淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-0606200511012800
中文論文名稱 日本「訪問介護」服務業經營模式之探討
英文論文名稱 A Study about the Management of Home-Help Service in Japan
第三語言論文名稱 日本における訪問介護サービス産業の経営について
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本研究所碩士班
系所名稱(英) Graduate Institute of Japanese Studies
學年度 93
學期 2
出版年 94
研究生中文姓名 曾淑媛
研究生英文姓名 Shu-Yuan Tzeng
電子信箱 shuyuan828@yahoo.com.tw
學號 691050081
學位類別 碩士
語文別 中文
口試日期 2005-05-29
論文頁數 183頁
口試委員 指導教授-任燿廷
委員-蔡錫勳
委員-劉慶瑞
中文關鍵字 長期照護  居家照顧  日本  訪問介護  介護服務  經營管理 
英文關鍵字 Long-term care  Japan  Home-help  Service  Management 
第三語言關鍵字 介護  ホームヘルパー  日本  訪問介護  介護サービス  経営管理 
學科別分類 學科別社會科學區域研究
中文摘要 隨著2000年「介護保險法」的實施,日本地區有更多的民間業者加入福祉產業。本研究首先藉由文獻探討,了解日本介護服務市場的現狀與特徵,其後使用經營策略分析之手法,探討目前訪問介護服務市場之民間業者所面臨外部環境的機會與威脅,以及內部環境的優勢與劣勢。同時,兼以對市場上業者常使用之策略並搭以個案方式進行探討。
研究結果顯示,訪問介護服務之供需在快速成長及撤除市場規制下,提高品質的服務對訪問介護服務產業之經營主體而言,是一環相當重要的經營要素。又,人力資源管理將是攸關企業提升品質的關鍵。因此,有效控管人事成本將可以產生相當大的效益。在民間營利業者其經營策略之探討方面,發現業者很難求得服務內容的「高度差異化」,藉以提高附加價值之策略,反而採用如:建立IT體制、善用組織內外部之網絡、較有彈性的人事體制、多角化發展或是同時經營複合型服務等方式,提高經營效率,著重於降低生產成本策略之業者居多。
此外,從日本民間訪問介護業者的經營方式來看,則有幾點可供台灣業者作為參考。一、該產業若無法取得來自顧客的信賴,將很難拓展事業。二、設置據點於大都市區、次都市圈等地點,由於位處人口密集之處,除了市場有較高的發展性之外,人員移動時間得以縮短,業者容易收得較高之經營效率。三、雇用人員中,應主以第一線照顧服務員、個案管理師為主,至於中間管理階層職位之設定應愈少愈好。四、建立組織內外部網絡。五、提供複合化、多樣性服務。六、對業者來說,在考量降低人事成本及為因應業務量變動而保持之彈性下,未來對於非正式員工進行符合其職務的相關能力開發以及如何提高員工之滿意度將是需面臨之人事課題。
英文摘要 After the implement of Long-Term Care insurance Law in the year of 2000, there are more private enterprises have joined in welfare service sector in Japan. My study is through the document research to understand the present conditions and the features of the long-term care business market in Japan. Then, focus on the private home-help service providers, discuss the opportunities they have and the threats they are facing, their superiority and inferiority by analytic method of the administrative strategy. In the meantime I would like to discuss the strategies used by the corporations in several case studies.
The research shows the importance of the quality improvement in the management of the home care service when market is growing rapidly, and when government removes the barriers. Not only the human resource management is a key point to improve the quality of the service, but also the manager can get a lot of profit from controlling well labor cost. Beside, it is not easy for managers to improve higher value and get higher profits far away from other competitors. However, there are a lot of managers take the strategies such as building the IT system and flexible personal system , efficiently using the organization’s inside and outside net-works, developing diversification or provide complex services to customers, in order to improve the efficiency, to get more profit and to lower the cost.
Finally, there are some suggestions for Taiwanese home-care enterprises. First, the home-help service provider should get the trust from their customers to develop their business. Second, to be more efficient, the service location should be near cities, because of well development and for the time saving for home-care-giver to move from the one customer to another.  Third, the companies need more care-givers than management employees.  Fourth, keep all the networks working well.  Fifth, providing complex services and creating more services that would meet customers’ satisfaction. Sixth, the managers would solve the dilemmas between human resource management about informal employees, such as the employees’ satisfaction and the career education, and keep the cost down.
