟度別学習研究の手引き』初版、福島県:福島県教育センター。
6.ぎょうせい(1985)『自由化から個性主義へー臨教審と教育改革<第一集>』東京:ぎょうせい。
7.文部省(1989)『学習指導要領一般編』。
8.川合章(1990)『新教育大事典』東京:第一法規出版。
9.耳塚寛明(1990)「学習指導の組織と機能」『日本の教育5 教育内容・方法の革新』東京:教育開発研究所。
10.長浜功編(1994)『史料 国家と教育』東京:明石書店。
11.菱村幸彦(1995)『教育行政からみた戦後高校教育』東京:学事出版。
12.熱海則夫、大石勝男、中野重人、吉武弘喜(1997)『教育課程審議会中間まとめ全文と解説----学校教育はこう変わる!』東京:東洋館出版社。
13.学校改革研究セーター(1997)『「生きる力」重視は学校をどう変えるか』東京:明治図書。
14.学校改革研究セーター(1998)『「ゆとり」のある学校をどうつくるか』東京:明治図書。
15.天野政輝(1999)編『教育課程・重要用語300の基礎知識』初版、東京:明治図書。
16.文部省(1999)『小学校学習指導要領 全文と改善要点平成10年(1998)改訂版』初版、東京:明治図書。
17.文部省(1999)『文部省発表 中学校学習指導要領全文と改善の要点〈平成10年(1998)改訂版〉』初版、東京:明治図書。
18.文部省(1999)『高等学校学習指導要領(平成11年3月)』東京:財務省印刷局。
19.文部省(1999)『高等学校学習指導要領解説総則編』京都:東山書房。
20.市川伸一 和田秀樹(1999)『学力危機―受験と教育をめぐる徹底対論』東京:河出書房新社。
21.日本教育方法学会(1999)『教育課程・方法の改革ー新学習指導要領の教育方法学的検討教育方法〈28〉』東京:明治図書。
22.西村和雄(2001)『ゆとりを奪った「ゆとり教育」』初版、東京:日本経済新聞社。
23.「中央公論」編集部・中井浩一編(2001)『論争・学力崩壊』東京:中央公論新社。
24.小島宏(2001)『算数科習熟度別学習の実践方式』東京:明治図書。
25.加藤幸次 河合剛英(2002)『小学校個に応じる少人数指導』初版、名古屋:黎明書房。
26.小澤周三(2002)編集『教育学キーワード』第6版、東京:有斐閣。
27.小松夏樹(2002)『ゆとり教育崩壊』初版、東京:中央公論新社。
28.児島邦宏(2002)『中学校・少人数指導実施の手引き』東京:明治図書。
29.国立教育政策研究所編(2002)『生きるための知識と技能――OECD生徒の学習到達度調査(PISA)二〇〇〇年調査国際結果報告書』東京:ぎょうせい。
30.文部科学省(2002)『個に応じた指導に関する指導資料-発展的な学習的補充的な学習の推進』東京:教育出版。
31.西村和雄(2003)『学力低下と新指導要領』第7版、東京:岩波書店。
32.工藤文三編(2003)『今日から始める習熟度別指導の基礎・基本』初版、東京:教育開発研究所。
33.杉江修治(2003)『子どもの学びを育てる少人数授業---犬山市の提案---』初版、東京:明治図書。
34.渡辺恵津子(2003)『こどもといっしょに たのしくさんすう 小学校4~6年――考える力を育てる学習法――』東京:一声社。
35.佐藤学(2004)『学力を問い直す』第10版、東京:岩波書店。
36.浅沼茂編(2004)『習熟度別指導・少人数指導を成功させる40のポイント』初版、東京:教育開発研究所。
37.苅谷剛彦 志水宏吉 清水睦美 諸田裕子(2004)『「学力低下」の実態』第7版、東京:岩波書店。
38.日本教育方法学会編(2004)『現代教育方法の探求』初版、東京:図書文化社。
39.加藤幸次(2004)『少人数指導・習熟度別指導』初版、東京:ヴィヴル。
40.志水廣 刈谷市立高小學校(2004)『算数科:習熟度別少人数指導ハンドブック5・6年編』第二版、東京:明治図書。
41.天野和雄 家田晴行 井出一雄 藤田慶三 (2004)『習熟度別・少人数学習実践ガイド---小学校国語』初版、東京:教育出版。
