淡江大學覺生紀念圖書館 (TKU Library)
進階搜尋


下載電子全文限經由淡江IP使用) 
系統識別號 U0002-0307201921422300
中文論文名稱 訪問日本、中國、韓國、台灣和香港觀光的要因分析-以Panel Data和重力模型(Gravity Model)分析-
英文論文名稱 A Panel Data Analysis of International Tourist Arrivals : Evidence from Japan, China, Korea, Taiwan and Hong Kong
第三語言論文名稱 日本、中国、韓国、台湾、香港の観光の要因分析ーパネルデータと重力モデルによる分析ー
校院名稱 淡江大學
系所名稱(中) 日本政經研究所碩士班
系所名稱(英) Master's Program, Graduate Institute of Japanese Political And Economic Studies
學年度 107
學期 2
出版年 108
研究生中文姓名 李麗芳
研究生英文姓名 Li-Fang Lee
學號 606300027
學位類別 碩士
語文別 日文
口試日期 2019-06-20
論文頁數 135頁
口試委員 指導教授-小山直則
委員-蔡錫勳
委員-洪振義
中文關鍵字 追蹤資料分析  重力模型  日本  中國  韓國  香港  臺灣 
英文關鍵字 Panel Data  Gravity Model  Japan  China  South Korea  Hong Kong  Taiwan 
學科別分類
中文摘要 全球觀光產業正蓬勃發展「觀光產業」已成為二十一世紀各國最具社會經濟指標的產業。依據UNWTO 估計觀光業的產值占全球GDP 之貢獻度達 10%,每 10 個就業工作者中,即有 1 位是與觀光產業相關,顯見觀光產業已成為世界各國競相發展之重要產業,對於區域、國家及地方等經濟貢獻更不容忽視,觀光政策的研訂在產業發展的背後扮演極其重要之角色。

本研究主要探討旅客訪日本、中國、韓國、台灣和香港觀光的要因分析,並以受訪國家之旅客數為被說明變數,結合來訪國及受訪國家人口數乘積(自然對數)、個人實質 GDP 乘積(自然對數)、兩國之距離(自然對數)、及共同區域等四個變數,並收集自 2001 年至 2016 年間這五個國家觀光訪客人數資料,利用追蹤資分析(Panel Data)和重力模型進行了迴歸分析並驗證這四個變數對觀光影響之關聯性,發現:兩國之間距離對觀光旅遊人數呈現負相關,兩國國民實質GDP的乘積與兩國人口數乘績對觀光旅遊人數的影響呈現正相關,而就共同區域而言對觀光旅遊亦為正向的影響。

驗證結果與實際旅遊行為相互呼應,全球觀光產業及觀光活動的發展正處於活潑與蓬勃階段,本研究可作為觀光旅客人數的預測之用,有助於各國在觀光政策制定上訂立具宏觀的觀光政策。
英文摘要 The rapid development of the tourism industry has made it become the most important socioeconomic indicator for many countries in the 21th century. According to UNWTO, the estimated value of the tourism industry has reached to 10% of the global GDP. One out of every 10 employed workers has some connection to the tourism industry; this further indicates that the tourism industry has become one of the most valued industries for many countries. The economic contribution of the tourism industry to regions, countries, and locals is not negligible. The enactment of a tourism policy plays a vital role in the development of the tourism industry.
This paper discusses the factor analysis for tourism among Japan, China, South Korea, Taiwan, and Hong Kong. We used the number of tourists in the visited country as the dependent variable; combining four other variables which are the product of populations of both visiting and visited countries (Natural logarithm), the product of PPP per capita of both visiting and visited countries (Natural logarithm), the distance between visiting and visited countries (Natural logarithm), the common areas. We collected the data of visitors among these five countries from 2001 to 2016. Then we used Panel Data and the Gravity Model to process the regression analysis and verified the correlation of impact of the four variables on tourism. We found that the distance between visiting and visited countries is negatively correlated with the tourist numbers, the product of PPP per capita of both visiting and visited countries is positively correlated with the tourist numbers, and the product of populations of both visiting and visited countries is positively correlated with the tourist numbers. As for the common area, it also has a positive impact on tourist numbers.