第三語言摘要 2000年の「介護保険法」の実施に伴い、日本では福祉産業に参入する民間業者の数が大幅に増えてきた。本研究は先行研究により、まず日本における介護サービス産業の現状と特徴をまとめる。そして、訪問介護サービスの市場における民間業者を研究対象として、現在、その経営の外部の「機会と脅威」及び組織内部の「強みと弱さ」を経営の戦略分析で明らかにする。加えて、ケーススターティを通じて、業者によく使われる戦略を紹介する。
研究の結果、訪問介護サービスの需給は見込みより上回ってきたことばかりか、民間業者に対する制限が排除される方向へ政策が進んでいる上に、品質の向上にこだわるサービスを提供することは企業の経営者にとって業績を上げる要因として扱われる。また、人的資源管理は品質を高めるためのキーポイントだと言える。もし適当に人件費を抑えることができれば、利益が出ると見込める。民間営利業者の経営の戦略において、業者はコンペティターより差別化を進め、付加価値を上げることでは発展しにくいことが明らかである。一方、コスト・ダンを図るために、ITシステムと弾力的な人事体制を築いたり、組織外部のネットワークをうまく利用したり、多角化的に発展させたり、複数的なサービスを提供したりする手段を取りながら、効率も上げる戦略を取った業者が数多いと見られる。
日本における民間介護業者の経験を見ると、台湾側にとって参考になることは以下のようにまとめれる。一、介護サービスの市場に顧客の信頼を得るかどうかは事業が順調に発展していく大切な要因の一つと見られる。二、人口が密集している都市圏とその周りを中心として拠点を設置すると市場の発展性も見込まれ、従業員の実際稼動率も高めることができる。三、中間層における管理者の人数を減らし、現場のホームヘルパーとケアマネージャを中心として雇えば利益を高めるだろう。四、組織の外部と内部に関連するネットワークを作ることが必要である。五、複合化、多選択肢のサービスを提供することにより、顧客の満足度も向上できるようになる。六、人件費を削減したり、業務に応えるように弾力的な体制を作る。一方、非常雇職員についてポジションに応える能力の開発、従業員の満足度などの課題も出てくる。
論文目次 目次
第一章 序論
第一節 研究動機與背景…………………………………………………………1
第二節 研究目的…………………………………………………………………3
第三節 研究方法…………………………………………………………………4
第四節 研究限制…………………………………………………………………4
第五節 本文構成…………………………………………………………………6
第六節 名詞解釋…………………………………………………………………7
第二章 文獻探討
第一節 台灣之相關文獻…………………………………………………………8
第二節 日本之相關文獻……………………………………………………… 21
第三節 台日相關文獻探討之比較…………………………………………… 43
第四節 小結…………………………………………………………………… 48
第三章 訪問介護服務產業之民間營利企業的外部策略分析
第一節 介護服務產業概念……………………………………………………51
第二節 訪問介護服務產業總體環境分析……………………………………57
第三節 訪問介護服務產業之使命、目標與外部分析………………………72
第四章 訪問介護服務產業之民間營利企業的內部策略分析
第一節 民間營利企業於訪問介護服務產業之經營………………………… 87
第二節 訪問介護服務產業之民間營利企業的內部策略分析………………113
第三節 訪問介護服務產業之民間營利企業的SWOT分析………………… 127
第五章 結論與建議
第一節 結論…………………………………………………………………… 136
第二節 建議…………………………………………………………………… 138
參考文獻………………………………………………………………………… 142




表次
表2-1 台閩地區近十年長期照護需求調查相關研究匯整………………………10
表2-2 台閩地區老人安養、養護機構概況………………………………………12
表2-3 台閩地區各縣市獨居老人人數及服務概況………………………………12
表2-4 各類長期照護服務機構經營困難之情形…………………………………16
表2-5 介護保險修正的課題………………………………………………………36
表2-6營業法人在介護事業容易產生的問題事例………………………………38
表3-1 高齡者福祉服務的供給主體………………………………………………52
表3-2 銀髮族事業之市場再分類…………………………………………………54
表3-3 介護服務相關經濟指標……………………………………………………60
表3-4 團塊世代及其前後人口之狀況表(2002年10月)……………………78
表4-1 民間介護服務市場主要大企業的經營策略與其收支結構……………88
表4-2 民間介護大企業之本業類型及於介護市場之發展項目…………………91
表4-3 市場主要介護企業的銷售額和利益………………………………………96
表4-4 訪問介護的介護報酬修定前後的單價……………………………………100
表4-5 通所介護的介護報酬修定前後的單價……………………………………100
表4-6 コムスン的團體之家與自費老人之家的經營……………………………105
表 4-7 巡迴型訪問介護(身體介護未滿30分鐘)的時段單價…………………108