42.綾部市立中筋小学校(2004)『習熟度別授業でほんものの算数の学力をつける』初版、名古屋:黎明書房。
43.佐藤学(2005)『習熟度別指導の何が問題か』第9版、東京:岩波書店。
44.土上智子(2005)『「習熟度別・少人数授業」導入と運営の秘訣〈小学校国語〉』初版、東京:学事出版。
45.市川伸一(2005)『学力低下論争』第六版、東京:筑摩書房。
46.桜井よしこ 宮川俊彦(2005)『ゆとり教育が日本を滅ぼす』初版、東京:ワック株式会社。
47.梅原利夫 小寺隆幸(2005)『習熟度別授業で学力は育つか』初版、東京:明石書店。
48.久富善之 田中孝彦(2005)『希望をつむぐ学力』初版、東京:明石書店。
49.闕百華(2006)『現代日本の教育改革---初等・中等教育を中心に』初版、台湾:致良出版社。

二、教育雑誌と特集
1.中央教育審議会(1971)『今後における学校教育の総合的な拡充準備のための基本的施策について』1971年6月11日。(長浜功『史料 国家と教育』明石書店、1994年頁417。)
2.菱村幸彦(1979)「習熟度別学級編成の趣旨と運用」,『教職研修』。
3.榊忠勇(1984)「『習熟度別』学習とはなにか」,『国民教育』第60期,頁1-5。
4.和田常雄(1984)「すべての子どもにたしかな学力を」,『国民教育』第60期,頁6-11。
5.村越邦男(1984)「個性・能力の発達とはなにか」,『国民教育』第60期,頁22-23。
6.深山正光(1984)「イギリスの混合能力学級編成」,『国民教育』第60期,頁42-48。
7.辻村英夫(1984)「習熟度別教育,その功罪」,『論叢』第33号第一分冊,頁57-64。
8.千葉県教育センター(1984)「千葉県における公立高等学校の学習習熟度別指導の実態と問題点に関する研究」,『研究紀要 第224集』,頁33。
9.耳塚寬明(1985)「習熟度別学級編成を考える」,『月刊高校教育』1985年12月号、86年1月号、2月号、3月号。
10.臨時教育審議会『教育改革に関する第一次答申』1985年6月26日(『教育改革読本』添付資料、教育開発研究所、1986年8月)頁269-276.。
11.耳塚寬明(1986)「習熟度別学級編成と高校教育」,『高等学校における学習習熟度別学級編成の実施状況に関する調査』昭和61年3月,頁44-46。
12.高橋守(1986)「習熟度別に賛成は日五三%、米六六%」,『内外教育』第3716期,2月21日,頁5-9。
13.保利達夫(1986)「中学校の『習熟度別学級編成』、教員の三六%が支持」,『内外教育』第3751期,7月1日,頁10-13。
14.菊地栄治(1987)「習熟度別学級編成の社会学」,『東京大学教育部紀要』第27卷,頁239-247。
15.河井芳文(1987)「学力の個別差にどう対処するか」,『教育心理学年報』第27集,頁7-10。
16.酒井朗(1988)「学校内におけるカリキュラムの組織化過程に関する研究」,『教育研究』第55巻第3号,頁36-43。
17.渡辺信博 円福寺恭司(1989)「習熟度別小集団学習指導について」,『横浜国立大学教育紀要29集』10月号,頁319-327  。
18.財団法人日本教材文化研究財団(1993)「中学生に対する習熟度別学習(数学)の教材開発」
19.松下佳代(1994)「三つの習熟概念」,『教育』第571期,頁6-14。
20.碓井岑夫(1994)「基礎学力論と習熟」,『教育』第571期,頁15-24。
21.稲葉宏雄(1994)「習熟度別編成を考える」,『教育』第571期,頁25-34。
22.高久清吉(1996)「習熟度別指導」,『学校教育研究所年報』第40号,頁55-64。
23.中央教育審議会(1996)「21世紀を展望したわが国の教育の在り方について(第一次答申)」,1996年7月19日。
24.苅谷剛彦(2000)「日本の教育はどこに向かおうとしているのか」,『科学』第70巻10月号。
25.伊藤説朗(2001)「子どもの個性を生かす算数学習が実践できるか」,『現代教育科学』第535期4月,頁5-7。
