淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-0310201820170500
中文論文名稱 台灣社會對於外國語言能力的要求 -以英語及日語能力調查為中心-
英文論文名稱 A survey of the difference in foreign language proficiency in Taiwan -Focusing on the Japanese and English -
第三語言論文名稱 台湾における外国語能力に対する社会的要求 ―英語と日本語を例として―
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本語文學系碩士班
系所名稱(英) Department of Japanese
學年度 106
學期 2
出版年 107
研究生中文姓名 晉于婷
研究生英文姓名 YU-TING CHIN
學號 600100381
學位類別 碩士
語文別 日文
第二語文別 日文
口試日期 2018-06-25
論文頁數 131頁
口試委員 指導教授-馬耀輝
委員-劉長輝
委員-田世民
中文關鍵字 英日語教育  日文系學生大學  職場  英日語使用程度  台灣社會 
英文關鍵字 English–language education  Japanese–language education  Department of Japanese language and literature  University  Workplace  Foreign language Proficiency in Taiwan society 
第三語言關鍵字 英語及び日本語教育  日本語学科の学生  大学  職場  英語及び日本語の使用頻度  職場  台湾社会 
學科別分類
中文摘要 本論文是以台灣日文系大學生的英日語程度和實際上職場上所需求的英日語程度做比較。以問卷調查的方式,探討學校培養的英日語能力與職場上所需英日語能力差異。
英文摘要 This study is a survey to compared English and Japanese ability of Department of Japanese language and literature students in Taiwan could be able to use well on the workplace or not.
第三語言摘要 本論は、台湾において日本語学科の大学生の英語及び日本語能力は職場において要求されている英語能力及び日本語能力はいかなる差異があるのかについてアンケート調査によって探究したものである。
論文目次 目次

序論 1
第一節 研究動機と研究目的 1
第二節 先行研究 2
第三節 研究方法及び論文構成 6
第二章 教育現場における英語及び日本語に対する要求への調査 8
第一節 アンケート調査について 8
一、調査対象及び方法 8
二、調査内容 8
(一)インタビュイーの基本資料 9
(二) インタビュイーの外国語学習動機 9
(三)インタビュイーの職場の外国語能力への意識 10
(四)インタビュイーの外国語能力の現状 11
第二節 第一部分の調査結果 15
一、インタビュイーの基本資料 15
(一)性別及び学級 15
(二)英語及び日本語の学習開始時期 15
第三節 第二部分の調査結果 17
一、外国語の学習動機 17
(一)英語の部分 17
(二)日本語の部分 18
二、インタビュイーの職場の外国語能力への意識 19
(一)英語の部分 19
(二)日本語の部分 27
三、インタビュイーの外国語能力の現状 36
(一)学校から外国語能力検定試験に対する要求 36
(二)英語の部分 37
(三)日本語の部分 39
(四)英語の部分 41
結び 49
第三章 職場における英語及び日本語に対する要求への調査 51
第一節 アンケート調査について 51
一、調査対象及び方法 51
二、調査内容 51
(一)基本資料 51
(二)外国語の学習動機 53
(三)職場において外国語能力に対する要求 54
(四)職場においてインタビュイーの外国語能力の現状 55
第二節 第一部分の調査結果 59
一、インタビュイーの基本資料 59
(一)性別 59
(二)最終学歴及び卒業学科 59
(三)英語及び日本語を学習し始めた時期 60
(四)外国語能力に対する職場の評価について 61
(五)業種及び仕事年数 64
第三節 第二部分の調査結果 72
一、外国語の学習動機 72
(一)英語の部分 72
(二)日本語の部分 73
二、職場で求められる外国語能力 74
(一)英語の部分 74
(二)日本語の部分 81
三、インタビュイーの外国語能力の現状 90
(一)英語の部分 90
(二)日本語の部分 91
(三)英語の部分 93
(四)日本語の部分 97
結び 100
第四章 教育現場と職場における外国語に対する要求の相違 102
第一節 それぞれの相違について 102
一、学習時期 102
(一)英語の部分 102
(二)日本語の部分 102
二、学習動機との違い 103
(一)英語の部分 103
(二)日本語の部分 103
第二節 外国語能力に対する要求及び意識 104
一、英語能力に対する要求 104
二、日本語能力に対する要求 105
三、職場において外国語能力に対する要求 107
第三節 インタビュイーの外国語能力の現状 108
一、英語能力に対する現状 108
二、日本語能力に対する現状 109
三、職場において外国語能力検定の現状 110
結び 111
第五章 結論 112
参考資料・文献 116
一 日本語文献(年代順) 116
二 中国語文献 116
三 インターネット資料(中国語) 116
四 インターネット資料(日本語) 117
五 インターネット資料(英語) 117