表4-8 「厚生勞働省的介護服務事業經營現狀調查」(2002年三月)………118
表4-9 民間企業推出新服務之案例………………………………………………123










圖次
圖1-1 居宅服務業者提供服務之組合情況…………………………………………5圖3-1 福祉需求與行政負責層級之發展概念……………………………………52
圖3-2「垂直額外累加性服務」、「平行額外擴充性服務」之舉例………………55
圖3-3 廣義之銀髮族產業市場總括圖……………………………………………56
圖3-4 總體環境的角色……………………………………………………………57
圖3-5 日本未來高齡者人口所佔比例推估………………………………………58
圖3-6 主要居宅介護服務接受給付者的人數推移狀況…………………………62
圖3-7 介護服務利用人數之變化…………………………………………………63
圖3-8 要介護度別來看要介護認定之人數推移狀況……………………………64
圖3-9 新型地區緊密型服務………………………………………………………65
圖3-10 新住所之示意圖…………………………………………………………66
圖3-11未來新預防給付範圍……………………………………………………67
圖3-12 日本經濟成長率的推移…………………………………………………69
圖3-13 日本經濟成長率(包括名目與實質成長率)與利率…………………70
圖3-14 日本物價指數……………………………………………………………70
圖3-15 策略管理程序的主要組成………………………………………………72
圖3-16 訪問介護市場之民間營利業者之五力分析……………………………75
圖3-17 介護保險的報酬體系(月收換算額)…………………………………81
圖3-18 要介護認定至介護服務之流程…………………………………………84
圖 4-1 松下電工的FC事業策略…………………………………………………93
圖 4-2 ニチイ学館銷售額的推移狀況……………………………………………97圖4-3 コムスン各經營項目之銷售額…………………………………………103
圖4-4 介護計程車服務的費用計算方式的修正情況…………………………106
圖 4-5 (株)ジャパンケアサービス與介護保險市場整體的訪問介護服務使用者的要介護分布比較………………………………………………………109
圖 4-6 ニチイ学館的「成長-佔有矩陣」…………………………………………111
圖4-7 ニチイ学館對照顧服務員之薪資支付與晉升條件………………………117
圖4-8 コムスン正式員工之人事體制重整狀況…………………………………120
圖4-9 福祉服務特徵之矩陣………………………………………………………122
圖 4-10企業類型之分類…………………………………………………………124
圖4-11 訪問介護服務企業成長曲線…………………………………………… 125
圖 4-12訪問介護服務成功經營之流程………………………………………… 135



























附錄
附錄一………………………………………………………………………………155
附錄二………………………………………………………………………………171
附錄三………………………………………………………………………………172
附錄四………………………………………………………………………………173
附錄五 ……………………………………………………………………………174
附錄六……………………………………………………………………………175
附錄七……………………………………………………………………………176
附錄八……………………………………………………………………………177
附錄九……………………………………………………………………………178
附錄十……………………………………………………………………………179
附錄十一…………………………………………………………………………180
附錄十二…………………………………………………………………………182
附錄十三…………………………………………………………………………183

參考文獻 參考文獻
中文(依作者姓氏排序)
專書
李世代等著(2003)《社區化長期照護之發展策略》,初版,台北:國家衛生研究院。
吳老德(2003)《高齡社會理論與策略》,初版,台北:新文京開發。
林銘貴(2003)《居家照護產業與公司經營模式案例探討-以美、日為例》,初版,新竹縣:工業技術研究院產業經濟與資訊服務中心。
黃俊英(1997)《行銷管理》,初版,台北:華泰。
陳清惠等著(2002)《長期照護》,台中:華格那企業,二版。
謝安田(1999)《人力資源管理》,初版,台北:謝安田。
中文譯書
王昭正、朱瑞淵譯(2000)《參與觀察法》,初版,台北:弘志文化。
黃營杉譯(1999)《策略管理》,第四版,台北:華泰。
董旭英、黃儀娟譯(2000)《次級資料研究法》,初版,台北:弘志文化。
論文專書
余玉眉、吳凱勳(1990)《居家照護納入全民健康保險給付之可行性研究》,出版,台北:行政院經濟建設委員會。
李美玲、楊培珊(2001)《社區長期照護資源評估與建檔之研究》,初版,台北:內政部。
吳肖琪等人(2003)《台閩地區失能老人機構照護供需資源分佈狀況調查研究》,初版,南投:內政部。
陳靜敏、吳淑瓊、呂寶靜等(2001)《我國長期照護服務之評估研究(修正本)》,台北:內政部。
戴玉慈、吳淑瓊等(2002)《長期照護服務員角色和培訓留任策略之研究》,初版,台北:內政部。