26.遠西昭寿(2001)「学習は異質な子どもたちの関わりのなかに生じる」,『現代教育科学』第535期,頁8-10。
27.水川隆夫(2001)「同じ学習集団の中でのゆきとどいた授業の工夫を」,『現代教育科学』第535期,頁12-13。
28.長瀬荘一(2001)「いい習熟度別学習、わるい習熟度別学習」,『現代教育科学』第535期,頁15-16。
29.杉田知之(2001)「習熟度別のカリキュラム」,『現代教育科学』第535期,頁31。
30.新牧賢三郎(2001)「小学校理科の習熟度別学習システム導入の問題点」,『現代教育科学』第535期,頁56。
31.大鍾雅勝(2001)「中学校英語科の習熟度別学習システンム導入の問題点」,『現代教育科学』第535期,頁63-64頁。
32.小倉康(2001)「個々の生徒の可能性を伸ばすために克服すべきハードル」,『現代教育科学』第535期,頁71頁。
33.本田由紀(2001)「『学力低下』問題研究委員会報告書」,国民教育文化総合研究所,12月刊。
34.岩垣攝(2001)「異質の子ども集団で学ぶ意義-習熟度別授業ではなく、少人数の学級授業を」『教育評論』第654期,10月号,頁10-14。
35.岩垣攝(2001)「学級解体は今日の教育問題を助長する」『現代教育科学』第535期,頁32-34。
36.乙部武志(2001)「『ゆとり教育』と『反ゆとり教育』の一部は、同じ穴のムジナ」『教育評論』第654期,10月号,頁15-19。
37.三角富士夫(2001)「授業の一部に習熟度別指導を活かす」『教育評論』第654期,10月号,頁19-23。
38.鈴木康之(2001)「いま国語で何をすべきか」『教育評論』第654期,10月号,頁23-26。
39.柴田義松(2002)「学習の個別化と学習集団のありかた」,『教育展望』第48卷4号,頁4-13。                                                                    
40.岩崎三郎(2002)「小・中学校での習熟度別指導の諸問題」,『教育展望』第48卷4号,頁14-23。
41.長瀬荘一(2002)「個人差に対応する学習システムとしての習熟度別学習―学校現場が考えたいこと―」,『教育展望』第48卷4号,頁42-48。
42.小島宏(2002)「柔軟で流動的に運営する」,『現代教育科学』第546期,頁59-61。
43.川島良代(2002)「個に応じた指導」,『現代教育科学』第546期,頁62-64。
44.総合教育技術編集部(2002)「教師の力量、学校・学年としての体制づくりが問わている」,『総合教育技術』9月号,頁18-19。
45.総合教育技術編集部(2002)「習熟度別指導、発展的学習の充実に向けて―課題とこれからの工夫/算数・数学を例に」,『総合教育技術』9月号,頁23。
46.清水克彦(2002)「『個に応じた』習熟度別指導、発展的な指導のポイント」,『総合教育技術』9月号,頁20-21。
47.吉川成夫、音成隆、宇賀神礼子、熊谷治久(2002)「座談會/習熟度別指導、発展的な学習の充実に向け―算数・数学を例に」,『総合教育技術』9月号,頁22-27。
48.新潟県大潟町立大潟町小学校、神奈川県横浜市立小学校、広島県竹原市立小学校(2002)「事例研究/先進校の工夫に学ぶ」,『総合教育技術』9月号,頁29-39。
49.網宏和(2002)「進んで学習に取り組める課題選択学習と習熟度別学習」,『総合教育技術』9月号,頁32-35。
50.今田美雪(2002)「教科の基礎基本の確実な定着を目指した習熟度別学習」,『総合教育技術』9月号,頁36-39。
51.矢内忠(2002)「今年度から習熟度別指導を全小・中学校で実施/東京都荒川区の取り組みと、試行1年間で明らかになった課題」,『総合教育技術』9月号,頁40-43。
52.小西豊文(2002)「『発展的な学習』文部科学省指導資料の活用法を考える」,『総合教育技術』9月号,頁44-45。
53.「『公私』の差拡大」(2002),『朝日新聞』2002年1月4日付朝刊。