The empirical results correspond to the actual travel behavior. Currently, global tourism is booming. Therefore, this research can provide a forecast for tourist numbers and can be beneficial for the enactment of macro tourism policies for many countries.
論文目次 目次
第一章  序章 1
第一節 研究背景と動機 1
第二節 研究範囲 5
第三節 研究の目的 8
第四節 論文の構成 10
第二章  先行研究の整理 12
第一節 ツーリズムの相関定義 12
一、ツーリズムの定義 12
二、ツーリズムの経済的意義 12
第二節 観光要因の影響 13
一、経済上の要因 14
二、非経済上の要因 16
第三節 重力モデル文献回顧 17
第三章  研究の方法 20
第一節 パネルデータと分析方法 20
一、パネルデータの基本回帰モデル 21
二、特定個体効果モデル 22
三、パネルデータ分析方法の特徴 22
第二節 最小二乗法の仕組み 22
一、最小二乗法の原理 22
二、最小二乗法のBLUE特性 24
三、ガウス・マルコフの定理(GAUSS-MARKOV THEOREM) 24
第三節 固定効果と変量効果 25
一、固定効果モデル 25
二、変量効果モデル 25
第四節 モデル効果の検定方法を説明する 26
一、F検定 26
二、LM検定 27
三、HAUSMAN検定 27
第四章  日本、中国、韓国、台湾、香港の観光の要因 28
第一節 訪日観光の要因 28
一、日本観光産業の現状 28
二、訪日観光客数と影響要因データのまとめ 30
第二節 訪中観光の要因 33
一、中国観光産業の現状 33
二、訪中観光客数と影響要因データのまとめ 35
第三節 訪韓観光の要因 37
一、韓国観光産業の現状 37
二、訪韓観光客数と影響要因データのまとめ 39
第四節 訪台観光の要因 42
一、台湾観光産業の現状 42
二、訪台観光客数と影響要因データのまとめ 44
第五節 訪港観光の要因 46
一、香港観光産業の現状 46
二、訪港観光客数と影響要因データのまとめ 47
第五章  実証結果と分析 50
第一節 観光重力モデルの構築 50
一、データソースの説明 50
二、変数の説明 51
三、観光重力モデル 53
第二節 記述統計量の分析 55
第三節 模型檢定と結果の分析 60
一、日本モデルの検定と結果の分析 60
二、中国モデルの検定と結果の分析 65
三、韓国モデルの検定と結果の分析 69
四、台湾モデルの検定と結果の分析 74
五、香港モデルの検定と結果の分析 78
第六章  まとめ 83
第一節 結論 83
第二節 今後の課題 85
付録一:各国の訪日観光影響要因のまとめ 91
付録二:各国の訪中観光影響要因のまとめ 100
付録三:各国の訪韓観光影響要因のまとめ 109
付録四:各国の訪台観光影響要因のまとめ 124
付録五:各国の訪港観光影響要因のまとめ 130
表1-1 UNWTO2030長期予測:国際観光 デスティネーション地域別 4
表1-2 觀光旅行競争力ランキング 7
表3-1 パネルデータ 21
表4-1 分析に用いた36国一覧及び日本との距離 31
表4-2 日本の一人当たりの実質GDPと人口(2003年~2016年) 32
表4-3「自然および文化的資源」指標のランキング 35
表4-4 分析に用いた33国一覧及び中国との距離 36
表4-5 中国の一人当たりの実質GDPと人口(2006年~2015年) 37
表4-6 分析に用いた49国一覧及び韓国との距離 40
表4-7 韓国の一人当たりの実質GDPと人口(2003年~2016年) 41
表4-8 分析に用いた30国一覧及び台湾との距離 44