論文期刊
周麗芳、王媛慧(2000)〈台灣地區老人照護機構效率之研究〉《國立政治大學學報》,第八十一期,131~153頁。
周麗芳、林佳慧(2003)〈台灣地區老年長期照護費用推估〉《保險實務與制度》,第二卷第一期,59-81頁。
游慧光、朱弘毅(2001)〈醫療照護真的是奢侈財嗎?〉《臺灣銀行季刊》,第52卷第2期,333~340頁。
劉嘉年(1996)〈長期照護經濟評估〉《空大生活科學學報》第二期,269-285頁。
碩博士論文
江憶均(2001)《大高雄地區護理之家經營管理制度之比較研究》,義守大學管理科學研究所碩士論文。
陳建璋(2003)《台北市都會區長期照護機構評鑑得分相關因素之分析》,台灣大學醫療機構管理研究所碩士論文。
彭安娜(2003)《雲嘉地區護理之家之市場區隔研究》,中國醫藥學院醫務管理研究所碩士論文。
劉伯龍(2001)《台灣北部地區長期照護機構經營者採取策略聯盟意向之研究》,國防醫學院公共衛生學研究所碩士論文。
蘇淑貞(2001)《台灣地區護理之家服務現況之探討》,台北醫學院護理學研究所碩士論文。
雜誌、報紙類
統計局(2003)《中華民國統計月報》,第450期,9頁。
譚開元、蔡闇闇、陳秀玫(2001)〈老人長期照護發展現況及新世紀醫療網-長期照護之規劃〉《長期照護雜誌》第五卷第一期,1-12頁。
中文網站
「行政院主計處」http://www.dgbas.gov.tw/  
「行政院主計處-民國八十九年台灣地區戶口及住宅普查」http://www.dgbas.gov.tw/
「內政部統計處-民國八十九年老人狀況調查報告」http://volnet.moi.gov.tw/sowf/04/01.htm
「台灣內政部統計局-老人安養養護機構調查」http://www.moi.gov.tw/stat/index.asp
「台灣內政部統計局-獨居老人概況及服務概況」
 http://www.moi.gov.tw/stat/index.asp
「台灣經濟研究院產經資料庫」http://tie.tier.org.tw
「內政統計通報-91年老人福利服務統計」http://www.moi.gov.tw/stat/
「內政統計通報-戶籍登記人口統計(2004.3)」http://www.moi.gov.tw/stat/
「交銀通訊- 簡介美國的「安老房貸」(Reverse Mortgage)」http://www.ctnbank.com.tw/ctb_4_1/upload/2004_11_05.pdf
「衛生署醫政處老人長期照護三年計畫」http://www.doh.gov.tw/newdoh/90-org/org-1/b5new0229-1.html
「技術革新與競爭政策之探討(rent seeking)」http://www.dgt.gov.tw/chinese/Research-outsource/Ro-93/MOTC-DGT-93-003-rpt-05.pdf
「經建會網站-照顧服務產業發展方案方案內容」 http://www.cepd.gov.tw
「台灣經濟研究院產經資料庫」http://tie.tier.org.tw
「台灣法律諮詢網」http://law.moj.gov.tw

日文(按あいうえお順)
專書
伊藤元重(2002)『入門経済学』第2版、東京:日本評論社。
小野瀬由一・小野瀬清江(2002)『介護ビジネス2002』初版、東京:同友館。
小野瀬由一・小野瀬清江(2003)『介護ビジネス2003』初版、東京:同友館。
岡本茂雄・藤森敏雄・須貝道雄(2004)『介護ビジネス“勝ち組”の秘訣-どこが違う、何がコツ?』初版2刷、東京:厚生科学研究所。
介護福祉ビジネス研究会編(1999)『10兆円介護ビジネスの虚と実』、初版、東京:日本医療企画。
株式会社ビッグペン(2002)『業界系列地図』初版三刷、東京:かんき出版。
川村匡由(2000)『介護保険とシルバーサービス』初版、京都:ミネルヴァ書房。
川村匡由(2003)『高齢者福祉論』初版、京都:ミネルヴァ書房。
厚生労働省(2004)『厚生労働白書平成十六年版』初版、東京:厚生労働省。
厚生労働省(2004)『労働労経済白書16年版-雇用の質の充実を通じた豊かな生活の実現に向けた課題-』初版、東京:厚生労働省。
厚生労働省大臣官房統計情報編(2004)『平成14年介護サービス施設、事業所調査』初版、東京:財団法人統計協会。
国府田文則著、三和総合研究所編(2001)『介護・生活支援ビジネス最前線』、東京:工業調査会。
志築学著、日本アプライドリサーチ研究所編(1999)『介護・高齢者サポートビジネス150選』初版、東京:日本実業出版者。
社会法人シルバーサービス振興会(2000)『介護ビジネス“起業”ガイドブック-介護ビジネス成功のために-』初版、東京:社会法人シルバーサービス振興会。
生活情報センター(2003)『介護サービス統計資料年報』初版、東京:生活情報センター。
長谷憲明(2004)『介護保険制度入門~成立の背景・法のしくみ・制度の見直し~』初版、東京:瀬谷出版。
西村和人(2000)『これで万全!介護施設の最新経営・労務管理のすべて』、初版、東京:日本法令出版。
日経BP社介護情報センター(2001)『高齢者医療・介護経営2002年からの新戦略』初版、東京:日経BP社。
日本へするケア21編集部(2003)『介護ビジネスパワーアップガイド』初版、東京:日経BP社。
日本ビジネス開発株式会社(1999)『シニア・シルバービジネス白書―介護保険法施行で離陸するシルバービジネス―』初版、大阪:日本ビジネス開発。