54.黒崎東洋郎(2002)「『少人数授業・習熟度別学習』の授業実践と課題」,『新しい算数研究』11月号。
55.世田谷区立駒沢中学校「研究発表会資料」(2003年1月31日)。
56.風間喜美江(2003)「少人数学習・習熟度別学習は万能か?」,『教育科学数学教育』第544期,頁11。
57.楚阪博(2003)「少人数・習熟度別指導で確かな学力を」,『教育科学数学教育』第544期,頁4-5。
58.大金蓉子(2003)「習熟度別学習・少人数指導の取り組み」,『指導と評価』第49巻通巻577号,頁16-19。
59.久慈和寛(2003)「基本5教科で、習熟度別学習」,『総合教育技術』第58巻1号,頁44-47。
60.楚阪博(2003)「『学力向上最前線』から・確かな学力を目指す試み」,『総合教育技術』第58巻1号,頁48-51。
61.杉山敏(2003)「達成感あふれる5期制の実施とそのねらいを意識した習熟度別学習」,『総合教育技術』第58巻1号,頁52-55。
62.下谷昌久(2003)「基礎を固め、五感を育み、論理的思考力を養う教育に、より一層力を」,『総合教育技術』第58巻1号,頁57。
63.浪川幸彦(2003)「教師教育を現代化し、学校現場を『知的活動の場』に」,『総合教育技術』第58巻1号,頁61。
64.根本博(2003)「新教育課程中学校数学科における習熟度別学習・少人数指導」,『指導と評価』第49巻2月号,頁4-7。
65.鈴木節也(2003)「習熟度別学習・少人数指導を成功させる条件」,『指導と評価』第49巻2月号,頁12-15。
66.菅原良文・渡辺文子・珍田良浩(2003)「習熟度別学習・少人数指導の取り組み」,『指導と評価』第49巻2月号,頁20-23。
67.坪田耕三(2003)「一斉指導でこそねらえるもの」,『指導と評価』第49巻2月号,頁24-27。
68.三宅征夫(2003)「学業成績と学級規模の関係-理科-」,『指導と評価』第49巻2月号,頁34-36。
69.村上享 景山三平(2003)「習熟度別授業展開における問題点と課題」,『学校教育実践学研究』,広島大学出版,第9巻,頁34-40。
70.伊豆倉哲(2003)「6割の小・中学校で習熟度別指導」,『内外教育』第5363号,平成15年2月7日,頁6-7。
71.文部科学省調査(2003)「6割の小・中学校で習熟度別指導」,『総合教育技術』第58巻1号,頁90-92。
72.立花正男(2003)「習熟度別少人数指導に活かす問題解決的な学習」,『中等教育』第811期,12月号,頁26-31。
73.永野重史(2003)「習熟度別学習に異論あり」,『教育ジャーナル』,4月号,頁30-34。
74.水野岩雄 河村泰宏(2003)「習熟度別学習の通知表作りと実践のポイント」,『学校運営研究』第550号,頁44-49。
75.矢ノ浦勝之(2003)「学年担任制や習熟度別指導などによる特色化」,『総合教育技術』,10月号,頁92-97。
76.つくば国際大学研究紀要委員会編集(2003)「習熟度別クラス編成プレイスメントテスト」,『つくば国際大学 研究紀要2003年第9号』,頁11-21。
77.梅原利夫(2004)「教室現場からみた習熟度別指導の実際」,『教育』第701期,頁31-37。
78.舘野健三(2004)「勉強の遅れがちの子の指導が徹底してできる」,『授業研究21』第42巻3号,頁22-23。
79.杉田知之(2004)「一人一人の『学習成立』をめざす」,『授業研究21』第42巻3号,頁24-25。
80.片山育男(2004)「教師の技量をあげて個に応じる」,『授業研究21』第42巻3号,頁26-27。
81.加々美勝久(2004)「『習熟度別』は『能力別』ではない」,『授業研究21』第42巻3号,頁28-29。
82.戸井和彦(2004)「『習熟度別』グループ編成で、操作技能を伸ばす」,『授業研究21』第42巻3号,頁56-57。
83.寺脇研(2004)「文部科学省の教育改革を語る『ゆとり教育』は時代の要請である」中央公論 2月号。