表目次

表2-1英語の学習動機 17
表2-2日本語における学習動機 18
表2-3インタビュイーが職場において英語能力をどの程度必要とされるか 20
表2-4インタビュイーが職場において英語能力をどの程度必要とされるか 23
表2-5インタビュイーが職場において英語能力をどの程度必要とされるか 26
表2-6インタビュイーが職場において日本語能力をどの程度必要とされるか 27
表2-7インタビュイーが職場において日本語能力をどの程度必要とされるか 32
表2-8インタビュイーが職場において日本語能力をどの程度必要とされるか 34
表2-9英語能力検定を受けた動機 38
表2-10日本語能力検定を受けた動機 40
表2-11今学校から教えられる英語能力は実際の職場において応用できない理由 41
表2-12今学校から教えられる英語能力は実際の職場において応用できる理由 42
表2-13英語の授業の中で、将来職場において応用できると思う授業の科目 43
表2-14今学校から教えられる日本語能力は実際の職場において応用できない理由 45
表2-15今学校から教えられる日本語能力は実際の職場において応用できる理由 46
表2-16日本語の授業の中で、将来職場において応用できると思う授業の科目 46

表3-1仕事において英語が使用されている場合 65
表3-2仕事において日本語が使用されている場合 69
表3-3英語の学習動機 72
表3-4日本語の学習動機 73
表3-5職場で求められる英語能力 75
表3-6職場で求められる英語能力 77
表3-7職場で求められる英語能力 80
表3-8職場で求められる日本語能力 82
表3-9職場で求められる日本語能力 85
表3-10職場で求められる日本語能力 88
表3-11仕事上において英語でコミュニケーションをする時、常に困難を感じる場合 90
表3-12仕事上において日本語でコミュニケーションをする時、常に困難を感じる場合 92
表3-13職場に入る前に、英語能力検定を受けた動機 94
表3-14職場に入ってから英語能力検定を受けた動機 95
表3-15職場に入る前に、日本語能力検定を受けた動機 98
表3-16職場に入ってから、日本語能力検定を受けた動機 99

表4-1 CEFR英語能力熟達度 104
表4-2 JLPT日本語能力試験 認定の目安 106
表4-3 CEFRによって教育現場においての英語能力レベル 108
表4-4 CEFRによって職場現場においての英語能力レベル 110

図目次

図2-1性別  15
図2-2インタビュイーの学級  15
図2-3英語の学習開始時期  16
図2-4日本語の学習開始時期  16
図2-5職場で必要とされる英語能力 19
図2-6職場で必要とされる日本語能力 27
図2-7学校から英語及び日本語能力に対する卒業条件 36
図2-8大学在学期間において受けた英語能力検定  37
図2-9英語能力検定の成績  37
図2-10大学在学期間において受けた日本語能力検定 39
図2-11日本語能力検定の成績 39
図2-12学校から教えられた英語能力について 41
図2-13自分の英語能力に対して向上させる方法  44
図2-14学校から教えられた日本語能力について  44
図2-15自分の日本語能力に対して向上させる方法 48