日本ビジネス開発株式会社(2002)『シニア・シルバービジネス白書―次代を担うシニア・シルバービジネス有望ビジネスコンセプト10―』初版、大阪:日本ビジネス開発。
日本ビジネス開発株式会社(2003)『シニア・シルバービジネス白書―シニア・シルバービジネスを成功に導く五つの視点と先行ビジネスモデル―』初版、大阪:日本ビジネス開発。
日本ビジネス開発株式会社(2004)『シニア・シルバービジネス白書―シニア・シルバービジネスモデルのジャパンモデルを探る―』初版、大阪:日本ビジネス開発。
服部万里子(2003)『介護ビジネス実践ガイド』、初版2刷、東京:PHP研究所。
早川浩士著(2002)『データで徹底分析 介護事業の最新動向と経営展望』初版、東京:日本医療企画。
増田雅暢(2004)『介護保険見直しへの提言-5年目の課題と展望-』初版、東京:法研。
矢野経済研究所(2002)『在宅介護・療養市場の展望と戦略』初版、東京:矢野経済研究所。
UFJ総合研究所(2002)『2003年日本はこうなる』、一版、東京:講談社。
渡辺孝雄・服部治・小島理市(2004)『福祉産業経営』初版、東京:同文館。
論文專書
角田由佳(2000)「介護サービス産業の実態と課題」国立社会保障・人口問題研究所編『医療・介護の産業分析』東京:東京大学出版社。
清水谷諭・野口晴子(2004b)『介護・保育サービス市場の経済分析』東京:東洋経済新報社。
南部鶴彥(2000)「介護サービス産業への公的介護保険導入の経済的帰結」国立社会保障・人口問題研究所編『医療・介護の産業分析』東京:東京大学出版社。
論文期刊
大森信(2003a)「訪問介護ビジネスに関する研究 -中小企業の戦略とマネジメント-」『JIUイノベーションセンター所報』第2巻第1号、pp.99-109。
大森信(2003b)「福祉ビジネスに関する研究」『城西国際大学紀要』第11巻第1号、pp.27-37。
大森信(2004a)「訪問介護ビジネスに関する研究 -大手企業の戦略とマネジメント-」『JIUイノベーションセンター所報』第3巻第1号、pp.63-73。
大森信(2004b)「訪問介護ビジネスの現状と課題、そしてその可能性に関する研究」『城西国際大学紀要』第12巻第1号、pp.43-54。
粟沢尚志(1999)「クラスターと介護ビジネスの新しい成長要因—経済学的側面と経営学的側面-」『南大阪大学紀要』第2巻第1号、pp.123-133。
宣賢奎・宮城好郎・吉田浩(2003)「民間大手企業のシルバーサービス事業への進出に関する研究」『岩手県立大学社会福祉学部紀要』第5巻第2号、pp.1-26。
宣賢奎・宮城好郎(2004)「居宅介護サービス事業者の利用者確保に関する研究」『岩手県立大学社会福祉学部紀要』第7巻第1号、pp.19-34。
坂爪総子(2004)「介護の経済学的視点:家族介護と介護サービス」『現代社会研究(京都女子大学社会学部)』第6巻、pp.39-47。
清水谷諭・野口晴子(2003a)「介護サービス市場の実証研究4 要介護認定率の上昇と在宅介護サービスの将来需要予測-要介護者世帯への介護サービス利用調査による検証-」『ESRI Discussion Paper Series』第60号。
清水谷諭・野口晴子(2003b)「長時間介護はなぜ解消しないのか?-要介護者世帯への介護サービス利用調査による検証-」『ESRI Discussion Paper Series』第70号。
清水谷諭・野口晴子(2004a)「介護サービス市場の実証研究7 在宅介護サービス需要の価格・所得弾力性-仮想市場法(CVM)及び実際の介護需要による推定-」『ESRI Discussion Paper Series』第85号。
清水谷諭・オリビア・ミッチェル˙ジョン・ピゴット(2004c)『日本の高齢者介護:展望と課題』『ESRI Discussion Paper Series』第118号。
鈴木亘、周燕飛(2004)「日本の訪問介護市場における市場集中度と効率性、質の関係」『日本経済研究』第49号、pp.173-187。
大日康史(1999)「介護需要関数の推定」『1998 年度中小企業の経営者の実態に関する調査研究会研究報告書』。
大日康史˙鈴木亘(2000)「介護保険の市場分析」『季刊社会保障研究』第36巻第3号、pp.338-352。
高山誠・梅田勝(2003)「医療・介護ビジネスの特殊性と経営戦略」『オフィス・オートメーション学会誌』第24巻第3号、pp.11-16。
降矢順治(2002)「IT革命とわれわれの生活への影響について」『JIUイノベーションセンター所報』第1巻第1号、pp.21-33。
坪倉麻衣子(2002)「介護サービスにおける戦略展開の考察:理念が企業活動に与える影響」『広島大学マネジメント研究』第2巻、p.59。
光成英正(2002)「介護サービス事業における「質」向上へのシステム構築-ISO9001:2000の手法を基にしての取り組み-」『折尾女子大学経済短期大学論集』第37巻、pp.3-31。
山口厚江(2003)「介護サービス市場と介護ビジネス」『作新経営論集』第12巻、pp.157-179。
研討會論文
陳玉蒼(2004)『介護保険における高齢者福祉サービスに関する評価の一考察-訪問介護サービスを中心に』、日本社会福祉学会第52回全国大会報告。
期刊、雜誌、報紙類
足利銀行融資本部編(2003)「調査レポート(1)シルバービジネスの動向-注目される介護サービス-」『Ashigin report』、第2巻、pp.2-3。