表4-9 台湾の一人当たりの実質GDPと人口(2008年~2016年) 45
表4-10 分析に用いた20国一覧及び香港との距離 48
表4-11 香港の一人当たりの実質GDPと人口(2001年~2016年) 49
表5-1 変数データの出典 50
表5-2 各国の相手国のサンプル 51
表5-3 各国の観光客数のデータの出典 51
表5-4 各国の地域ダミー 53
表5-5 記述統計量-日本 55
表5-6記述統計量-中国 55
表5-7記述統計量-韓国 56
表5-8記述統計量-台湾 56
表5-9記述統計量-香港 57
表5-10 変数に自然対数を取る記述統計量-日本 57
表5-11 変数に自然対数を取る記述統計量-中国 58
表5-12 変数に自然対数を取る記述統計量-韓国 58
表5-13 変数を自然対数を取り記述統計量-台湾 58
表5-14 変数に自然対数を取る記述統計量-香港 59
表5-15 モデル1:OLSモデルの推計結果-日本 61
表5-16 モデル2:固定効果モデルの推計結果-日本 62
表5-17 モデル3:変量効果モデルの推計結果-日本 63
表5-18 モデル1:OLSモデルの推計結果-中国 65
表5-19 モデル2:固定効果モデルの推計結果-中国 66
表5-20 モデル3:変量効果モデルの推計結果-中国 67
表5-21 訪中の各地域の一人当たりの実質GDP 69
表5-22 モデル1:OLSモデルの推計結果-韓国 70
表5-23 モデル2:固定効果モデルの推計結果-韓国 71
表5-24 モデル3:変量効果モデルの推計結果-韓国 72
表5-25 モデル1:OLSモデルの推計結果-台湾 74
表5-26 モデル2:固定効果モデルの推計結果-台湾 75
表5-27 モデル3:変量効果モデルの推計結果-台湾 76
表5-28 訪台の各地域の一人当たりの真実GDP 78
表5-29 モデル1:OLSモデルの推計結果-香港 79
表5-30 モデル2:固定効果モデルの推計結果-香港 80
表5-31 モデル3:変量効果モデルの推計結果-香港 81
図次
図1-1 UNWTO2030国際観光客到着数長期予測:1980-2030年の実績と見通し 3
図1-2 観光旅行競争力指標構成 6
図3-1 最小二乗法の原理 23
図4-1 訪日観光客数(2003年~2016年) 30
図4-2 訪台総観光人数及び大陸からの訪台の観光客数(2008年~2018年) 43
図4-3 訪香港観光客数(2001年~2016年) 47
図5-1 三つの推計方法の検定 60
參考文獻 一、 中文参考文献
李博志(2003)《計量経済学》,臺北 : 五南圖書出版公司
張濤譯(2008) 《計量經濟學原理》,臺北 : 縱橫圖書出版有限公司
張紹勳(2016) 《Panel-data迴歸模型—STATA在廣義時間序列的應用》,臺北 :五南圖書出版公司
國研院政策中心(2015)「國內國外觀光比一比」《政策研究指標資料庫》
file:///C:/Users/user/Downloads/%E5%9C%8B%E5%85%A7%E5%9C%8B%E5%A4%96%E8%A7%80%E5%85%89%E6%AF%94%E4%B8%80%E6%AF%941040320final+%20(7).pdf(2019.06.01閲覧),pp.1-22.
陳建民、呂怡艷(2004)「中國大陸旅遊發展現況及我因應策略之研究」,兩岸觀光旅遊產業之新挑戰學術研討會https://www.nqu.edu.tw/upload/edugirrd/file/12.pdf(2019.06.01閲覧)
黃台心(2009)《計量經濟學》二版,臺北 : 新陸書局股份有限公司
葉泉宏(2009)「韓流對東亞觀光發展的影響」《韓國學報》第20期
http://ir.lib.au.edu.tw/dspace/handle/987654321/57?page=2,pp.78-84.