図3-1インタビュイーの性別 59
図3-2インタビュイーの最終学歴 59
図3-3インタビュイーの卒業学科 60
図3-4英語を学習し始めた時期 60
図3-5日本語を学習し始めた時期 61
図3-6英語能力に対する職場の評価について 61
図3-7インタビュアー英語能力検定の成績 62
図3-8日本語能力に対する職場の評価について 63
図3-9インタビュアー日本語能力検定の成績 63
図3-12職場において英語能力に対しての要求程度  74
図3-13職場において日本語能力に対しての要求 82
図3-14自分の英語能力に対しての満足度 90
図3-15自分の日本語能力に対しての満足度 91
図3-16自分の英語能力に対して向上させる方法 93
図3-17職場に入る前に、受けた英語能力検定 94
図3-18職場に入ってから、受けた英語能力検定 95
図3-19自分の日本語能力に対して向上させる方法 97
図3-20職場に入る前に、受けた日本語能力検定 98
図3-21職場に入ってから、受けた日本語能力検定 99

付録 アンケート用紙.....................................118




參考文獻 一 日本語文献(年代順)
日本語能力の位置付け」、『日本語教育研究』41号。
陳淑娟(1990)著『日本語教育における言語学習と文化学習の相関性をめぐって』豪峰出版社。
石川清彦・池田万季(2004)「日本企業が期待する日本語能力」『いろは』16号、財団法人交流協会日本語センター。
王敏東、邱勝宏、趙啟任、林佳欣、林丕崧、呂華琦 著(2001)「職場市場における日本語能力の位置付け」、p107『日本語教育研究』41号。

二 中国語文献
張玉櫻(2011)〈從臺灣企業界之外語人才需求看應用外語系的課程規劃〉《英語教學 English Teaching &Learning 》35.2(2011 Special Issue)、頁139-183、元智大學。
黃英哲、陳美玲、羅曉勤、陳文敏(2013)「台湾実業界の日本語使用場面に関する基礎調査」、『2013 年 春季日語教學研究發表會』、(2013 年 3 月 23 日,台灣・東吳大學)。


三 インターネット資料(中国語)

求人サイト
https://www.104.com.tw/
求人サイト 
https://www.1111.com.tw/ 
〈産業表〉(中華民国経済部統計処)
https://www.stat.gov.tw/public/Attachment/51230162221KI9NIEKP.pdf
〈文藻日本語文學系日文畢業門檻〉
http://c025.wzu.edu.tw/ezcatfiles/c025/img/img/233/728222464.pdf
〈淡江大學外國語文學院日本語文學系學生 日語能力畢業標準檢定規則〉
http://www.tfjx.tku.edu.tw/files/archive/195_db4ca661.pdf
台湾TOEIC公式サイト、スコアの目安http://www.toeic.com.tw/toeic_news_pub.jsp?type=4&pmid=84
〈文藻外語大學各系語言能力檢定一覽表〉http://d004.wzu.edu.tw/datas/upload/files/HighEdAttch1_17/Attch02.pdf。
〈淡江大學英語能力檢定畢業門檻實施要點〉http://www2.tku.edu.tw/~tscx/2009chinese/other/200809~after-EngExam.pdf
《教育部推動英語能力檢定測驗處理原則》( 民國 94 年 06 月 28日)http://edu.law.moe.gov.tw/LawContentDetails.aspx?id=FL036216&KeyWordHL=

三 インターネット資料(日本語)

「産業表」(日本総務省)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000286962.pdf
CEFR 参照枠 日本語公式サイト
https://www.britishcouncil.jp/programmes/english-education/updates/4skills/about/cefr 
日本語能力試験 JLPT (認定の目安)
https://www.jlpt.jp/about/levelsummary.html

四 インターネット資料(英語)
Common European Framework of Reference for Languages: Learning, Teaching, Assessment (CEFR) (ヨーロッパ言語共通参照枠) 、CEFR 公式サイト、http://www.coe.int/en/web/common-european-framework-reference-languages/
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2018-10-05公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2018-10-05起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2486 或 來信