生田正幸(2002)「シリーズ論点 福祉・介護サービスのIT化、情報化を展望する」、『月刊福祉』第85巻第2号、pp.76-81。
石川明寿・久留善武・深谷昌弘「巻頭座談会 介護サービス事業の経営と質」『月刊ケアマネジメント』第13巻第8号、pp.8-15。
折口雅博(2003)「福祉最前線グッドウィルーグループ会長兼CEO折口雅博 介護事業に民間から初参入-コムスンその成功の法則」『財界人』第16巻第9号、pp.52-55。
折口雅博(2003)「巨額赤字は「認知度」が原因断じて失敗ではない-折口雅博」『週刊ダイヤモンド』第91巻第16号、pp.42-43。
折口雅博・佐藤尊徳(2004)「訪問介護-折口雅博—表紙の人インタビュー介護インフラを整えれば医療費はもっと削減できる-」『経済界』第39巻第9号、pp.126-128。
川崎慎介(2004)「特集-介護サービス“異業種参入組”の実力」『日経ヘルスケア21』第174号、pp.65-70。
介護保険研究所編(2000)「-特集-ビジネスとしての介護サービス-介護が「新市場」となる可能性と条件」『介護保険情報』第1巻第3号、pp.48-53。
介護保険研究所編(2000)「特集2ビジネスとしての介護サービス-訪問介護の大手3社、その実力と戦略」『介護保険情報』第1巻第3号、pp.38-47。
月刊介護保険(2002)「専門性を備えたプロならではのサービスを提供対馬徳昭(つしまのりあき)」『月刊介護保険』第79号、pp.4-6。
月刊人材ビジネス編(2000)「特集介護保険法施行目前シリーズ~Part1 21世紀地域密着型の介護ニーズが高まる介護インフラはほぼ完了~」『月刊人材ビジネス』第155号、pp.2-13。
小山秀夫(2002)「グループ経営の技術」『介護保険(法研)』第7巻第82号、pp.18-21。
小林謙一(2003)「介護老人保健施設における人事・教育の課題」『看護部マネジメント』第8巻第176号、pp.9-17。
小林謙一(2003)「介護事業の人事・給与管理と経営状況(2)事業所長・施設長アンケート調査のまとめ」『生活経済政策』第79巻第495号、pp.36-40。
小林謙一(2004a)「介護事業の経営主体と人事・給与管理~法人などの種類別比較~(上)」『労働の科学』第59巻第6号、pp.43-48。
小林謙一(2004b)「介護事業の経営主体と人事・給与管理~法人などの種類別比較~(中)」『労働の科学』第59巻第7号、pp.52-55。
小林謙一(2004c)「介護事業の経営主体と人事・給与管理~法人などの種類別比較~(下)」『労働の科学』第59巻第8号、pp.54-59。
産業雇用安定センター編(2002)「大きな雇用創出効果が期待される産業の世界を探る」『かけはし』第16巻第9号、pp.3-8。
島田晴雄(2004)、「島田晴雄の企業訪問 21世紀の未来型企業と経営者(26)香取眞恵子やさしい手社長質の高い人材とサービスで介護ビジネスを革新」『経済界』第39巻第10号、pp.100-102。
社団法人かながわ福祉サービス振興会(2002)「事業所のサービス評価を公表する「介護サービス評価プログラム」」『月刊ケアマネジメント』第13巻第8号、pp.18-19。
全国社会福祉協議会企画部編(2003)「福祉サービス第三者評価事業の動向」『月刊福祉』第86巻第14号、pp.20-23。
対馬徳昭・村田幸子(2002)「Interview 対馬徳昭(株)ジャパンケアサービス会長――専門性を備えたプロならではのサービスを提供」『介護保険』第7巻第79号、pp.4-6。
鄭佳紅・小山秀夫(2003)「介護報酬と施設・事業所経営を考える-介護報酬改定に伴う影響とその対策-」『医療最前線 看護部マネジメント』第8巻第163号、pp.28-32。
中田慶子(2001)「介護サービス市場化への課題」『季刊未来経営』第2巻、pp.49-56。
日経BP社編(2002)「介護サービス介護大手3社を徹底分析(2)訪問介護の黒字化で勢いづく民間大手・ニチイ学館--医療事務の収益力が背景に、貸与事業も独自展開へ」『日経ヘルスケア21』第147号、pp.56-59。
日経BP社編(2002)「IT活用最前線介護サービス利用者情報管理システム各種介護サービスの利用者情報を一元管理」『日経ヘルスケア21』第150号、pp.127-129。
寺田明彦・千田敏之(2003)「訪問介護の報酬アップは評価するがヘルパー待遇改善にはまだつながらない」『日経ヘルスケア21』第161号、pp.64-66。
日経BP社編(2003)「介護サービス介護報酬改定で戦略見直し迫られる介護タクシー—既存事業者は減収も、訪問介護社会は相次ぎ参入」『日経ヘルスケア21』第162号、pp.60-63。
日経BP社編(2003)「介護サービス迫られる居宅介護支援事業の再構築―専任への切り替えや複数事業所の集約を図る例も」『日経ヘルスケア21』第165号、pp.55-58。
日経BP社編(2003)「小規模・多機能サービス拠点の基準、報酬体系はどうなる--訪問から通所、入居まで一貫したケアの提供を目指す」『日経ヘルスケア21』第167号、pp.57-60。
日経BP社編(2004)「ヘルスケアリーダーセントケア株式会社社長村川義晴氏 創業20年で介護企業を株式公開 足元固めて次なる飛躍目指す」『日経ヘルスケア21』第171号、pp.3-5。
日経BP社編(2004)「通所介護サービスの集客力はこうして高める-内装の工夫や特色あるメニューで差別化を図る-」『日経ヘルスケア21』第172号、pp.62-66。