(2019.06.01閲覧)
葉華容(2018)「我國觀光市場結構變化與利基分析」《經濟前瞻》2018年11月
http://www.cier.edu.tw/site/cier/public/data/180-086-092-%E5%9C%8B%E9%9A%9B%E7%B6%93%E6%BF%9F-%E8%91%89%E8%8F%AF%E5%AE%B9.pdf,pp.86-92. (2019.06.01閲覧)
蔡永雄(2018)「香港旅遊業的發展近況及前景」《中銀經濟月刊》2018年5月
http://economists-pick-research.hktdc.com/business-news/article/%E7%B6%93%E6%BF%9F%E8%AB%96%E5%A3%87/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E6%97%85%E9%81%8A%E6%A5%AD%E7%9A%84%E7%99%BC%E5%B1%95%E8%BF%91%E6%B3%81%E5%8F%8A%E5%89%8D%E6%99%AF/ef/tc/1/1X000000/1X0AE5L0.htm,pp.1-5. (2019.06.01閲覧)
二、 日本語参考文献(五十音順)
麻生憲一(2014)「わが国の観光経済学研究の動向」『立教大学観光学部紀要』
2014年3月第16巻https://rikkyo.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=9108&item_no=1&page_id=13&block_id=49,pp. 115-124.(2019.06.01閲覧)
北村行伸(2004)「第3 講パネルデータ分析の基礎」『比較統計システム論』
http://www.ier.hit-u.ac.jp/~kitamura/lecture/Hit/04Statsys3.pdf, pp.1-17. (2019.06.01閲覧)
佐竹真一 (2010)「ツーリズムと観光の定義」『大阪観光大学紀要』
https://tourism.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=254&item_no=1&page_id=4&block_id=47,pp. 89-98. (2019.06.01閲覧)
柴生田俊一(2004)「観光サテライト勘定の意義と効用:経済分析や政策評価
ぼツールとして有効か」『嘉悅大学研究論集』2004年12月、第47巻
第1号
https://kaetsu.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=117&item_no=1&page_id=13&block_id=21, pp. 31-67. (2019.06.01閲覧)
白井正敏、山田光男、中山惠子(2012)「ミクロ経済学の考え方」東京:八千代出版株式会社
中崎茂(2002)「観光の経済学入門―観光・環境・経済の関わり」東京:古今書

中澤栄一(2009)「訪日観光客数の決定要因:グラビティ.モデルを用いた誘致政
策の評価」『現代経営経済研究』2009年5月第2巻第3号
https://togaku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=46&item_no=1&page_id=13&block_id=21,pp. 27-58. (2019.06.01閲覧)
日本国土交通省観光庁(2015)『平成27年観光白皮書』
http://www.mlit.go.jp/common/001095743.pdf, pp. 1-210. (2019.06.01閲覧)
簑谷千凰彦 (1983)『計量経済学』東京:東洋経済新報社,pp. 15-19.
森川正之(2018)「旅行客フローにおける距離・国境効果:ミクロ・グラビティ分析」経済産業研究所2018年3月https://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/18j012.pdf,pp. 1-17. (2019.06.01閲覧)
三、 英語参考文献(二十六音順)
Bergstrand, Jeffrey H, "The gravity equation in international trade: some microeconomic foundations and empirical evidence," The review of economics and statistics ,(1985) : pp. 474-481.
Disdier, Célia,A, Head,k, "The puzzling persistence of the distance effect on bilateral trade" The Review of Economics and statistics 90(2008) : pp. 37-48.
Fidrmuc, J, " Foreign Languages and Trade" CEPR Discussion(2009): pp.72-28.
Karemera, D, Oguledo,V.I, Davis,B, "A gravity model analysis of international migration to North America," Applied Economics ,32.13 (2000) : pp. 1745-1755.
Khadaroo, J, Seetanah,B, "The role of transport infrastructure in international tourism development: A gravity model approach," Tourism management ,29.5 (2008) : pp. 831-840.
Kimura, F, Lee,H.H, "The gravity equation in international trade in services," Review of world economics ,142.1 (2006) : pp. 92-121.