84.加藤幸次(2004)「習熟度別学習・少人数指導の類型と課題」,『指導と評価』6月号,第50巻通巻593号,頁4-7。
85.尤嘉華(2004)『日本新學習指導要領與寬裕教育』,淡江大学日本研究所碩士論文。
86.加納博志(2004)「習熟度別学習・少人数指導の実践」,『指導と評価』6月号,第50巻,通巻593号,頁7-11。
87.杉山吉茂(2004)「すべてのこどもへの発展的な学習」,『指導と評価』6月号,第50巻,通巻593号,頁12-15。
88.辻本昭彦(2004)「発展的な学習をこう実践する—中学校理科—」,『指導と評価』6月号,第50巻,通巻593号,頁31-34。
89.宮島邦夫(2004)「『発展的な学習内容』と標準学力検査」,『指導と評価』6月号,第50巻,通巻593号,頁35。
90.加藤幸次(2004)「習熟度別指導を成功に導けるかどうかの鍵は、『到達度』『学習時間』『学習適性』の個人差への配慮」,『総合教育技術』1月号,頁14-15。
91.矢内忠(2004)「児童自身が適切なコース選択をするために欠かせない『ふりかえりカード』」,『総合教育技術』1月号,頁16-19。
92.北俊夫(2004)「習熟度別指導の計画を作成する上で、学校体制全体を視野に入れて考えることが肝要」,『総合教育技術』,頁32-33。
93.河合剛英(2004)「習熟度別指導の効果について教職員間の共通理解を深め、担当教員に時間的な余裕を持たせる」,『総合教育技術』,頁36-37。
94.小島宏(2004)「少人数・習熟度別指導による授業の成立要件は、『指導と評価と援助の一体化』の実現」,『総合教育技術』,頁38-39。
95.斎藤純一(2004)「発展的な学習をこう実践する――小学校国語―音声言語単元と読解単元で―」,『指導と評価』6月号,第50巻,通巻593号,頁20-23。
96.細水保宏(2004)「小学校算数―発展的な学習で、もっと授業を楽しく魅力的なものに―」,『指導と評価』6月号,第50巻,通巻593号,頁24-27。
97.志水宏吉(2004)「学力問題から学校づくりへ―習熟度別指導をめぐって」,『教育評論』7月号,第687期,頁18-21。
98.「『公私』の差拡大」『朝日新聞』2002年1月4日付朝刊。
99.岸田幸雄(2005)「習熟度別クラス編成の現場でおこっていること」,『教育』第712期,頁44-51。





中国語の部
一、専門図書
1.林俊助編著(1979)『分組教學輔導』初版、台灣:台灣商務印書館。
二、特集
1.梁昆霞(1979)『能力分班方式對國中學生自我概念之影響――學科能力分班與固定式能力分班之比較研究 』,國立政治大學教育研究所碩士論文。
2.戴曉霞(1998)「能力分班與常態編班:美國經驗的啓示」,課程與教學季刊。
3.人本教育基金会(2002)「2002 年國中違反常態編班状況調査報告」。
4.清華大学謝小芩教授(2003)「能力分班」的長期追蹤調査報告 2003年11月。
5.聯合報(2004)「宜蘭人文國小下學期打破年級制學科分七大領域學生依能力分組上課國内教育創舉試辦良好將推廣」,2004年1月28日付10版,教育。
6.中國時報(2005)「國中學科分組 變相能力分班」,2005年9月8日付。
7.聯合報(2005)「能力分組教學 教局全面推動」2005年01月07日付。
8.聯合報(2006)「學者支持:資優班聯招荒謬」2006年05月18日付。
9.中國時報(2006)「教部:五縣市資優統一考違法」2006年05月18日付。

三、英語の部
1.Valentine,J.,Clark,D.C.,Irvin,J.L.,Keefe,J.W.,& Melton,G. (1993)
Leadership in middle level education:A national survey of middle level leaders and school(Vol.1).Reston,VA:National Association of Secondary School Principals.