日経BP社編(2000)「ビジネススペシャル 誤算続きの介護元年―コムスン、ニチイの辛酸公的セクターの牙城崩せず業績火の車」『日経ビジネス』第1070 号、pp.140-143。
日経BP社編(2002)「経営戦略—収支改善グッドウィル・グループ請負・介護に「選択と集中」」『日経ビジネス』第1172号、pp.64-67。
日経BP社編(2003)「ニチイ学館 社長の千里眼で負け知らず」『日経ビジネス』第1212号、pp.36-38。
日本医療企画編(2000)「介護ビジネスの全面展開なるか」『ばんぶう』第224号、pp.20-41。
日本医療企画編(2002)「経営データで徹底分析-ニチイ学館&日本医療事務センター(その2)」『フェイズ3』第217号、pp.100-102。
日本医療企画編(2003)「経営データで徹底分析-リネンサプライ業界―外部委託の歴史も長い“成熟産業”介護市場などへの多角化が進む」『フェイズ3』第226号、pp.94-96。
日本経済新聞「高齢者の自立きめ細かく支援」2005年2月19日
飯田昭雄(2003)「介護サービス業」『税経通信』第58巻第14号、pp.120-127。
八代尚宏(2000)「論壇介護サービス産業の将来性」『介護保険情報(社会保険研究所)』第1巻第6号、pp.20-24。
早川浩士(2003)「介護サービス在宅介護マーケットの動向を最新データで都道府県別分析」『日経ヘルスケア21』第165号、pp.60-64。
ばんぶう編(2003)「第2特集「介護経営」をどう再構築するか」『ばんぶう』第261号、pp.113-120。
毎日新聞社編(2000)「介護ビジネスの誤算―全国ブランドが通用しない大手、地域密着で健闘する中小業者」『エコノミスト』第78巻第38号、pp.62-69。
村松謙一(2003)「大手介護企業は報酬改定をこう乗り切った!」『日経ヘルスケア21』第168号、pp.22-34。
村松謙一・豊川琢(2001)「特集徹底分析・介護大手3社の「実力」--コムスン・ジャパンケアサービス・ニチイ学館の次なる戦略とは」『日経ヘルスケア21』第146号、pp.42-52。
村松謙一(2002)「特集 本格化する大企業の介護事--独自の戦略で新たなビジネスモデルを構築」『日経ヘルスケア21』第157号、pp.22-34。
山田正和(2000)「「コムスン、ニチイ学館、ベネッセ」本気で介護をする気はあるのか」『財界展望』第44巻第12号、pp.70-73。
山田正和(2001)「コムスンだけではない!「ニチイ学館」も苦闘する介護ビジネス」『実業界』第866号、pp.30-33。
山本智恵子(2003)「介護サービス市場の概要~事業者の視点から~」『りそな経済調査』第7巻、pp.2-7。
豊川琢(2004)「決算に見る大手介護企業の動向と戦略」『日経ヘルスケア21』第177号、pp.43-53。
横山寿一(2002)「新局面に入った福祉の産業化—老人介護ビジネスを中心に(02年新春・特大号 小泉政治の特質と福祉・医療制度改革について)」『賃金と社会保障』第1313・1314号、pp.57-66。
落合将則(2004)「老健の現状と将来を見つめた取組み-日本社会における未来型高齢者介護への取組み-」『医療経営最前線 経営実践編』第14巻第294号、pp.9-15。
リクルート編(2004)「ニチイ学館「入口」と「出口」の両方を満足させる教育」『カレッジマネジメント』第22巻第3号、pp.62-65。
日文網站
「介護施設の種類と特徴」http://www.kaigo-web.info/kouza/hiroshima/no1/
「介護保険導入後の民間事業者の予測と実態 ニチイ学館の事業建て直し報告」http://allabout.co.jp/career/careerwelfare/closeup/CU20020306/index.html
「介護用語集」http://aijinkyo.ld.infoseek.co.jp/yougosyu.htm
「GDP・景気・経済」http://www.amy.hi-ho.ne.jp/umemura/
「厚生労働省-介護施設の種類と特徴」http://www.kaigo-web.info/kouza/hiroshima/no1/
「厚生労働省-介護サービス利用者数の実数推移」http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/kentou/15kourei/zuhyou1-1.html
「厚生労働省-介護保険制度改正関係」http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/kaigi/040914/index.html
「厚生労働省-介護保険制度改革の全体像~持続可能な介護保険制度の構築~」http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1222-3.html。
「厚生労働省-介護保険制度の実施状況」http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/07/s0707-4b1.html
「厚生労働省-介護保険制度の実施状況について」http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/kaigi/030908/1-1.html