Lee, H.H, Chung ,M.K, and Park,E, "Are exports of China, Japan and Korea diverted in the major regional trading blocs? ," World Economy ,31.7 (2008) : pp. 841-860.
Naudé, W. A, and Saayman,A, "Determinants of tourist arrivals in Africa: a panel data regression analysis," Tourism Economics, 11.3 (2005) : pp. 365-391.
Prideaux, B, "The role of the transport system in destination development," Tourism management, 21.1 (2000) : pp. 53-63.
Summary, R.M, "A political-economic model of US bilateral trade," The Review of Economics and Statistics (1989) : pp. 179-182.
The Travel & Tourism Competitiveness Report( 2017): pp. 1-370.
The Travel & Tourism Competitiveness Report( 2015): pp. 1-508.
The World Tourism Organization of the United Nation,(UNTWO), Tourism Highlights 2018 Edition, (2018) : pp. 1-18.
The World Tourism Organization of the United Nation,(UNTWO), Tourism Highlights 2017 Edition, (2017) : pp. 1-15.
The World Tourism Organization of the United Nation,(UNTWO), “Tourism Highlights 2016 Edition” (2016) : pp.1-16.
Pham, V.N, Huong,V.T, "Analyzing the Determinants of Service Trade Flows Between Vietnam and the European Union-A Gravity Model Approach," (2014) : pp. 51-64.
Walsh, K, "Trade in services: does gravity hold? ," A gravity model approach to estimating barriers to services trade ," (2006) : pp. 1-21.
Wong,W.K,"Comparing the fit of the gravity model for different cross-border flows," Economics Letters, 99.3 (2008) : pp. 474-477.
WORLD TRAVEL and TOURISM COUNCIL:TRAVEL & TOURISM ECONOMIC IMPACT 2018 WORLD, (2018) : pp. 1-14.
四、 インターネット
BBC News 中文版「上海ディズニーランドの紹介」https://www.bbc.com/zhongwen/trad/china/2016/06/160616_shanghai_disney_backgrounder(2019.04.08閲覧)
JTB総合研究所「オープンスカイ政策」https://www.tourism.jp/tourism-database/glossary/open-skies/ (2019.04.06閲覧)
ウィキペディア(Wikipedia)「一帯一路」https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%B8%A6%E4%B8%80%E8%B7%AF (2019.04.07閲覧)
経済協力開発機構Organization for Economic Cooperation and Development,OECD「ツーリズム定義」https://stats.oecd.org/glossary/detail.asp?ID=2725(2019.03.03閲覧)
国際通貨基金(International Monetary Fund,IMF)の世界経済見通しデータベース
http://www.imf.org/external/ns/cs.aspx?id=28(2019.03.03閲覧)
国税庁「国際観光旅客税の意味」
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/kansetsu/kanko/index.htm
(2019.05.30閲覧)
世界銀行(Word Bank)の世界経済指標統計データhttps://data.worldbank.org/indicator(2019.03.03閲覧)
首相官邸「アベノミクス」https://www.kantei.go.jp/jp/headline/seichosenryaku/sanbonnoya.html (2019.06.01閲覧)
日本国土交通省「観光立国の実現に向けた政府の取組」http://www.mlit.go.jp/kankocho/kankorikkoku/index.html(2019.04.06閲覧)
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「文化産業」
ユネスコやGATTなどの国際機関によれば、文化産業は本質的に文化的で多くの場合、知的財産権によって保護されている財・サービスの生産(創造)と流通を担っている。なお、文化産業は、しばしば「創造産業」とも呼ばれる 。日本では、「コンテンツ産業」という名称も用いられている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%8C%96%E7%94%A3%E6%A5%AD(2019.05.15閲覧)
論文使用權限
  • 同意紙本無償授權給館內讀者為學術之目的重製使用,於2019-07-17公開。
  • 同意授權瀏覽/列印電子全文服務,於2019-07-17起公開。


  • 若您有任何疑問,請與我們聯絡!
    圖書館: 請來電 (02)2621-5656 轉 2486 或 來信