2.Susan Hallam and Inji Toutonmji 《What Do We Know about the Grouping of Pupils by Ability?》Institution of Education, Universuty of London, 1996.




インターネットの部
1.学校長峯川一義「--荒川区立諏訪台中学校 学力向上のための取り組み--」
http://www.aen.arakawa.tokyo.jp/SUWADAI-J/main/sub/gakuryoku/gakuryoku4.htm
2.「教育改革国民会議報告-教育を変える17の提案-」平成12年12月22日
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/houkoku/1222report.html
3.「教育基本法」
http://www.houko.com/00/01/S22/025.HTM
4.「講演『習熟の程度に応じた指導』」
http://www.pref.hiroshima.jp/kyouiku/hotline/05junior/1st/h15_g_kyougikai/vol2/kouen.htm
5.「個に応じた指導」
http://school.sing.jp/jugyo/koza/koza24/index.php?mainCopy=koza24_1.php
6.駒沢中学校「教育目標」
http://www.setagaya.ed.jp/tkowa/
7.「新教育課程における学力のとらえ方」
http://fish.miracle.ne.jp/adaken/newcul/gakuryoku.pdf
8.「習熟度別学習研究の手引き」
http://www.fks.ed.jp/DB/60000.1981shujyukudo-betsu_gakushu-kenkyu_tebiki/html/00003.html
9.「少人数指導、習熟度別学習について」
http://www.sendai-c.ed.jp/h15/do_math/syoninzu-shidou.html
10.「少人数指導の充実に向けて」
http://www.sendai-c.ed.jp/h15/do_math/syouninzushidou-no-tebiki.pdf 
11.世田谷区立駒沢中学「学級数及び生徒数」
http://www.setagaya.ed.jp/tkowa/gaiyou.htm
12.「戦後教育改革の流れ」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/002/020201/020201i.pdf

13.「大正期の教育制度改革」
http://gipvodn1.shinshu-u.ac.jp/el/e04b1/class09/taisyojiyukyoiku-sub1.htm
14.高橋善久「習熟度別授業は算数・数学の学力を伸ばすか?」
http://www006.upp.so-net.ne.jp/amiken/0302sinpo.htm
15.中央教育審議会「初等中等教育における当面の教育課程及び指導の充実・改善方策について(答申)」2003年10月7日。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/03100701.htm
16.「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%92%E7%86%9F%E5%BA%A6%E5%88%A5%E5%AD%A6%E7%BF%92
17.松永賢誕「新教育課程における学力のとらえ方
http://fish.miracle.ne.jp/adaken/newcul/gakuryoku.pdf
18.望田研吾 坂野慎二 太田和敬 伊藤稔「諸外国の『少人数指導・習熟度別学習』」http://www.shinko-keirin.co.jp/csken/pdf/54_04.pdf
19.文部科学省「新しい学習指導要領の主なポイント(平成14年度から実施)」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301i.htm
20.文部科学省「確かな学力の向上のための2002アピール『学びのすすめ』」
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/14/01/020107.htm
21.文部科学省「小学校、中学校、高等学校等の学習指導要領の一部改正等について(概要)」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/03122608.htm
22.文部科学省「新学習指導要領」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/990301.htm
23.文部科学省「OECD生徒の学習到達度調査(PISA)」
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/index28.htm
24.山極隆「新学習指導要領が目指す基礎・基本」
http://www.jfecr.or.jp/h12_kiyou30/t1-3.html
25.「臨時教育審議会及び中央教育審議会答申における教育の目標について」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/002/020201/020201f.htm
26.「教育部鼓勵國中學科分組教學 」【2003/09/09 中國時報】
http://enews.tp.edu.tw/News/News.asp?iPage=6&UnitId=102&NewsId=7495
27.黄怡樺「 國小英語能力分組面面觀 」
http://www.mlc.edu.tw/epaper/content.asp?autoid=549
28.「國民小學及國民中學常態編班及分組學習準則」(民國94年03月30日發布 )
http://law.moj.gov.tw/Scripts/Query4A.asp?FullDoc=all&Fcode=H0070026
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2006-10-15公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2006-10-15起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信