「厚生労働省-介護保険制度の見直しに関する意見(図2)」http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/07/dl/s0730-5a.pdf
「厚生労働省-介護保険制度の見直しについて」
 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/09/s0929-12d.html
「厚生労働省-介護報酬の見直しについて」http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/bukyoku/rouken/3.html
「厚生労働省-高齢者介護研究会報告書<2015年的高齡者介護~高齢者の尊厳を支えるケアの確立に向けて~>」 http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/kentou/15kourei/index.html
「厚生労働省-社会福祉基礎構造改革の実施状況について」http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/07/s0728-3b.html
「厚生労働省-平成15年介護サービス施設・事業所調査結果の概況」     http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/service03/index.html
「国民健康保険中央会-介護給付費の状況(平成14年度分)」http://www.kokuho.or.jp/
「コムスンホームページ」http://www.comsn.co.jp
「ジャパンケアサービス」http://www.japan-care.com
「図録 日本経済成長率の推移」http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/4400.html
「製品安全協会-SGマーク制度について」http://www.sg-mark.org/SEIDO/seido_index.htm
「中小企業白書2003年(連結の経済性)」http://www.chusho.meti.go.jp/hakusyo/h15/html/15242110.html
「統計局-人口推計」http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2.htm
「統計局-日本の統計物価、地価」http://www.stat.go.jp/data/nihon/17.htm
「統計局-金融・保険」http://www.stat.go.jp/data/nihon/14.htm
「読売新聞-日比FTA、介護士受け入れで新提案 」http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news_i/20041028so11.htm
「内閣府世論調査」http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2400.html
「ニチイ学館」http://www.nichigakkan.co.jp
「ニチイ学館事業報告書」http://nichigakkan.co.jp
「日経」http://company.nikkei.co.jp/index.cfm?nik_code=0016248
「日経新聞―比貿易産業相「日比FTA、GDP3%押し上げ」」http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050125AT2M2400M24012005.html
「日経リサーチ」http://www.nikkei-r.co.jp/
「日本総務省統計局」http://www.stat.go.jp/data/sekai/0201.htm
「博士論文要旨-産業集積における「柔軟な連結」の達成プロセス(連結の経済性)」www.cm.hit-u.ac.jp/kyouiku/mcm/thesis/nukada1.html
「Poisson 分配、指數分配與排隊理論」http://episte.math.ntu.edu.tw/applications/ap_poisson/
「Population Reference Bureau:2003 World Population Data Sheet」http://www.prb.org/pdf/WorldPopulationDS03_Eng.pdf
「矢野経済研究所-2003年版住宅リフォーム市場の展望と戦略」http://www.yanoresearch.jp/pdf/press/030918.pdf
「わが国の高齢者介護における2015年の位置付け」
 http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/kentou/15kourei/3a.html#betsu3
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2005-06-14公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2005-06-14起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2281 或 來信